FC2ブログ

安倍政権の支持率が回復

 30年11月24日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 合同世論調査では、ほぼ毎回、首相の「人柄」への評価を尋ね、国民の視線の変化を定点観測している。

 「人柄」への評価は内閣支持率と趣が異なり、政策の支持・不支持を超えて、首相個人の人格に対する好悪感情を反映する。ここでは便宜的に、首相の人柄を「評価する」との回答比率を「人柄支持率」と呼ぶ。

 平成24年12月に第2次安倍政権が発足して以降、25年1月~30年10月までの合同世論調査の結果をまとめてみた=グラフ。人柄支持率は、内閣支持率や自民党支持率と強い相関があり、折れ線グラフは同じような軌跡をたどる。常に数字は人柄支持率、内閣支持率、自民党支持率の順に高い関係になっている。 



 続いて、7月17日配信の週刊現代の記事を引用する。


 先日までモリカケで「危険水域」と言われていた安倍内閣の支持率が、突然過半数を超えた。納得できないといえばそれまでだが、詳しく見ていくと、結果とはやや裏腹な「民意」が浮かび上がってきた。

 ある土曜日の午後7時、夕食後。リビングのテーブルに置いてあるスマホが震える。非通知。夜のとばりが降り、見知らぬ人から電話がかかると気持ちは穏やかでない。

恐る恐る電話を取ると、機械的だが明朗とした女性の声が聞こえてくる。

「安倍内閣支持に関する世論調査のご協力をお願いいたします」

突然のお願いに少し動揺しながらも、オペレーターの質問に答えていく。「安倍政権を支持しますか」「支持政党はどこですか」「森友問題の決着には納得できますか」……。

わずか5分程度で終わる世論調査。だが、6月22~24日の日経新聞の調査で明らかになったのは、まったく予期せぬ数字だった。

52%――。一時期、相次ぐ不祥事に政権運営を危ぶまれた安倍内閣の支持率は、6月に10ポイントアップし、過半数を超えた。

支持率の回復を報じたのが日経新聞だけなら、ちょっとした上振れと見逃すこともできたかもしれない。

だが、朝日新聞は前月比2ポイント増の38%、毎日新聞は5ポイント増の36%と、程度は違っても、6月同時期の各紙の調査で軒並み「支持率回復」の結果が出た。

ふつうに考えてみれば、安倍政権への期待が高まる出来事が起こっているはずだが、我々にそのような実感はない。

いまだに膠着状態の森友・加計問題にとどまらず、'18年の安倍政権は通常国会に入ってから不祥事のオンパレードだった。

松本文明内閣副大臣が米軍機事故について「それで何人死んだんだ」と飛ばしたヤジから、「働き方改革」関連法案をめぐる厚労省の不適切データ、そして福田淳一財務次官のセクハラ辞任まで、異例のペースとしかいうほかない。実際、政府の手腕に対する疑問は今回の日経新聞の世論調査にも如実に表れている。
たとえば、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)法案について、賛成は33%(反対53%)。拉致問題について「期待できる」と回答したのは32%(できない60%)。

加計学園理事長と首相の面会否定について「納得できる」としたのは20%(できない70%)、森友問題の決着について、「決着した」と回答したのはわずか18%(していない75%)にとどまっている。

「過半数超え」まで安倍政権の支持率が回復したのは、'18年2月以来となる。支持率30%の「危険水域」にまで落ち込んだ上半期がまるでなかったかのような復調ぶりだ。

「安倍総理は支持率をだれよりも気にするタイプで、あるメディア調査の支持率が30%を割ったときに、菅義偉官房長官が番記者に『おかしいじゃないか』と不満を漏らして、政界で話題になったほど。今回の結果にも、安倍総理は『よかった』と胸をなでおろしています」(官房筋関係者)。



 引用ここまで。


 この週刊現代の記者はまったくわかっていない。モリカケ問題を引きづったまま、なんで安倍政権の支持率が急上昇したのか。別に各メディアが出鱈目な世論調査をしたわけではない。野党の攻め手がまったく無いから、安倍政権の支持率が上がり、逆に野党の支持率が急降下したのだ。

 ある日、安倍総理は「疑惑があるというのであれば」それを証明してくださいよ。」と発言した。そりゃそうだ。だって「そんな問題はありませんよ」と安倍総理は説明している。そもそも「『無い』ということについて根拠立てて証言できるわけがない。なぜなら、安倍政権が否定しているのだから、野党は確たる質問をしなければいけない。だが、そんなことを野党がまったくできていない。

 だからこそ安倍政権の支持率があがって、逆に野党の支持率が下がることとなる。こんなコト当たり前じゃないか。

 たとえば、森友問題。あの問題はなんで近畿』財務局が8億円もの値引きをしたのか、そこが森友問題の核心であるのだが・・・結局それは建設業者が埋設されているゴミの量の計算をミスっていたのが問題だった。安倍総理や昭恵夫人、昭恵夫人の付き人であった谷主査にはまったく問題など無かったのだ。

 その証拠に森友問題の籠池は今、詐欺の容疑で警察に取り調べられているが、そんな下らないことに安倍総理や昭恵夫人が関わるはずがない。

 加計問題にしても同じだ。あの前川喜平は(最近メディアに露出することが少なくなっているが)アイツの発言もおかしかった。そもそも何で機密文書である文科省の文書を朝日にご開帳できちゃったのか。それを考えれば、前川喜平のやっているコトは国家公務員法違反だろう。

 また、前川喜平は「安倍総理が教育行政をダメにした」と言っていたのだが、もしやコイツ、安倍総理がこの問題に本当に関わっているとでも言うのか?

 前川喜平は文科官僚時代に天下りのために口利きをしていた。そのために安倍総理や管官房長官から更迭されたのだが・・・要するにそれが悔しくて意趣返ししたのだろう。

 元愛媛県知事であり、かつ文科省で前川喜平の上司だった加戸守行氏は、「前川喜平は安倍総理が就任した途端、加計学園の獣医学建設に動き出したというのだが、我々は10年以上前から加計学園と獣医学部の建設について準備してきた」と発言、それに対して前川喜平は「加戸守行先輩の努力には敬意を表するが、大事なのは手続きをキチンとしているのかどうか・・・だ」。
 この男、本当に加計学園と愛媛県が、どれほどの努力を積み重ねてきたのか、知っているのだろうか。

 前川喜平は「安倍総理と腹心の友である加計学園が教育行政がねじ曲げられた」というのだが、それは本当なのだろうか。安倍総理と腹心の友が加計学園によって新たな獣医学部が新設されても、まったく問題にはならない。問題の核心は加計学園が正しい手続きによって新学部を設立したのかどうか、ようするに手続きがしっかりと行われているのであれば、その相手が安倍総理の腹心の友であろうが誰であろうが、そんなことは問題にはならない。

 そして、前川喜平が記者会見をしたときに(おそらく読売の記者だろうと思うが)「前川喜平さんがガールズバーに通い詰めていたという話もありますが?」この質問に対し、前川喜平は

「ええ、行っていたことはありますよ」
「お金を出して女の子を連れ出したこともあります」
「しかし、なにか違法なことはしていませんよ」
「私は格差の問題を調査するためにそこに出入りしたのです」

嘘つけ、この変態野郎が。金で少女を買ってホテルにでも行ってるはずだ。文科省内の資料を朝日新聞に提供したり、こういう風に少女を買春していたのも事実であろう。なんで警察や検察はこういう嫌疑について動こうとしないのか。だから警察は国民からの信頼を失うんだよ。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

秋篠宮よ、調子に乗るな

 30年11月30日配信の日経の記事を引用する。


 秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し、天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、政府は公費を支出するべきではないとの考えを示した。この考えを宮内庁長官らに伝えたが「聞く耳を持たなかった」といい、「非常に残念なことだった」と述べた。

  記者会見は誕生日当日の30日に報道されることを前提に、22日に行われた。政府が決定した方針に、皇族が公の場で疑義を呈することは異例。秋篠宮さまは来年5月の代替わり後、皇位継承順位第1位で皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となる。

 大嘗祭は、新天皇が新穀を神々に供えて世の安寧や五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る儀式。1990(平成2)年に行われた前回の大嘗祭では、国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」約22億5千万円が使われ、「政教分離に反する」という批判は当時から根強くあった。政府は今回も、儀式に宗教的性格があると認めつつ、「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めた。前回を踏襲して同規模の儀式を想定しているが、人件費や資材の高騰で費用が増す可能性もある。

 これに対し、秋篠宮さまは天皇家の「私費」にあたる「内廷会計」で賄うべきだと述べた。遺産や国から支出されている内廷費などだが、使途は天皇家の裁量で、通常の宮中祭祀(さいし)にも使われている。

 秋篠宮さまは「身の丈にあった儀式」にすることが本来の姿、とも述べた。前回の代替わりでも同様の意見を述べていたといい、今回も宮内庁の山本信一郎長官らに「かなり言った」というが、考えてもらえなかったという。

 山本長官は直後の会見で「聞く耳を持たなかったと言われるとつらいが、そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」と話した。一方、天皇陛下からは即位関係の諸儀式などは皇太子さまとよく相談して進めるよう伝えられているといい、「ご理解を頂いて進めている」としている。



 引用ここまで。


 秋篠宮は「大嘗祭(だいじょうさい)」について、『宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか』」などと発言したらしい。そして、「天皇家の『私費』にあたる『内廷会計』で賄うべきだ」ととんでもない発言をした。

 何を言っているのだろう。天皇家の人々に個人的な報酬が入ってくるわけがない。したがって、『内廷会計』だって天皇家の人々がその活動の対価として受け取るものではない。どちらの名目で出費しようとしても、結局は国民が納めた税金が投入されることに違いは無い。

 むしろ秋篠宮のこのような発言こそが、政治的な目的を帯びているのではないのか。

 たとえば、天皇皇后両陛下が「そんなことに金をかける必要は無い」と判断して、あえて軽自動車に乗っているとしたら、天皇家の尊厳はどうなってしまうのか。

 大嘗祭だって同じコトだ。天皇は国民統合の象徴である。その陛下が大嘗祭という一世一代の行事について、金をケチったとしたら、天皇一家の尊厳は台無しだ。

 政府は「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めたらしいが、妥当な判断だろう。

 第一、天皇一家が宗教的色彩を帯びる大嘗祭についてなんで見直さないといけないのか。天皇家は2600年以上の歴史がある。それを台無しにするようなコトをするわけにはいかない。そもそも、今上天皇も自身が宗教的な立場にあると言うことを強く意識しているはずだ。だから、ひとつひとつの神事についてなんの文句も言わずに、我々国民のために勤めてくださっているのだ。

 秋篠宮よ、あえて言わしてもらうが天皇陛下や新天皇の尊厳を損なうような言動はやめたらどうか。

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

防原爆少年団



 以前、サッカーの試合中に「日本の大地震をお祝います」などという垂れ幕を韓国人のサポーターが掲げたという事件があった。それについては犯人が今後サッカースタジアムに行かないということを表明したとかなんとか。

 これについてテレビ番組の女コメンテーターは、「こういう感情的な抗議に対して、こちらも感情的になるとダメ」「こういうことが起きる背景というものがある。それを検証すれば日本の側にも良くないことがあるのではないのか」
 別の男性コメンテーターは「日本は加害者で、韓国は被害者」「戦時中に残虐的なコトをやってきたのだから恨まれても仕方ない」

 左翼な連中っていつもこうやって、中国人とか韓国人が信じられないコトをやっても、いつの間にか日本側の問題にすり替えるとか、戦時中のコト(しかもまったく歴史学的ではない)に話をすり替える。

 防弾少年団なんていうアイドルグループがあるのを知らなかったんだが・・・韓国のトップアイドルがこういういわゆる反日的政治的な行動をするのはしょっちゅうある。以前見たのは女の子のアイドルグループが満点の笑顔で『独島』の歌を歌っているシーンだった。

 この歌は韓国国内の幼稚園児が歌えるように教え込まれている。もちろん学生や大人たち歌えるハズだろう。そしてアイドルグループもそれを歌っていたのだ。もう、オレはビックリして・・・知ってる人はわかると思うんだけど・・・すっげぇダサいのよ。イメージ台無しじゃん。

 それから、この『独島の歌』なのだが・・・いつの間にか歌詞が変えられてるらしいのだ。
 以前は「独島は韓国、対馬は日本」だったのに現在は「独島は韓国、対馬はわからん」となっているというのだ。対馬では韓国人旅行客が迷惑行為を起こしてる。『韓国人お断り』のお店が増えているのもうなずける。

 かれらがどれほど反日的な行動をしてもいい。だけれど、そういうヤツらの日本入国を認めるな。

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 防弾少年団 原爆Tシャツ

坂上忍の絶望



 坂上忍が人気を取り戻したのは、確か数年前のフジテレビ『ノンストップ(フジテレビ10時からの関東ローカル番組。バナナマンの設楽統がMCを務める)』がきっかけだったと思う。この番組では毎週金曜日に『ノンストップサミット』なる討論コーナーがある。

 そこに坂上が出演して、あらゆるテーマについてズケズケとものをいうようになった。その姿はとても好感が持てるものだった。

 そして、昼のバラエティショーの『バイキング』へ進出。同番組は近年はちょっとお堅い内容について、多くの芸能人や時々ゲストとして専門家を呼ぶのだけど・・・そこでの坂上忍が冴えない。

 今日は中一の女の子がいじめに遭って自殺したコトを取り上げていた。ハッキリ言ってさ、素人に口出しさせる方がおかしいテーマでしょ、コレって。明らかに学生時代にはいじめをする側だった坂上に何ができるというのか。清原という弁護士が出演していたのは妥当だと思う。でも、教育の専門家を呼んだんだけど・・・坂上や出演者はその専門家にまったくついていけない。

 そもそも、坂上は専門家にイラついて「あのね、僕たちはいじめを撲滅させたいの」。あのさ、いじめなんかなくせるわけがないだろ。いじめている側にとっては、最高に面白いものなんだからさ。

 かつて教職を目指していたオレには、専門家の言うことが妥当であるように思われる。まぁ坂上には受け入れられない意見だとしても、普通は受け入れるでしょ?坂上のこういう態度ってさ、朝日新聞とまったく同じだと思うのだが・・・もしかしたらそう思う人が多いのでは?

 自分の意見とはまったく相容れない議論であるにしても、いったん受け入れた上で落ち着いて議論することはできないのか。こういうところから、坂上はまるで独裁者だという評判が出てくる野田はないのか?

 先日はどこぞの議会で年収千数百万円の女性を、市議が『ブルジョワ障害者』呼ばわりをしたことについて、サンドウィッチマン伊達が、「コレって差別とかそんなんじゃないですよね?」「コレを差別だと思う人ってどうなんでしょう」と正直に発言したところ、坂上は伊達をにらみつけた上で、「ブルジョアっていう言葉自体には問題はないんだよ」「オレはね、『ブルジョア』と『障害者』を一緒にしちゃったところが問題だと言ってるんだよ」

 障害者といっても、ウルトラ富裕層の人物は多い。乙武洋匡のようにね。そんな人間に医療費負担ゼロとか、公共交通機関の負担割引、税の特別控除、障害者福祉のありようや月5000円の支援金なんてなんの意味があるのか。最低賃金というか収入がゼロである障害者に対しては、優遇するべきなんだが・・・なんで超富者である『ブルジョワ障害者』に対してはそんな気遣いは不要だ。

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

tag : 坂上忍 バイキング サンドイッチマン伊達 ブルジョア障害者

あからさまな印象操作

 30年11月7日配信のロイターの記事を引用する。


 米中間選挙は6日、投開票が行われ、野党民主党が下院を制する見通しとなった。民主党はトランプ米大統領の政策を阻止し、政権運営を厳しく監視する機会を与えられることになる。一方、上院は共和党が多数派を維持する見込みで、来年1月から「ねじれ」議会となる。

 民主党が下院(435議席)で過半数を獲得するには、23議席を積み増す必要があった。現時点では民主党は30以上の上積み議席を確保したもよう。民主党が下院で多数派を奪還するのは8年ぶり。

 今回の選挙はトランプ米大統領のこれまでの政権運営に対する審判と位置づけられており、大統領にとって厳しい結果となった。

 民主党は下院の多数派奪還により、トランプ大統領が自発的な公表を控えている納税申告書や、公務と事業の利益相反問題、2016年の米大統領選でのトランプ陣営とロシアの関係を巡る疑惑について調査するための、より強力な権限を手にすることになる。また、大統領が目指すメキシコ国境での壁建設への資金拠出、大規模減税第2弾の議会通過や、貿易政策で強硬姿勢を貫くことが困難になる可能性がある。



 引用ここまで。


 「印象操作だ!」と声を張り上げても、コメンテーターやジャーナリストの仕事のかなりの部分を『印象操作』が占めているのだから仕方ないだろう・・・と、Twitterで言われたことがある。

 何言ってんだコイツ。

 オレはトランプのことを支持してなどいない。しかし、日本や米国のマスコミはなぜここまでトランプを叩くのか。

 2年前の大統領選。フジテレビの情報番組でトランプの当選を言い当てた木村太郎氏。それを見ながら、MCの安藤優子は「エー!エー!」とバカみたいに奇声を上げていた。要するにトランプを泡沫候補として扱っていたのだ。そして大統領選の結果は推して知るべし。

 安藤優子は実際に米国を取材に訪れていた。だが、有権者に対し取材することを怠っていたのだろう。

 中間選挙に際しても日米のマスコミはトランプ共和党をさかんにバッシングした。選挙報道でこんな一方的なやり方は少なくても日本国内での選挙では有り得ない。

 で、今回の中間選挙。下院では民主党が盛り返して過半数を制した。日本のマスコミは「やっぱり下院は民主党だった!」「これでトランプはやりづらくなった!」と嬉々としていうのだが・・・もっと謙虚にいうのであれば、「トランプ率いる共和党が善戦した」というべきだ。そう評するジャーナリストも実際にいる。

 また、「米中間選挙の影響を受けて東証株式市場に対しても影響している」などとやっぱり一方的なコトを言ってるヤツらがいるが、実際は小幅ながら株価は上昇している。マスコミはそういうところについて、もっと責任を持ったらどうか?

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR