ゲスいパヨクども



オレはこの『モーニングショー』については、”非常に問題アリ”と確信してほぼ毎日チェックしている。この日の番組も見た。ある意味予定調和的に終わりがちに番組が進行していく中で、長嶋一茂ただひとりクールな発言をして見せていた。

「反原発派のアイドル」的な人物として、藤波心なるクソガキがいた。本当にただの中学生だった。であるのに、反原発の作文のようなものを投稿をすると、大江健三郎や高橋源一郎、坂本龍一らはそれを気持ち悪いほどに絶賛した。塾の講師として現代文を教えていたことのある自分が見ると、小学生レベルのそれだった。

彼女のことを取り上げるとき、彼女がジュニアアイドルとしてかなりハードなポーズでその名を知られるジュニアアイドルであるコトは、お決まりのように隠蔽された。

マスコミは反原発であるなら、誰でもいいのだ。パヨク勢力は以前は敵対視していた小泉純一郎が反原発に転向すると、諸手を挙げて歓迎する。

要するに自分たちの主義主張に沿う人物であるなら、どんなヤツでも歓迎し、批判することを忘れる。

安倍総理について言えば当然のように批判する。いや・・・

この動画を見ればわかるとおり、ただの悪口に終始する。

そして、長嶋一茂の
「よく笑えるね」
という発言が非常にクールで、客観的かつ冷静な態度でいることがうかがえる。

パヨク勢力は
「安倍総理は北調整問題を煽って政治的に利用する」
とか、
「圧力ばかりではダメ。もっと対話をすべき」
「ミサイルを撃たせないような外交をするべき」
などと主張するのだが、意味がわからない。

「対話のための対話になってはいけない」

と言ってる。対話しろというのなら、一体北朝鮮相手にどういう話し合いをしろというのか。

パヨク勢力の議論はおそろしく空虚だ。また、野党の態度にもまったく共通しているのだが、安部憎しという態度で批判ではなくてただの悪口に終始している。

まったく信用できない。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

「朝日死ね」はダメ?では「日本死ね」はOK?その根拠は?

29年11月15日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 日本維新の会の足立康史衆院議員が学校法人「加計学園」に関する朝日新聞の社説に関し「朝日新聞、死ね」とツイッターに投稿したことに対し、朝日新聞は15日付朝刊で、投稿を問題視する識者の談話などを交えた反論記事を掲載した。

 記事はジャーナリストの青木理氏の「政治家は言葉が命。『朝日新聞、死ね』と言論の元を断つような物言いは適切ではない」との見解を紹介した上で、朝日新聞社広報部のコメントとして「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します」と断じた。

 東京新聞も15日付朝刊で「維新・足立氏 議員資質は?」との記事を載せた。政治評論家の森田実氏の「非常識極まりない」「政治に向いていない」などの談話を並べ、足立氏の言動への疑問を提起した。



引用ここまで。


「暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します」(朝日社説)
へ~ぇ、『日本死ね』を国会で取り上げた山尾志緒理の『死ね』は良い議論なのか?
で、自分たちの言論の自由を批判するヤツらはダメなんだってさ。

へぇ~ヘンなの。朝日の言論の自由ってどうなってんだよ。
原論人として、また言論を大事にすべき議員が、自分たちが生まれ育んでくれた日本という国に対し、対して『死ね』はないだろ。

育児とか働く女性働く女性を大事に?
保育園が子供を預かってくれないから私が『活躍』できないじゃないかって?
この女たちは、自分の子供が他人に対して仮に『死ね!』などという言葉を投げつけたとき、どう思うのか。

こんなのあり得ないだろーが。

それはまさに青木理にも言える。足立議員の『朝日新聞、死ね』は許されないが、山尾志桜理の『日本死ね!』と言うのか。ほぉ。さすが言葉が命のジャーナリスト。

何を言っているのかまったくわからない。

安倍総理は
「それは誰が言ったのですか?」
「誰の言葉であるものかわからないものに討論すべきではないでしょう」
と答弁したが全くその通りで、投稿したのは実はすね毛の生えた50台のおっさんかもしれないじゃないか。実際、大の大人が
「保育園落ちたのは自分だ」
と言っていたが・・・なんでオヤジがそんなカード持ってんだよ。しかもみんな同じプラカード持ってるって、なんなんだよ。

以前、山尾志緒理は安倍総理に対して問題の「日本死ね」っていう投稿について国会で取り上げようとしたら、旧民進党を含めて与野党一致して取り上げるのは不可と決めていた。

山尾は自分の子供が誰かに対して吐いたらどうするつもりなのだろう。

以前、
「産経なんて読むヤツいないんだから、放っておけ」
投稿が増えているツを見かけたが・・・さて、今回のような視点を提供してくれる新聞は、産経以外にあるだろうか。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

変態テレ朝記者

29年11月8日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 電車内で女性のスカートの中を盗撮しようとしたとして、警視庁は7日、朝日新聞東京本社報道局スポーツ部記者、増田啓佑容疑者(35)=東京都文京区大塚3丁目=を都迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕した。同庁が取材に明らかにした。増田容疑者は容疑を認め、「数カ月前から同様のやり方でやっていた。やめられなかった」と話しているという。

 三田署によると、増田容疑者は7日午後4時半ごろ、JR山手線の田町―浜松町駅間の電車内で、小型カメラが入った紙袋を20代くらいの女性のスカート内に差し向け、撮影しようとした疑いがある。目撃した男性が110番通報した。

 増田容疑者は7日は休みだった。調べに、買い物をした帰りだったと説明しているという。

 朝日新聞社広報部の話 東京都迷惑防止条例違反容疑で本社の記者が逮捕されたことを重く受けとめています。事実関係を確認したうえで、厳正に対処します。



引用ここまで。


テレ朝広報は、
「朝日新聞社広報部の話 東京都迷惑防止条例違反容疑で本社の記者が逮捕されたことを重く受けとめています。事実関係を確認したうえで、厳正に対処します」
報道機関は自らに所属する社員が不祥事を起こすと、必ずこう言う。コレをテンプレートとしてどんな不祥事が起きたとしてもそれで終わらせにするのだ。

一般企業のこういった『犯罪』に対しては、容疑者の顔も含めて平気で垂れ流すのだが、自らの社員についてはこの薄っぺらい記事をもってお茶を濁し、終わらせようとする。

マスコミの連中やその周辺の専門家、ジャーナリストと呼ばれる連中は他人を責めるのは得意だが、謝罪することについては恐ろしいほどに未熟だ。

今回のように逮捕されたTBSの社員についても顔をさらし、住所氏名を公開したらどうか。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

自給自足だなんて笑わせるな

11月2日のテレビ朝日『モーニングショー』。
毎週木曜日はひも付きジャーナリストの玉川徹が担当する『そもそも総研』がある日だ。

今回の『そもそも総研』のテーマは、自給自足について。原発が嫌い・・・というか、原発を政治的なツールとして利用している玉川がスポットライトを当てている、『自給自足生活』について。

コイツ、本当に原発を捨てて今すぐにでも現代文明を否定して自給自足の生活をするべきだとまじめに考えているらしい。


どういう趣旨なのかわからなかったのだが、要するに玉川は自給自足の生活はとても豊かだと言いたいらしいのだが、逆に聞きたい。

どうしてそれが『豊か』なのか。

こういう里山で過ごす暮らしを選んだことの大きな理由は、福島第一原発の事故を見て、
「もう日本はおしまいだ」
と思ったかららしい。

夫婦は畑も旦那さんの作るもので食べられているので、不足はないらしい。ただ、奥さんは戸外のトイレだけはイヤだとのこと。そりゃそうだ。地面を少し削っただけのトイレで女性が用をたせるわけもない。

そして、高木美保は調子ブチこいて、
「物々交換もいいですね」
だとさ。いいワケねぇだろーが、このバカ女。

ところで・・・

こんな生活が『豊か』だとか『贅沢』だと言えるのか。物流もなにもかも止まった社会で、それこそ『豊かな社会』など実現するわけがない。

喜んでテレビ朝日の取材を受け、誇らしく自分たちの生活について説明している本人たちには悪いのだが・・・こんなのが『理想的な家庭』であるわけがない。彼らがどういう手段で電気の供給を受けているのかは知らない。だが、各電力会社から電気の供給を受けているくせに、テレビ朝日はその部分を編集でカットしているのだとしたら、かなり悪質な行為だ。

自給自足だと言いながら、電気はまったく使用してないかのような印象操作をしているのだとしたら極めて悪質。

会社をリタイアしたら、田舎に移住しようなどと夢を抱く人はきっと多いのだろう。だが、それが可能なのは、誰のおかげなのかよくよく考えればいい。

会社で黙々と働いている人々のおかげであるに決まっているだろうが。

そういう人々の貢献なしに、『自給自足の生活』だなんて・・・笑わせるな。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

テレ朝の説明責任

 29年10月16日配信の朝日DIGITALの記事を引用する。


 マンションに侵入し、一人暮らしの女性に性的暴行を加えたとして、大阪府警は、元テレビ朝日社員で住所不定の無職岡部順一容疑者(55)=2002年に同社を懲戒解雇=を強制性交と住居侵入の疑いで逮捕したと16日明らかにした。岡部容疑者は13年前、強姦(ごうかん)罪などで懲役10年が確定し、その後出所していた。府警は他の事件にも関与していたとみて捜査している。

 捜査1課によると、岡部容疑者は7月20日未明、大阪市内のマンションの一室に侵入。女性(当時29)にタオルで目隠しをして両手を縛り、性的暴行を加えた疑いがある。大筋で容疑を認め、9月に逮捕されて強制性交罪などで起訴されたという。今月11日にも、近くの別のマンションで5月に就寝中だった住人女性(当時31)に暴行したとして強姦致傷容疑などで岡部容疑者を再逮捕。この事件については黙秘しているという。

 両事件のマンションはともにオートロックで、部屋の玄関は無施錠だった。7月20日の事件と同じマンションでは他の部屋でも無施錠の玄関から男が侵入して一人暮らしの女性が乱暴されそうになる事件があった。岡部容疑者が当時住んでいた場所から近いことなどから府警が関連を調べている。

 捜査関係者によると、岡部容疑者は02年に東京都内のマンションに侵入して就寝中の女性に暴行したなどとして、04年に強姦罪などで懲役10年の実刑判決が確定して服役。12年に出所していたという。
 今年7月施行の改正刑法で強姦罪は、強制性交罪に名称が改められている。



 引用ここまで。


 さーて、この件に関してテレビ朝日はどういうふうに説明責任を果たすのだろうか。自民党や与党については厳しくその説明責任を問う。それはわかる。それがマスコミの責務だからだ。

だが、そうであるからこそ、マスコミ各社はともに一般企業や一般市民よりも一段と厳しくコンプライアンス遵守を求められるし、同時に説明責任も課せられる。

そうでなければ他の企業や政治家を批判する資格はないだろう。

ところが、現実はそうなっていない。マスコミ各社は自分たちに不祥事があると説明責任を果たそうとはしないし、同業他社も追及したりはしない。

さりげなく報道してアリバイを作った上で、それ以降はなにもしない。それだけやっておいて、嵐が去って行くのを待っているのだ。

オレは海外のマスメディアを知らない。だが、海外がどーのこーのは関係なく日本のマスコミは各社ともに自分たちのあり方を見つめ直したらどうか。

日本の場合、特にそれが目につく。ニュースの隠蔽、歪曲、ねつ造・・・何でもあり、だ。だから新聞を読む人もテレビを見る人も激減しているのだ。

あ、後半、記事の趣旨が変わっちまった。まぁいいか。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR