宮古島にて・・・

29年7月5日のwebニュースの記事を引用する。


沖縄・宮古島のビーチパラソルレンタル店が通常の客には2000円で貸し出しているパラソルを、中国人観光客にだけ2万円と書いた看板を2週間ほど前から設置している。市役所には「差別だ」という批判も寄せられている。

レンタル店の店主は「長年我慢してきたんです。そのたびに追い出すのも嫌になって、あの看板を考えたんです」と、中国人観光客のマナーの悪さ腹を立てていた。他にも、貸しデッキチェアに5人で座って壊されたので、新しいものを買ってくるが、また壊されてしまうという。
00
「ゴミも溢れ、勝手にパラソルを使う。全部タダだと思っている。腹に据えかねていました。看板のパラソルの値段を書いた部分は破いて、2万円で貸し出すことはしないが、貸したくはないです」

プレゼンターの内野泰輔アナは「一見すると、あこぎな商売をしているように見えますが、店主としてはただ貸したくないだけなんです」と説明した。

沖縄の中国人観光客には別のトラブルもある。国際免許証を提示する中国人観光客にレンタカーを貸すと、交通事故が絶えないのだ。中国は国際連合条約に加盟していないので、国際免許証は発行できないはず。つまり、中国人観光客が提示する国際免許証は偽造されたものが多いということだ。

ネットで調べると、大手通販サイトで偽造国際免許を購入することが可能だった。1件約2万5000円で、フィリピンやマレーシアで発行された国際免許証が売られていた。

ニュースデスクの笠井信輔がこんな指摘する。「実は、宮古島のビーチはそもそも県の管理地で、ここでは許可なく営業できないんです。パラソルレンタルも違法ということで、業者を取り締まる条例を作ってほしいという要望もあり、県も取り締りを強化したということです」

どっちもどっちということか。



引用ここまで。


テレビ朝日の『モーニングショー』でこの件について議論していた。

羽鳥慎一
「有りなしでい言ったら、なしですよね」
あっそう、日本人のセンスを否定したいのなら、勝手にそうしろ。その代わり、オマエの元には多くの避難の声が集まるだろう。

まったく日本人側が正しい。おかしな行動ばかりしている中国人どもが徹底的に問題な行為をしているのだから、日本人はまったく問題ない。

玉川徹
「属性であれこれ考えるのがおかしい」
「日本人にもいろいろマナー違反する人いるでしょ」
なに言ってんだ?頓珍漢な玉川め。

中国人も、官製の反日デモを起こした時、「日本人だからというそれこそ属性で差別しただろうに」。それから日本車に乗ってる
というとんでもない言いがかりで、中国人である女の子が、大声をあげていた。

パラソルやイスを使った人が去った時に、どさくさに紛れて金も払わずに、勝手に座るバカな日本人がいるか?
砂浜で排泄するバカな日本人がいるか?
店員から注意された時に、
「そんなルール知らないわよ」
「現金なんて持ってないわよ」
などと逆ギレする基地外中国人がいるか。

玉川にしろ、誰にしろ、スタジオの連中は
「私は差別するわけがない。」
などと言って、アピールすることが目的でその番組に出ているのだ。

ちなみに、この両番組では韓国人がある飲食店に入ろうとした時に、
「ここは○○店のですか?」
と聞かれただけで日本人の客から、ヘイト的な言葉を発せられたという酷い言葉を浴びせられた。店主は思わず、
「すみません・・・という言葉を投げかけたらしい。しかし、店主のこのことばについてはテレ朝の『モーニングショー』は一言も告げてなかった。

フジテレビの『とくダネ!』だけが報じた。

この韓国人は実は母国韓国でも評判は恐ろ実は24歳と名乗っていた。また、にユーチューバーとして金を儲けていたのだが、それで金を稼いでいるとしたら、入国管理法違反になるはず。ヤツは
「日本の法律知りません」
などと知らぬ損是ぬを決めるのだが、知ってる知っていないの話ではない。

この男については、テレビ朝日は
「韓国の人をヘイトだとしている日本人として、捉えていた。ハッキリ言って、韓国人をヘイトするのは、許されない」
コイツ、なにを言ってるのだろう。
ヘイトをしている人間であれば、日本人だろうと韓国人であろうと、許されないハズだ」




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

岸田文雄と改憲

29年8月3日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 岸田文雄政調会長は3日午前、党役員の就任記者会見で、安倍晋三首相が目指す憲法9条の改正について「党内で丁寧な議論を行うことが重要。丁寧な議論を続けることで国民の理解も進む」と述べ、慎重に議論を進めるべきだとの考えを強調した。

 岸田氏は首相の改憲提案後も「今は9条の改正は考えない」と異論を唱えていた。この点について、「私の考えは従来と変わっていないが、私の立場は、私の考えを実現することではなく、党内の活発な議論の環境を作って、党の結論を出すことだ」と語った。

 首相の経済政策アベノミクスに対しては「大きな成果が上がっている」と評価する一方、「成長と分配の好循環を完成させなければならない。それが格差の問題だとか消費環境の問題ではないか」と持論を述べた。

 党の政策を取りまとめる政調会長に就いた岸田氏が、首相の看板政策を推進しつつ、「ポスト安倍」候補として独自色を出せるかが今後の焦点となる。



引用ここまで。


岸田文雄と改憲の問題については、安倍総理がひとりで突出しないことだ。自分も改憲賛成論者であるが、現状では改正に賛成する有権者、特に9条の改正について賛成する有権者は少ない。下手をして、国民投票で却下されてしまったら、かなり長期に憲法改正は見直しの議論は難しくなるだろう。

ただそれが岸田文雄によるポスト安部の座を得るためのやり口であるならば、いただけない。改憲議論をリードする政調会長が、国民うけを狙って『護憲ありき』を主張するのであれば、有権者への裏切りだ。

朝日新聞であるからこそ、岸田文雄政調会長の反安部政権の部分、すなわち『反改憲』であったり、『反アベノミクス』であったり、そういう岸田文雄政調会長をばかり持ち上げるのでは、岸田がどうというより、朝日新聞自身の信頼が失われていくんではないか。

3年前の従軍慰安婦報道問題での捏造報道により、朝日新聞の信頼は著しく落ち込んだ。そして、今年は前川喜平を情報源にする加計学園学園問題の捏造だ。

コイツら、どこまで調子こいてるんだ?




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

tag : 岸田文雄政調会長 朝日新聞

東大教授の印象操作

29年8月1日配信の朝日新聞DIGITALの記事を記事を引用する。


 様々な言葉を繰り出して議論を交わし、時に追及をかわす政治家たちの術。「印象操作」「怪文書」「こんな人たち」という発言を例に、野矢茂樹・東大教授に論理的にひもといてもらった。

 最近の政治の場面におけるやりとりを見ていると、言葉の使い方に関して、たいへん勉強になる。

 まず、安倍晋三首相からは答えたくない質問への応答の仕方を学ぶことができる。例えば、相手が自分の瑕疵(かし)を明らかにする目的で何か問いを発したとしよう。そのとき、軽々に答えはしない。「あなたの前提が間違っている」と切り返す。私に瑕疵があると考えてそんな質問をするのでしょうが、私に瑕疵はない、と自分を正当化する論を展開する(この部分は長く続くほどよい)。また、その質問は「印象操作だ」と決め台詞(ぜりふ)を言うことも忘れない。以前乱発されていたこの言葉は、きわめて応用範囲が広い。自分に不利な目的で為(な)された質問に対しては、すべて「印象操作だ」と切り捨てることができる。

 とはいえ、この手法は場面をまちがえると逆に痛い目にあうだろう。あなたが無実の罪に問われようとしているとして、検事がアリバイを尋ねてきたとする。それに対して「あなたの前提が間違っている」とか「その質問は印象操作だ」と応じるのは、明らかにまずいやり方である。

 次に、失言したときの挽回(ばんかい)法を見よう。菅義偉(よしひで)官房長官は、「総理のご意向」と記載のある記録文書を「怪文書」と評した。この言い方が物議をかもしたのは周知のところである。そこで後に菅氏は「怪文書」というのは「不可解な文書」という意味で言ったのだと弁明した。「怪文書」という語は、出所不明な根も葉もない誹謗(ひぼう)中傷の文書という意味である。そこから「出所不明」という部分だけを取り出し「不可解な文書」と言い換える。そして「根も葉もない誹謗中傷」という問題含みのニュアンスは最初からなかったことにする。いささか強引だが、とにかくその場を切り抜ければいいというときには役に立つ技術だろう。

 言葉の意味をずらす技術のみごとな例が、加計学園問題についての閉会中審査における小野寺五典氏(自民党)の質問に対する八田達夫氏(国家戦略特区ワーキンググループ座長)の答えに見られる。「政治の不当な介入があったり公正な行政がねじ曲げられたりしたと感じるか」と質問され、八田氏は「不公平な行政が正されたと考えている。獣医学部の新設制限は日本全体の成長を阻害している」と応じた。

 問われたのは獣医学部新設の是非ではなく、それを決めるプロセスの公正さである。ところが八田氏は、獣医学部の新設制限こそが不公正なのであり、むしろ今回、不公正が正されたのだと訴えた。「公正」ということの意味がプロセスの公正さから結果の公正さへとずらされている。しかしあまりそう感じさせないところが、巧みである。

 安倍首相の「こんな人たち」という発言も問題になった。これに対して首相自身は、閉会中審査において、「選挙妨害に負けるわけにはいかない」と言ったのだと弁明した。ここでは「こんな人たち」という言葉が、その人たちが為した「こんな行為」を意味するものとされている。これも、言葉の意味をずらしていく技の一例である。

 安倍首相の「こんな人たち」発言に対して、菅氏は「選挙運動というのは自由だ」と述べてそれを弁護した。つまり、安倍首相の発言は選挙運動における応援演説として適切な範囲のものだというのである。しかし問題は応援演説としての適切性ではなかった。菅氏はここで、批判のポイントをずらしている。批判されたのは、「こんな人たち」という発言に示された首相の人柄や考え方、つまり、反対派を一蹴して拒否するような人は首相としてどうなのか、という点であった。しかし菅氏は「首相として」という観点を「応援演説として」という観点にずらした。相手と同じ土俵に立たないというのは、批判から逃れるときの有効な戦術と言えよう。

 だが、こうしたことを学ぶのは、あくまでもこんなやり方に騙(だま)されないためである。言葉をねじ曲げるようなやり方を自ら振り回すべきではない。言葉を大切にしない人を、私は信用する気にはならない。

     ◇

〈のや・しげき〉 1954年生まれ。東京大教授(哲学)、朝日新聞書評委員。『心という難問』で和辻哲郎文化賞。97年『論理トレーニング』を出版。同書を使った授業は10年以上続く。近著に『大人のための国語ゼミ』。



引用ここまで。


うん、面白い。非常に面白い。

野矢茂樹は安倍総理、もしくは閣僚の発する言葉を観察対象にし、分析しているらしい。さて、それでは観察対象を野党もしくはマスコミを観察分析対象にしたらどうだろうか。きっと同じになるだろう。
それを忘れて、まるで
「自民党独自の傾向だ」
と言ってしまっているから、だから面白いと言っている。

野矢茂樹東大教授は朝日新聞の書評委員であるからこそ、当然安倍政権の倒壊を社是とする朝日新聞の政治的な主張に合わせているのだろう。

今、安倍政権は史上最低の支持率にあえいでいる。

だが、それだからこそ野矢茂樹のように、それこそ『印象操作』をするための記事を書くヤツを簡単に信じちゃいけない。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 森友 森友学園 籠池泰典

報道しない自由?

29年7月27日配信のwebニュースの記事を引用する。


 24、25の両日に行われた衆参両院予算委員会の閉会中審査では、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題で「加計ありき」を主張する前川喜平前文部科学事務次官の証言を崩す発言が参考人らから相次いだ。それでも、朝日新聞などは大きく扱わなかった。もはや報道の多くは「前川証言ありき」の様相を呈している。

 前川氏は24日の衆院予算委で、平成28年9月に和泉洋人首相補佐官との面会の際に、和泉氏から「首相は自分の口から言えないから、代わって私が言う」と獣医学部新設を進めるよう指示されたと改めて主張した。前川氏はこの“指示”を「加計ありき」の根拠としているが、和泉氏は「加計学園には一切触れていない」と否定した。

 朝日新聞は25日付朝刊1面トップで「首相側近『記憶ない』連発」と報じた。和泉氏については「記憶にない」と繰り返したことを強調、前川氏については自身の記憶と記録に基づいて和泉氏との面会のやりとりを「詳しく語った」と表現し、和泉氏と前川氏の違いを際立たせた。

 25日の参院予算委では、旧文部省OBで、愛媛県今治市への獣医学部誘致を推進していた加戸守行前同県知事が「(前川氏は)テレビの取材で虚構の話をした」と述べ、「想像を事実のように話している。精神構造を疑う」と厳しく批判した。加戸氏の発言に対して前川氏は慌てたような対応を見せたが、朝日は詳報も含めて完全に無視した。

 26日付朝刊の朝日などは、安倍晋三首相が加計学園の学部新設計画を国家戦略特区の申請が認められた今年1月20日に初めて知ったことを取り上げた。首相と学園の加計孝太郎理事長が友人関係で、ゴルフや食事を重ねていると詳報し、毎日新聞は「不自然答弁さらに」と報じた。

 朝日は25日付朝刊の記事「加計疑惑 証拠なき否定」で「『加計ありき』をうかがわせる文書や証言を否定するような証拠が示されたわけではなく」と書いた。「加計ありき」を「うかがわせた」前川氏の言動こそ信(しん)憑(ぴょう)性が高いと決めてかかったような書き方だった。(今仲信博)



引用ここまで。


今までにもこのブログで何度も指摘したのだが、加戸守行前愛媛県知事は唯一前川喜平を強烈に批判した。それに対して前川喜平は有効な反論をできず、また狼狽しておどおどとした発言に終始した。

加戸守行前愛媛県知事の証言と前川喜平の証言を付き合わせて考えれば、前川喜平がどんだけ嘘つきであるかがよくわかる。しかし、左翼マスコミは『前川喜平ありき』であるから、加戸守行氏のような存在は都合が悪いのだろう。記事によると加戸守行氏の存在をほとんど無視したとのこと。

それどころか、朝日新聞は
「『加計ありき』をうかがわせる文書や証言を否定するような証拠が示されたわけではなく」
などと表現。確かに加戸守行氏は証拠を提示したわけではない。でも、前川喜平に対する『反証』としては非常に有効な証言をしていた。

まぁ、結局それだからこそ朝日は黙殺したんだろうが。

加戸守行氏は、今回の獣医学部誘致については決して「加計ありき」ではないし、教育行政は歪められてもいないし、むしろ「教育行政の歪みが正されたと言うのが正しい」と証言した。それに対して前川喜平の証言は
著しく具体性に欠ける。

きっと朝日をはじめとする左翼メディアでは、加戸守行発言をなかったモノにしたいのだろうが、残念ながらネットではその詳細が全世界に向けて発信されている。しかもいくつもいくつも、だ。

きっと問題意識の高い人は国会中継を見たか、もしくは録画して後で見たと思う。

朝日なんぞの好きなようにはさせない。

ちなみにテレビ各局は稲田大臣の辞任は信じられないくらい大きく扱っていて、まるで稲田辞任のニュースで蓮舫辞任のニュースを隠蔽するかのようだ。こんなやり方、有り得るのか?




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 稲田朋美防衛大臣 蓮舫

正義はどこに?




無理を言ってはかわいそうだ。前川喜平の立場で『怪文書』を朝日新聞に対してリークしたとなれば、国家公務員法に問われかねない。
逆に前川喜平がもし
「文書を自分で作文した上で朝日新聞にリークした」
などと言ってしまうなら、それこそマッチポンプだ。

前川喜平の言っていることがキレイ事ばかりであるのは、ヤツ本人の言葉を聞けばわかる。当初、『出会い系バー』に足繁く通ったコトについては、
「貧困の問題を実地調査するためだった」・・・などと言っていた。

ウソつけ~~~www。

前川喜平も参考人招致では
「私も(貧困調査のため)という自身の発言については、適切ではなかったと思う」
それならなんのための『出会い系バー』だったのか。結局、女を買ってたんだろ?

加戸守行前愛媛県知事が参考人招致に同席すると知って、前川喜平はきっと不安に思った。加戸守行氏の発言はそれほどに説得力があった。だが、マスコミにとってはそれが不都合だったのだろう。加戸守行氏の説明を取り上げる新聞・テレビ等の既存のメディアはほとんど無かった。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR