FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋篠宮よ、調子に乗るな

 30年11月30日配信の日経の記事を引用する。


 秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し、天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、政府は公費を支出するべきではないとの考えを示した。この考えを宮内庁長官らに伝えたが「聞く耳を持たなかった」といい、「非常に残念なことだった」と述べた。

  記者会見は誕生日当日の30日に報道されることを前提に、22日に行われた。政府が決定した方針に、皇族が公の場で疑義を呈することは異例。秋篠宮さまは来年5月の代替わり後、皇位継承順位第1位で皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となる。

 大嘗祭は、新天皇が新穀を神々に供えて世の安寧や五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る儀式。1990(平成2)年に行われた前回の大嘗祭では、国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」約22億5千万円が使われ、「政教分離に反する」という批判は当時から根強くあった。政府は今回も、儀式に宗教的性格があると認めつつ、「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めた。前回を踏襲して同規模の儀式を想定しているが、人件費や資材の高騰で費用が増す可能性もある。

 これに対し、秋篠宮さまは天皇家の「私費」にあたる「内廷会計」で賄うべきだと述べた。遺産や国から支出されている内廷費などだが、使途は天皇家の裁量で、通常の宮中祭祀(さいし)にも使われている。

 秋篠宮さまは「身の丈にあった儀式」にすることが本来の姿、とも述べた。前回の代替わりでも同様の意見を述べていたといい、今回も宮内庁の山本信一郎長官らに「かなり言った」というが、考えてもらえなかったという。

 山本長官は直後の会見で「聞く耳を持たなかったと言われるとつらいが、そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」と話した。一方、天皇陛下からは即位関係の諸儀式などは皇太子さまとよく相談して進めるよう伝えられているといい、「ご理解を頂いて進めている」としている。



 引用ここまで。


 秋篠宮は「大嘗祭(だいじょうさい)」について、『宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか』」などと発言したらしい。そして、「天皇家の『私費』にあたる『内廷会計』で賄うべきだ」ととんでもない発言をした。

 何を言っているのだろう。天皇家の人々に個人的な報酬が入ってくるわけがない。したがって、『内廷会計』だって天皇家の人々がその活動の対価として受け取るものではない。どちらの名目で出費しようとしても、結局は国民が納めた税金が投入されることに違いは無い。

 むしろ秋篠宮のこのような発言こそが、政治的な目的を帯びているのではないのか。

 たとえば、天皇皇后両陛下が「そんなことに金をかける必要は無い」と判断して、あえて軽自動車に乗っているとしたら、天皇家の尊厳はどうなってしまうのか。

 大嘗祭だって同じコトだ。天皇は国民統合の象徴である。その陛下が大嘗祭という一世一代の行事について、金をケチったとしたら、天皇一家の尊厳は台無しだ。

 政府は「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めたらしいが、妥当な判断だろう。

 第一、天皇一家が宗教的色彩を帯びる大嘗祭についてなんで見直さないといけないのか。天皇家は2600年以上の歴史がある。それを台無しにするようなコトをするわけにはいかない。そもそも、今上天皇も自身が宗教的な立場にあると言うことを強く意識しているはずだ。だから、ひとつひとつの神事についてなんの文句も言わずに、我々国民のために勤めてくださっているのだ。

 秋篠宮よ、あえて言わしてもらうが天皇陛下や新天皇の尊厳を損なうような言動はやめたらどうか。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

『ブルジョア障害者』

 30年10月24日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 吉田一郎・さいたま市議(無所属)が本会議で、足の障害で車いすを利用する伝田ひろみ議員(立憲・国民・無所属の会)に、「ブルジョア障害者」と発言していたことがわかった。吉田議員は「差別する意図はなかったが、品のない言い方だった」と後に謝罪。新藤信夫議長が吉田議員に厳重注意をした。

  発言は19日の9月定例会最終日の本会議であった。障害者の医療費助成に所得制限を設ける条例改正案に吉田議員が賛成討論をした際、伝田議員の方を示し、「こちらにも年収1354万5千円(市議の報酬などの総額)の車いすの方がいる。ブルジョア障害者は(助成対象から)外して構わない」などと述べた。

 これに立憲・国民・無所属の会が抗議。本会議の休憩中、議長が吉田議員に厳重注意した。吉田議員は、朝日新聞の取材に「高所得の意味でブルジョアという言葉を使ったが、気を悪くしたなら申し訳ない」と釈明している。

 吉田議員は2月定例会で、市の答弁者に「首つって死ね」と問題発言をし、辞職勧告を受けている。



 引用ここまで。


  なんで『ブルジョア障害者』という言葉がいけないのか。年収が一千万を超える人間は障害者であろうが健常者であろうが『富裕層』であることに違いなかろう。

 要するに、いちいちこの程度の言葉にかみつく政治家なんて、目立ちたいだけ。自分が富裕層であることを隠蔽したがっているだけなのだ。 

 実はオレも身体障害者である。たとえば市町村他地方自治体では(自治体によって違いがあるのかもしれないが)、月額5000円、それが半年まとめて30000円の障害者手当金として支給されている。その月額5000円の手当にどういう意味があるのか。そして、基本的には障害者には医療費の負担がまったくない。関係のない歯医者での治療についても同じだ。

 こういう障害手当、生活費貸し付け、税額控除・・・自治体が運行しているバスや一定程度遠距離まで行き来する電車、特急電車、飛行機の運賃、医療費などなど・・・本人がどれだけ元気で会社に勤務している人物であっても、そういう障害者としての恩恵を受けている。民主党政権はここに斬り込んでいっただろうか。

 たとえば慢性腎不全という疾患がある。人工透析をして延命療法をしてもらうしかない。しかし、実は慢性腎不全の根本的な治療方法がある。腎移植がそれだ。

 原則、慢性腎不全患者については食事や運動などの制限がない。普通に仕事をしていられる。しかし、こういう人たちも慢性腎不全患者と同じレベルの医療、社会保険、税制上の優遇措置、そして障害者としての特典にありつける。

 1000万円の年収がある障害者が『ブルジョア障害者』でなくて、なんなんだろう。

 この問題はある地方自治体のお坊ちゃまの失言にあることは間違いない。このバカたれは、今回までにも様々な失言問題を繰り返しているのだ。コイツはクビになってもしかたない

 しかし、問題の本質はいわゆる『ブルジョア障害者』が応分の負担を負わないでいられるという、まことに不自然な状況にあるということだ。

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

『思考力』が欠如しているのは誰か

 Yahoo!知恵袋で、質問者は「韓国は財閥社会ですよね?これはいいことですか?」と質問しているのに、回答者が的外れな指摘をしているのを見つけた。多くの文字数を割いて、安倍晋三をdisっているのだ。

 以下、その『回答』を引用する。


 「なんで韓国がこんなことになったかというと消費税増税 法人税減税 通貨安 金融緩和・・・今の安倍晋三がやろうとしている政策を日本に先んじてやったからです」

 「思考力のない熱烈な安倍信者って嫌韓が多くて、サムスンまで貶めるようなことを言っているみたいだけど、いずれ安倍晋三も日本を韓国と同じように経済をボロボロにするするだろう」

 「それに、TPPで関税がなくなり農家がこぞって失業すれば就職口が増えないのに労働人口過剰で企業は韓国のように定年引き下げもあり得ます。賃金もますます下がる」

 「しかもこれからやろうとしているのは日本は法人税減税の数倍の増税(消費税含む)。」

 「安倍首相は韓国を慕って日本を後追い自殺させたいらしいですよ」

 「移民なんて目的は2つしかありません。
・大企業が人件費を引き下げるため
・国民1人あたりの所得が下がるのを、移民で頭数を増やして総所得を水増しして経済成長しているだの理由をつけて増税路線を継続するため」

 「官僚と政治家と大企業が勝手気ままにやっているのに、既に思考力を失った国民は、『アベノミクスの恩恵はいつくるの? まだぁ?』と5年先も10年先もやってそうですね」

 「それを気が付かれないように集団的自衛権とか言って外交関係が緊張状態にあるように演出をしているとしか思えません」

 「日本再生はあきらめた方が良いです。自分が飲み込まれなければそれでいい。そう思いませんか?」



 引用ここまで。

 などなど。質問者は韓国の財閥社会について「それっていいことなのでしょうか」と質問しているのだが、結局それを利用して反安倍的政治的なメッセージを書き込んでいる。

 ちなみに日本では多くの企業が賃金を上げている。そして、コレは派遣労働者含めてだけれどすべての都道府県で雇用率が1以上となっている。

 あとさ、なんで韓国の財閥社会の賛否を問うているのに、反TPP論であるとか『限定的集団的自衛権』反対論であるとか、などなど関係ないことばかりに言及しているのが気にかかる。これではまるで印象操作だといわれても仕方ないだろう。

 「安倍晋三も日本を韓国と同じように経済をボロボロにする」
 左派勢力の多くはこのように反アベノミクス論をブチあげる。しかし根拠などまるっきりない単なる『陰謀論』的な議論ばかりなのだ。 本当の意味で『思考力がない』のは、こういう輩なのではないのか。

 増税反対であるのはオレも同じなのだが、こういうふうに政治的な

 ちなみに『消費税増税』は民主党、公明党、そして自民党のいわゆる『三党合意』によるものである。なんで安倍晋三だけが悪者になるのか。

 「(アベノミクスの矛盾に気づかれないように)集団的自衛権とか言って外交関係が緊張状態にあるように演出をしている」
 なんで思考力の欠如している反安倍信者は根拠を提示することもなしに、そんな『陰謀論』を口にするのだろうか。

 オレは第二次安倍政権が誕生した当初は、かなり熱烈に支持した。だが、安倍晋三がどれほど有能で、どれほど無能なのかわからない事態に陥っているコトは知っている。

 「安倍首相は韓国を慕って日本を後追い自殺させたいらしいですよ」
 ここまでいうヤツって・・・もう発狂してるとしか思えない。

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

主役の座を奪う『事務方』

30年5月24日配信のAERA net.の記事を引用する。


「(日大の)ブランドは落ちません!」

「(会見を視聴者が)見てても見ていなくてもいい」

そう語気を荒げて会場の記者たちと激しい舌戦を繰り広げたのは、日大企画広報部の米倉久邦氏。

 実は、元共同通信の記者で経済部長や論説委員長も務めた華麗なる経歴の持ち主だ。

 共同通信によると、2002年に共同通信を定年退職し、それ以降はフリージャーナリストとして活動しているという。

「社内でもあの会見、話題になってますよ。現役の記者時代からああいうものの言い方をする人で上から目線で言ってしまう…。変っていないというか」(共同通信記者)

 米倉氏は、1986年に『女の時代がやってきた 女で儲けるビジネス学』を共同通信社より上梓。その後は『そうだ、山へ登ろう!森林インストラクターになっちゃった』(三五館)、『六十歳から百名山』(新潮社)、『森をゆく「人と森のかかわり」を訪ねて』(日本林業調査会)などを執筆。さらに経歴を調べると、高校・大学と山に親しんでおり、57歳のときには森林インストラクターの資格を取っているという。

 米倉氏の様子がおかしくなったのは会見が始まって1時間半が過ぎた頃。記者の「選手のアメフト人生を奪っているかもしれないが、心の痛みはないか」という質問に対し、井上コーチが考え込んだ様子を見せた。すると、突然米倉氏が「仮定の質問はやめてください。もう、9時半を過ぎましたんで、1時間半以上やっています。これで終わりにしたいと思います」と制し、会見を切り上げようとした。

 ここで他の媒体の記者が、「今日は皆さん(中継などで)見ているので、一人一問にしますから、続けさせてもらえませんか?」とお願いすると、米倉氏は「何十人もいるのに全部やるんですか?何時間かかるか分からないじゃないですか。無理ですよ、みんな手を挙げているんですから」とバッサリ。

 別の記者から「刑事事件にもなっている話ですし、こちらも短くします。会見を続けるかどうか、監督に決めていただきたいんですけど」や「司会の方ではなくて、監督に会見を続けるかどうか決めていただきたいんですけど」などと矢継ぎ早に質問が飛ぶが、米倉氏は構わず会見を切り上げようとする“塩対応”ぶりだった。

 すると、不穏な空気に気づいたのか、内田前監督自らが会見続行の意思を見せた。それでも一度上がったボルテージが下がることはない。質疑応答が再開しても、「もうやめてください」「同じ質問です」と記者の質問を制止する米倉氏。 ここからは、会場で繰り広げられた大舌戦の一部を再現しよう。

米倉氏「これ以上やっているときりがない。だいたい同じ質問が繰り返されているので、これで質問は終わります」

記者「違う質問をします」

米倉氏「違えばいいというものではありません」

記者「日本大学の常務理事を続けられるおつもりですか?」

米倉氏「それは後で言うといっていました」

記者「今、答えてください」

米倉氏「今はやりません」

記者「いつお答えいただけるんですか?」

米倉氏「それは先ほども出ていますんで。それは後ほど……。じゃあ、これで会見を終わりにします」

記者「後ほどっていつですか?」

米倉氏「え? 後ほど今からやりますよ。記者会見はこれで終わります。内田前監督から進退について」

記者「会見をされると聞いて、私たちは集められているんですよ」

米倉氏「だから全員からは聞けないですよ!すでにじゅうぶん聞きましたよ。じゅうぶん、聞きました!」

記者「それはそちらかもしれないけれど、この会見はみんな見てますよ」

米倉氏「そうです、こちらです。見てても見ていなくてもいいんですけど。同じ質問を何度も繰り返されても迷惑ですから。もうじゅうぶんですから、やめてください発言するのは」

記者「なんで打ち切るんですか?」

米倉氏「これだけ聞いたら十分なんです」

記者「監督がお話されたいみたいなんで、司会の方は控えていただいてもいいですか?」

米倉氏「いやいや、これから進退についてお話してもらいますから。もう喋らないでください。監督、それじゃあそろそろ終わりにしたいと思いますんで、最後に……」

監督がマイクを手に取り、言葉を発しようとすると、

米倉氏「今後の問題についてお話ください」

と、まさかの監督の声まで遮ってしまったのだ。

記者「監督、お話された後、質問の時間は受けていただけますか?」

監督「あの……」

米倉氏「(質問時間の確保は)しません!」

記者「すみません、司会者のあなたの発言で今、日大のブランドが落ちてしまうかもしれないんですけど」

米倉氏「それは、落ちません!」

 内田前監督も呆れたのか、マイクを手に取って、「時間的なこともありますが、(進退の説明の前に)質問にはお答えしようと思います」と切り出し、質疑は再開。それでも米倉氏はすぐに、「きりがないんで、やめてください」と発言。その後も「やめてください」「あなたさっきからしつこいですよ」などと語気を荒げていた。

 当初は淡々と執り行われるように見えた会見だが、まさかの広報担当者が“主役”を演じる事態に。ネット上では「この司会は何なんだ」「司会逆ギレ記者会見」「いったい何の会見を見ているんだろう」との声が噴出した。

 会見後、内田前監督は心労のため都内の日大病院へ入院した。今後、本件については第三者委員会を交えて調査を進めるという。(AERAdot.編集部 福井しほ)



引用ここまで。


笑うねぇ。いやいや、久しぶりにあんなにキャラがたったヤツを目撃したよ(`∀´)Ψウケケケケ 。
プロ野球中継を見ていて、ベンチの『ひさし』に

『スポーツ日大』『創立130年』・・・

などというシール?が繰り返し繰り返し張られている。
確かに日大の体育会は、あらゆる分野で輝かしい成果を残している。
そして、来年の創立130年記念・・・
お祝い事満載じゃないの。

だがしかし、日大のアメフト部の内田正人前アメフト部監督および井上奨前コーチはたったひとりの学生すら守る気もないらしい。

そして、関西学院大学大学や日大の教職員組合、さらには日大アメフト部の保護者会も対応をすべく行動を起こしている。また、スポーツ庁の鈴木大地長官も日大関係者を呼び出すなどしている。

さて、ここに至ってもなお、昨日の内田正人や井上奨前コーチが記者会見を開くにあたって、日大企画広報部の米倉久邦の登場だ。コイツは記者団を煙に巻き、強制的に記者会見を終了させようとした。
コイツ、どんだけ濃いキャラなんだ・・・

しかも、こいつは共同通信社出身であるらしい。出鱈目もいいもんだ。

関東学生連盟は日大に対して、
「体制の変化がなければ、今後対戦を拒否する」
と発表した。当然の措置だろう。

もう一つ、あり得ない出来事があった。

内田正人にぶら下がった記者たちが、内田正人に取材したのだが、内田がいろんな返答をするごとに、記者たちが笑っていたことだ。コイツらは、問題の大きさに気づいていなかったのか。

そのやりとりからは、この記者の連中はいつもこの内田正人を持ち上げていたことを伺わせる。日大アメフト部の連中にしても記者の連中にしても、どんだけ汚いんだ・・・内田正人は
「汚いって言ったって、何年か前の関西学院大学の方がよっぽど汚かったぞ」
と答えていたのだが・・・やっぱり記者たちはそれを聞いてヘラヘラ笑っているのみだった。

コイツら、汚い。恐ろしいほどに汚い。

『スポーツ日大』にしろ『日大130年』といい、そのイメージは今回の『事件』で地に墜ちた。日大を受験しようと思う受験生は当然ながら受験を控えるだろう。もしかしたら、就活生が困難な目に遭うことになるかもしれない。
アメフトの学生連盟は、日大の体制が変わらなければ、対戦を




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

どっちじゃ!





いい加減な男よのぉ。
どっちじゃ!。

信じられないことに、コイツを評価する声がネット上では多い。
「ひろゆき頭良すぎ」
「○○をまた論破!」
「○○相手にフルボッコ」
と、いちいちうるさい。

日本人の民度っていつからこんなに低くなってしまったのか・・・




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。