オスプレイがなんだって?

大谷昭宏はテレビ朝日夕方の報道番組で、
本土の防衛担当として、小野寺五典防衛大臣はもっと沖縄の人たちに沖縄の声について届けてほい・・・いやぁご立派な評論家である。(オスプレイのような)事故について真摯沖縄の声をこのようなもっと聞き入れなければいけないと、さすが大先生が先生。そうでなければ沖縄の声に応えてはいないというコトになろう。

え、いつ日本政府が沖縄の声に応えなければいけないってコト言ったわけ?

国防に関する問題は、当然のことながら国政の専権事項だ。沖縄がオスプレイやら米軍基地について反対の声を上げるなら、それについては勝手にしてくれればいい。好きなコトだ。だが勝手にいうのであれば責任はそいつらが責任を取るべきだ。すればいい話だ。だが、国の自衛権や日米安保についてはあくまでも国の専権事項である。

自民党政権が続くのであれば、当然その安全保障問題については、日本政府がそれの問題を担うのは当然のことだ。沖縄の翁長雄志が、日本になんらかの安全保障上の問題が起きた時、なんらかの責任を担えるのか。

責任も問われないくせに、オスプレイだとか沖縄の米軍基地とか、めんどくせーコト言ってんじゃねぇよ。そうであるなら、さっさとっさと辺野古の代替案を出したらどうか。

ちなみに辺野古の住民たちは、辺野古へ基地が移設されることについて『大歓迎』してるじゃねぇか。

沖縄のヤツらって、面倒くさくてたまらん。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ
※悪質なコメントについては削除します。

病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら↓
愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ

→<『猫いらずのうつうつ日記』>




スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

犯人は中国人

29年6月12日配信のwebニュースの記事を引用する。


 ほろ酔いのサラリーマンが家路を急ぐ金曜の夜半過ぎ、駅のホームに怒号が響いた。「早く降りろよ」「どんだけ迷惑かけてんだ!」--6月3日、0時10分にJR総武線の平井駅(東京都江戸川区)に到着した津田沼行きの下り列車は、それから20分にわたって停車するトラブルの最中だった。列車の中では、痴漢を疑われた男性が、駆け付けた警察官の任意同行に応じずに居座っていたのだ。

 刻々と迫る終電時間に、事情を知らないホームの乗客たちは、苛立ちを募らせて次々と男性の乗った列車に向けて怒号を浴びせた。やがて、男性は観念し、警察官に囲まれて、連行されていった。

 「降りろ降りろ!」「さっさと降ろせ!」と怒鳴る客たちに「降りますから」と応える一方、警察官には「やってない」と不満をぶつけながら降りる男性。さらにその一部始終をスマホで撮影する人も続出し、一気にこの騒動はネットで広まった。

 しかしこの騒ぎは、“往生際の悪い奴がいた”--という話ではなかった。

 「痴漢を訴えたのは20代の中国人女性でした。目撃者によると、知人とみられる女性らと4人組で乗車していた女性が、男性に痴漢されたと訴えて、ホームの非常ボタンを押して、駅員や警察官もかけつける騒ぎになったようです。

 しかし、そもそもの発端は中国人女性が自分の顔に男性の肘が当たったと言い出し、お互いが揉めているなかで、女性が突然『あなたは痴漢です』と日本語で叫んだことにあると言う目撃者もいる。それがもし事実なら、痴漢行為は本当にあったのだろうかという疑問も湧いてくる。列車内では『降りなくていいよ』と痴漢扱いされた男性を庇う人が多く、男性が『違う』と言っても騒ぎ立てる女性に呆れる声があがっていたようです」(社会部記者)

 男性がなかなか列車を降りようとしなかったのは、そうした事情もあったからだ。四面楚歌の男性だったが、連行された小松川署にはその時の目撃者が同行。複数の目撃証言により、痴漢行為はなかったとして男性は逮捕されず、晴れて釈放された。女性も最後は大人しく帰っていったという。

 逮捕という最悪の結果は免れたものの、濡れ衣を着せられかけたうえに、乗客の怒号を浴びる様子を動画でネットに拡散されてしまったこの男性には、同情を禁じ得ない。

 とりわけ今回のケースでは、相手が中国人女性だったということが事態を複雑にしてしまったのかもしれない。中国出身のジャーナリストの周来友氏はこう話す。

 「訪日中国人が急増する中で、最近は中国人女性の間で、“日本の満員電車は痴漢に遭いやすい”という噂が広まっています。中国人女性は気が強いから、自分が被害者だと思ったら、被害を訴えるのに大騒ぎして周囲を味方にして、相手(加害者)を追い詰めます。中国では、電車で痴漢を働いた男性が、他の乗客などに暴力を振るわれている動画などもたくさんあるくらいです。だからもし、中国人女性に痴漢に間違えられたら、違うということを大声で主張しないと、迫力負けして泣き寝入りすることになってしまいます」

 ちなみにこれほどの被害に遭った男性だが、この中国人女性に損害賠償を請求することは可能なのか。

 「女性の勘違いだった場合に、男性が刑事・民事ともに女性を訴えることはほぼ不可能です。過去に民事で損害賠償請求を争ったケースはありますが、私が知る限り請求は認められたことはありません」(全国痴漢冤罪弁護団事務局長・生駒巌弁護士)
 やはり泣き寝入りするほかないようだ。



引用ここまで。


この件に関してTBSの番組で室井佑月(バカ女)は、

「女性のせいじゃないよ。痴漢するヤツが悪いんだもん」

なんでさぁ、いつも男性側が悪いっていう話になるんだよ。痴漢の捏造なんて腐るほどあるのだが、それもすべて男性の責任になるのか?だからコイツはバカなんだよ。

この事案については、中国人女性4人に問題があることに間違いはない。男性の肘があたったコトについて、中国人女性らは相手のことを
『痴漢だ!』
と決めつけ、しかも非常停止ボタンも押している。

このクソ中国人に責任があるに決まっているだろう。

ここまでやられたら、誰がどう考えても
「痴漢捏造に対しては、逃げるが勝ち」
という結論になるのが当然だ。

だが、中国人女性を責め立てるマスコミはひとつもない。これがジャーナリズムなのか?中国人女性たちに責任があるのは明確なのであるから、キチンと報道しろ。

これでは痴漢事件の報道はすべて朝日新聞による従軍慰安婦報道の捏造とまったく同じ構造だ。

日本人はマジで怒らなければならないはずだ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

翁長のデタラメ

29年6月7日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 翁長知事は記者会見し「政府は、なりふり構わず埋め立て工事の着手という既成事実を作ろうとしているが、到底容認できない」と述べた。

 提訴には県議会の議決が必要で、今月20日に開会予定の定例会に提案する。県議会は翁長氏を支持する議員が過半数を占めており、7月14日の閉会日に賛成多数で可決される見込み。

 政府は4月下旬から埋め立ての第1段階となる護岸工事を始めた。県は、県の規則に基づく「岩礁破砕許可」が3月末に切れており、無許可で工事を進めていると主張。工事内容から今後海底の岩礁を壊すのは確実だとして、弁護団と相談の上、訴訟を起こす根拠になると判断した。提訴と同時に、裁判が決着するまで工事の中断を求める仮処分も申し立てる。

 国側は「地元漁協が漁業権を放棄しており、岩礁破砕の許可更新は不要」との立場を崩していない。

 稲嶺進名護市長は7日、名護市役所で取材に応じ、記者団に「翁長知事を支える立場でこれからも頑張りたい」と述べた。(山下龍一、小山謙太郎)



29年6月7日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 沖縄県の翁長雄志知事は7日、県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、政府が進めている埋め立て工事の差し止め訴訟を、国を相手に提起する方針を発表した。20日開会予定の県議会定例会に議案を提出する。議案は7月14日予定の最終本会議で可決される見通しで、沖縄県は可決後速やかに提訴する。あわせて判決が出るまでの工事中断を求める仮処分も申し立てる方針。

 辺野古移設をめぐっては、仲井真弘多前知事による埋め立て承認の取り消しを求めた翁長氏の処分について政府と沖縄県が訴訟を繰り広げ、昨年12月の最高裁判決で県側の敗訴が確定した。双方の対立は再び法廷の場に持ち込まれる。

 漁業権が設定された水域で海底の岩石などを壊す作業には知事の岩礁破砕許可が必要だが、政府は地元漁協から漁業権放棄の同意を取り付けたことを理由に、3月末で期限が切れた許可を更新せず、4月25日に埋め立て護岸工事に入った。

 沖縄県側は「知事の免許が出ていないため漁業権は消滅せず岩礁破砕許可は必要」と主張。許可を申請するよう複数回、沖縄防衛局に行政指導した。しかし同局は「許可は不要」とする水産庁の見解を根拠に工事を進めている。県側は、工事が県の漁業調整規則に違反しているとして提訴に踏み切る判断に至った。

 翁長氏は会見で「政府はなりふり構わず埋め立て工事着手という既成事実を造ろうと躍起だ。かけがえのない財産である辺野古の海を埋め立て、基地を建設することは到底容認できない」と強調した。

 もっとも、審理対象となる「法律上の争訟」に当ることなどを裁判所が認める必要があり、県の訴えが門前払いされる可能性は小さくない。それでも翁長氏が提訴を決断した背景には、辺野古移設反対を叫ぶ支持基盤の「オール沖縄」の結束が揺らぎつつあるなか、工事を座視していては県政への不満や不信が強まるとの懸念がある。政府関係者は「翁長氏は無駄を覚悟でファイティングポーズをとっている」と指摘する。

 翁長氏はこの日、「あらゆる手法を用いて辺野古に新基地を造らせないとの公約実現に向け、不退転の決意で取り組む」と述べ、前知事による埋め立て承認の「撤回」を最後のカードとして温存する考えを示した。だが撤回に踏み切っても政府に執行停止で効力をなくされるため慎重にならざるを得ないのが実情だ。



引用ここまで。


翁長雄志は
「政府は、なりふり構わず埋め立て工事の着手という既成事実を作ろうとしている」
というのだが、それはオマエだろうが。前の沖縄県知事が辺野古沖の埋め立ての許可を出している。なんで
「知事が代わったから」
という理由だけでそれを取り消そうというのか。

そして、昨年12月には翁長雄志が国に対して訴えていた前知事の埋め立て承認の取り消しについて最高裁がコレを却下している。

なんでまた翁長雄志が国を訴えることができるのだろう。すでに負けてるんだぜ?記事にあるとおり、すでに国は辺野古周辺漁協と協定を結んでいる。地元の民意は普天間の基地機能の辺野古移設に賛成なのだ。

翁長雄志は
「沖縄の民意は基地反対ですから・・・」
という。だが、自民党は国政選挙で連戦連勝中なのだが。その民意をどう思うのか。

国に関わる仕事、たとえば案園補償であるとか社会保障、エネルギー安全保障、教育、税の徴収と配分はすべて国の専権事項なのだ。一自治体の長が口を挟める問題ではない。

安全保障の問題でなにか問題が起きた時、翁長雄志は責任を取れるのか?取れないだろ。

だったら、口を出すのを止めろ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

民意を無視する翁長

29年4月25日配信の日テレNEWS24の記事を引用する。


 沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされる名護市辺野古で、国は埋め立て予定地の周りを取り囲む護岸建設に着手した。普天間基地の返還合意から21年を経て、ついに海の埋め立て工事が始まったことになる。

 辺野古のアメリカ軍キャンプ・シュワブの浜辺で、国は25日午前9時20分ごろから、海への石材の投下を始め、護岸工事に着手した。国は今後、約4年かけて護岸を建設し、早ければ1年以内にも完成した護岸の内側に土砂を投入し、埋め立てを始める計画。日米両政府は1996年に普天間返還に合意したが、工事が埋め立て段階にまで進むのは初めて。

 一方、キャンプ・シュワブのゲート前では市民らが抗議の声をあげた。また、沖縄県の翁長知事も工事着手を「暴挙だ」と批判した。

 翁長知事「辺野古に新たな基地を造らせないという県民との約束を実現するため、全力で戦う考えであります」

 知事は今後、工事の差し止め訴訟を起こしたり、海の埋め立て承認をあらためて「撤回」するなどの対抗策を検討しており、国との法廷闘争が再燃することも予想される。



引用ここまで。


すべての国民、沖縄県民、そしてマスコミがその認識を共有しなければいけないのは、この記事の

翁長雄志沖縄県)知事は今後、工事の差し止め訴訟を起こしたり、海の埋め立て承認をあらためて「撤回」するなどの対抗策を検討しており、国との法廷闘争が再燃することも予想される。

という部分だ。

昨年、ある時期まで政府と沖縄県は普天間基地機能の辺野古移設泥沼というくらいにまで訴訟合戦を繰り広げていた。そこで、福岡高裁那覇支部は
「お互いの訴訟を一本化して司法に任せる」
「負けた側はその結論を受け入れる」
という和解案を提示した。そして当然の話だが、沖縄県側は敗訴した。なんで当然かというと、国民の生命を預かる者として安全保障は国の専権事項であるからだ。沖縄県側に口を出す権利があるワケがない。

判決が出た後、翁長雄志工事の差し止め訴訟を取り下げた上で、海の埋め立てを承認した。

ところが、国が工事を再開しただけで沖縄県およびパヨクメディアの騒ぎようだ。記事によると、
「知事は今後、工事の差し止め訴訟を起こしたり、海の埋め立て承認をあらためて「撤回」するなどの対抗策を検討しており、国との法廷闘争が再燃することも予想される」
とのこと。翁長雄志はこの国が法治国家であることを知らないのか。

以前、テレビ朝日『報道ステーション』のアナウンサーが安倍総理に直接、
「安倍総理のすすめる普天間基地機能の辺野古移設は民意を無視しているのではないのですか」
と、頓珍漢な質問をした。内容は忘れたが安倍総理が見事に論破するとアナウンサーは黙りこんで解説の後藤謙次に助け船を求めた。アナウンサーは
「私は民意が無視されることも有り得ると思うのですが・・・」
そこでYouTube動画は終わっていた。

民意とはなんなのか。

アナウンサーは沖縄県政レベルの選挙が『民意』を測る唯一ものだと思い込んでいるのではないか。

安倍内閣は平成24年末に誕生した。その時以来国政選挙では辺野古移設を公約に掲げて連戦連勝なのだ。それを見れば、国政レベルでは辺野古移設が『民意』であることは紛れもない事実だ。

安倍総理も国民の『民意』を背負って仕事をしている。パヨクメディアはその程度のことはわきまえたらどうか。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 辺野古 護岸工事 翁長雄志 工事の差し止め訴訟 海の埋め立て承認

沖縄にバカふたり・・・

29年4月12日配信のZakzakの記事を引用する。


 久々に「世界の警察官」が戻ってきた、と感じた。ドナルド・トランプ米政権が、化学兵器を使用したとされるシリアをミサイル攻撃したニュースだ。やはり、米軍の関与なしには世界の平和は保てない。だが、日本の「米国頼み」はいつまで続くのか。米軍基地が集中する沖縄にいる私は、どうすれば日本が「自分の国は自分で守る普通の国」に脱皮できるか、自問自答を繰り返している。

 尖閣諸島周辺では、中国公船が領海侵犯を繰り返しているが、沖縄を狙っているのは中国だけではない。北朝鮮の黒い影も平和な島々を覆いつつある。

 核やミサイル発射実験を繰り返し、「在日米軍も攻撃対象だ」と明言する北朝鮮。沖縄県議会は3月、北朝鮮が「極めて危険な行動を続けている」として政府に毅然とした対応を求める意見書を可決した。

 私は石垣島で記者を続けて約20年になるが、北朝鮮ミサイルの「空襲警報」に2回も遭遇した。

 2012年と16年、北朝鮮が弾道ミサイル発射実験を強行し、ミサイルが石垣島を含む先島諸島の上空を通過したのだ。防災無線のスピーカーから「北朝鮮からミサイルが発射されたもようです」と警告する声が市街地に鳴り響いた。不気味だった。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に反対する翁長雄志知事は「沖縄を平和の緩衝地帯にする」と豪語するが、無防備と見れば容赦なくミサイルを発射する国が存在するのが国際社会の現実だ。北朝鮮情勢が今後、さらに緊迫化すれば、全国で当時の先島諸島のような光景が繰り広げられるかもしれない。正念場である。

 現状では日本を守るため、沖縄の米軍基地は不可欠だ。しかし、一方で、県民は米軍基地から派生する事件・事故などの基地被害に苦しんでいる。この矛盾をどう解決するか。それは日本が防衛力を増強し、米国頼みだけではない安全保障を確立するほかない。

 極言すれば、沖縄の米軍基地をほとんど自衛隊基地に置き換えるくらいの決意があってしかるべきだと私は考えている。自衛隊員は日本の公務員だから、米軍のように日米地位協定という「治外法権」に守られることもない。翁長氏でさえ、米軍と自衛隊は区別して考えており、多くの県民は自衛隊基地であれば受け入れる用意がある。

 日本さえ自主防衛の決意を固めれば、沖縄で猛威を振るっている現在の反基地運動は劇的に衰退するだろう。

 米国には今後も「世界の警察官」であり続けてほしいが、何かあるたび交番に逃げ込む男を、世間は男とは見なさない。今の日本はせいぜい「草食系男子」ではないか。沖縄からこそ日本を叱咤(しった)激励したい。

 ■仲新城誠(なかしんじょう・まこと) 1973年、沖縄県石垣市生まれ。琉球大学卒業後、99年に地方紙「八重山日報社」に入社。2010年、同社編集長に就任。同県のメディアが、イデオロギー色の強い報道を続けるなか、現場主義の中立的な取材・報道を心がけている。著書に「国境の島の『反日』教科書キャンペーン」(産経新聞出版)、『翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走』(同)、『「軍神」を忘れた沖縄』(閣文社)など。


引用ここまで。


「自分の国は自分で守る普通の国」・・・?それが普通の国???
普通の国って言うのはある程度の軍事費を自分で持って、同盟国に守ってもらう国のことを言うのに・・・なんでそうなるんだ?

日本人が今の日本という国を守ろうとするわけ?米軍抜きで?

もっとシリアスに現況を見て、考えたらどうか。自衛隊だけで日本を守ると言っても、自衛隊の基地は残るワケでしょ?それをやろうとするだけで消費税を20%~25%にまで引き揚げないといけない。もちろんそれはすべて軍事費に消え、社会保障は今まで以上に切り捨てられる。

日本はもともと軍需品の製造を禁止されてきた。それを、今まで通りに国産の兵備に切り替えていくとしたら、一体どんだけの時間がかかるのか。

筆者は、
「現状では日本を守るため、沖縄の米軍基地は不可欠だ」
「しかし、一方で、県民は米軍基地から派生する事件・事故などの基地被害に苦しんでいる」
「この矛盾をどう解決するか。それは日本が防衛力を増強し、米国頼みだけではない安全保障を確立するほかない」

オレはこの問題については何度も書いているのだが・・・米軍基地がなくなれば米軍や米軍族による犯罪は減るのか?その論法ってどんだけ頓珍漢なんだよ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR