マスコミの偏向

8月に入って、米トランプ大統領についての報道がかなり偏向していると思うのだが、どうしたものだろう。以前であればロシア疑惑とか、北朝鮮問題であるとか、さらには黒人優先デモや白人至上主義者らの衝突であるとか、日米共にメディアは次から次へと手を変え品を変えトランプ政権に対する偏向情報を流すことに執着している。

今日の午前中のバラエティでも、デーブ・スペクターが
「ハッキリ言ってトランプは恥さらしでしかないんですよねぇ」
自分こそ恥さらしな米国人だとは思わないのだろうか。その程度のことは素人の日本人でもわかっていることだ。

オレは日本人であるし、トランプが辞任しようとしまいとどうでもいいのだが、だが日米のマスコミが同じようなパターンでトランプを批判しているのはちょっと前の安倍総理に対するマスコミの偏向ぶりとまったくかわらない。

白人主義者たちと黒人擁護派とでデモ隊を起こし、犠牲者が出た時に、
「トランプが白人主義者を否定しなかった」
という、どうしようもない実にくだらない対トランプのヘイトスピーチで、黒人系がやたらと盛り上がって、今回の騒動の全責任はトランプにあるとでも言わんばかりにトランプを責め立てる。普通の日本人としては、なにをそんなに騒ぎ立てているんだろう、としか思えない。

白人至上主義者らをデモに導き、騒ぎ立てるように仕向けたのはトランプではないだろう。もう少し落ち着いたらどうなんだろう。

大統領選挙の時から米国のマスコミはトランプを嫌っていた。米国の主要なメディアは、自分たちがどちらを支持するか、キチンと宣言してから大統領選の報道を始めるのだという。これは椿事件というとんでもないことを起こした日本のテレビ局業界では有り得ない。

米国のメディアも日本のメディアも共に反省すべき点がある。

たとえばヒラリーを応援していたメディアは結果が出た時に、自分たちの報道姿勢についてしっかりと検証し、さらに読者に謝罪すべきだ。

さらに、トランプ政権には異常事態が続いているらしい。主要なスタッフが次々に退任しているとか。でも、トランプが北朝鮮に対する態度は褒められるべきだ。北朝鮮が何度もロケットを発射している頃、トランプは
「レッドラインを超えたら米国が北朝鮮を攻撃する」
と発言し、米軍の主要打撃群を北朝鮮東沿海に派遣すると発言した。

さらに北朝鮮は
「愚かな米国人がうろたえる姿をもう少し見守る」
トランプが主張することで、北朝鮮がビビっているという傾向は否めない。

ウクライナ紛争の際、オバマは早々に
「軍事オプションは選択しない」
と早々に米国の国際的な役割を放棄してしまった。その後のウクライナ紛争を見るべきだ。ここまで数年たったのだが、なにひとつ解決できていない。

トランプはなんだかんだ言っても、オバマに比べて優秀である部分もあるのだ。

それすら否定するなら、『現実を無視している』という意味で、報道機関失格だろう。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ
※悪質なコメントについては削除します。

病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら↓
愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ

→<『猫いらずのうつうつ日記』>




スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

『迎撃するな!』・・・えっ?



これはいつの『ひるおび』だろう。
まぁどーでもいいんだけどさ、

「北朝鮮がミサイルを撃ったとしたら、日本はどうする?」

おいおい、今さらそこかよ。なんで安保法制の時に、キチンと議論しておかなかったのか。自民党に反駁すればコト垂れり・・・そんなコトばっかりしてるから、今こんなコトを言うしかないんだろうが。

ハッキリ言えば、今は『加計』やら『日報』やら、そんなコト言ってる場合じゃねぇんだよ。それこそ挙国一致でコトに当たるべきだ。まずは、日本国に先生攻撃権を与えないといけない。さらに自衛隊を軍隊化するシステムが絶対的に必要だ。

テレビ朝日の『モーニングショー』にコメンテーターとして出演した競馬評論家の吉永みち子はさすがにパヨクらしく、安倍総理の
対北朝鮮制作を批判した上で、
「今からでも遅くないから、周辺諸国を巻き込んで北朝鮮と『話し合い』をするべき。

なんなんだよ、その『話し合い』って言うのは。具体的に言えっつーんだよ。中共もロシアも巻き込んでってか?中共やロシアが対北貿易を誰が具体的にどういう風に制裁を課しているのか、そんなコトの監視するコトなど不可能だろうに。

「撃墜するより、撃墜した時の方が破片が心配」
まさか、北朝鮮のミサイルが日本のどこかに着弾するミサイルを撃ち落とせるのに、それを見送れっていうのか、おい、室井よぉ?

<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

内閣改造に大騒ぎ

29年8月3日配信の日経新聞の記事を引用する。


 第3次安倍第3次改造内閣が3日夕、皇居での認証式を経て正式に発足した。外相に河野太郎前行政改革相、総務相に野田聖子元郵政相を充てた。首相は党三役を決めた臨時総務会で「新たな布陣で安定した基盤を構築し、政策を前に進めたい」と強調した。

 首相は内閣改造に先立って党役員人事に着手。3日午前の臨時総務会で新役員を決定した。党の主要派閥から重鎮を起用し、党内バランスや政権基盤の安定を狙った。

 政調会長には「ポスト安倍」の有力候補の岸田文雄外相が就任。高村正彦副総裁、二階俊博幹事長を続投させた。首相は臨時総務会の冒頭「安倍内閣、自民党に国民の厳しい目が注がれている。反省すべきは反省しながら、新たな気持ちで結果を残すことで国民の信頼を勝ち得たい」と述べた。

 岸田氏はその後の記者会見で「国の内外に政策課題が山積するなかで大きな責任を感じる。緊張感を持って職責を全うしたい」と強調。その上で「政策面において一つ一つ成果を上げながら党の信頼回復に向けて努力していきたい」と意気込みを語った。

 首相は昼前に開いた臨時閣議で閣僚の辞表をとりまとめ「新しい気持ちで改革を進めていくために、本日内閣を改造する」と表明した。公明党の山口那津男代表との党首会談を経て、首相官邸に組閣本部を設置。新閣僚を呼び込むとともに、菅義偉官房長官が閣僚名簿を発表した。

 今回の内閣改造は麻生太郎副総理・財務相や菅氏ら政権の骨格を維持しつつ、19人の閣僚のうち経験者を13人も配置するなど手堅さを重視。初入閣は昨年8月の前回改造より2人少ない6人となる。閣僚らの言動が次々と問題視され、「安倍1強」のおごりを指摘されるなど内閣支持率が続落するなかで「守り」の態勢を敷く。

 人事の目玉は外相に登用する河野氏と、総務相の野田氏だ。河野氏は1993年に従軍慰安婦問題をめぐり旧日本軍の関与と強制性を認めた談話を発表した河野洋平元官房長官を父に持つ。関係改善をめざす韓国や中国などへのシグナルととらえる向きもある。

 野田氏は15年9月の党総裁選で首相再選阻止に向けて立候補を模索するなど政権と距離を置いてきた。その野田氏を閣内に取り込むことで挙党態勢の構築を印象づける狙いだ。女性閣僚の起用は法相に異例の「再登板」となる上川陽子氏と合わせて2人。前回改造より1人少なくなる。



引用ここまで。


TBSの『ひるおび』という番組で八代英輝弁護士は、とんでもない発言をした。
「自民党ってよっぽど人材がいないんだなぁって思いました」
「再入閣する人ばかりですよね」
この男、以前は保守系のスタンスを取っていたのに、TBSの番組にガッチリ組み込まれたらいきなりパヨク的な発言をするようになった。この番組では平日一杯コメンテーターを務めている胃し、放送されているし、MCの恵俊彰が夏休みを取ろう物なら、おどおどした顔で恵の代わりにMCをつとめてもいる。

こいつ、どんだけTBSで稼いでるんだろう。
八代英輝の論理で言うなら、野党はそれこそ人材不足だろう。

民進党では今度の代表には前原誠司と枝野幸男の一騎打ちであるらしい。人材不足も甚だしいじゃねぇか。
共産党ではもう党首選すら数年間も行われていない。
社民党はつい先日、党首が選挙で落選し、辞意を表明したんだが、それこそ人材不足でその落選した吉田忠智が党首を務めている。
自由党は森ゆう子や山本太郎がいるが、代表の座は小沢一郎の定位置だ。山本太郎が就任したら自滅行為だ。

今回、安倍総理はある意味、今回政治生命をかけた組閣なのだ。ここで失敗は許されないのだ。安倍総理は今回の組閣に政治家生命をかけている。次期総裁選で勝利すれば、東京五輪も自分の内閣で迎えられる。

たった今、民進党の細野豪志が民進党を離党するというニュースが入った。でも、これは当然のことだ。都議会にしろ国会にしろ民進党に所属していれば未来は見えてこない。

そしてこれはきっと未確認だろうが・・・細野グループは先日民進党を離党した長島昭久の後を追って、都民ファーストの会に合流するのでは・・・との情報もMCの安藤優子から伝えられた。本当に国民ファーストの会が次期総選挙に向けて発信するのか。

オレみたいな素人ではまったく先は見えないのだが・・・




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

謝罪しろ!

29年8月1日配信の産経WESTの記事を引用する。


 朝日新聞は1日付朝刊で、6月19日付オピニオン面「語りつぐ戦争」の投稿「引き揚げの女性に中絶手術」の内容について、確認に不十分な点があったなどとして一部を削除、訂正し「おわびします」との記事を掲載した。

 投稿は終戦後の引き揚げ女性の中絶手術のことを旧友から聞いた話として書かれた。16歳以上の女性を集めて担当者が呼びかけたという内容で、「旧友に聞くと、『今おめでたの方はいませんか。ご主人であろうと、またソ連兵、朝鮮人に犯されての子でも、今から育てるのは苦労です。思い切って見殺しにすることです』と女性たちに呼びかけたという」のうち「ご主人であろうと」を削除。「見殺しにすることです」を「身を軽くすることです」に訂正した。

 掲載後に読者から指摘があり、投稿者に確認したところ記憶違いの部分もあったとして削除・訂正の申し入れがあったとし、掲載前の確認も十分ではなかったとしている。



引用ここまで。


なんだ、これは?

要するに、女性の証言の裏も取らずに記事にしたってだけじゃねぇか。誰がそんなコトを呼びかけるって言うんだよ。なにをどう考えても有り得ないだろ。

朝日はどんだけ日本人を極悪非道だと決めつけてるんだ。ご主人の子であれば、堕胎は絶対に許されない。むしろ、国や自治体には、
「堕胎してはいけない」
というふうに強く言わなければいけないハズだ。

それに、
「見殺しにしろ」
というのはどういうコトか。女性が悩みに悩み抜いた末にそうしたのであれば、まだわかる。だが公がそんなことを言ったら許されないに決まってる。

朝日が
「どうしてそんなコトになるのか」
的なすっとこどっこいな問題を起こすことは、よくあることだ。

テレビ朝日の夕方の『スーパーJチャンネル』での話。テレ朝の記者が、東北の被災地を取材しに行ったのに、
「大学生です。ボランティアに来ました」
と身分を偽って現地入りしたらしい。

当たり前だが・・・テレ朝には矢のように講義が殺到した。

この問題について渡辺宜嗣キャスターは、
「テレビ朝日の記者が大学生のボランティアだと身分を偽って、取材行為を行っていました」
「被災地の皆さんには迷惑おかけしました」
たったこれだけの、ごく淡泊な『謝罪』でお終い。

こいつら、謝罪する気持ちゼロだろ。とりあえず
「そのことについては謝罪してありますよ」
「アリバイはありますよ」
というコトなんだろう。

マスコミは不祥事があっても、なるべく謝罪なしで済ませようとする。そして、しばらくしてそのことについて視聴者らが忘れてしまうのを待つのだ。

他者の不祥事に対しては、その程度の謝罪では絶対に許さないくせに・・・




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

まだやるのか???

テレビでは未だに安倍総理が出席した閉会中審査の話題で持ちきりだ。マスコミはまだまだ終わらせるつもりはないようだ。骨の髄までしゃぶり尽くしたいと言ったところか。

相当に視聴率を稼いでいるらしい。

蓮舫は稲田朋美に対して、
「大臣は都議選の応援演説で『自衛隊も含めて応援をお願いする』という趣旨の発言をした。コレは憲法違反であり、公職選挙法違反だ」
と、発言した。

おいおいおい、オマエの二重国籍問題を忘れたのか?オマエだって公職選挙法違反であり、国籍法違反でもある。つまり、日本の政治家としての資格が問われているのだ。さらにコイツの場合も説明責任を充分に尽くしたとはまったく言えない。第一、日本の国籍を取得した年月日は戸籍謄本でしかわからない。蓮舫は戸籍謄本の公表には応じていない。マスコミは世論調査で
「安倍総理を信じられない」
という選択肢まで用意している。もちろん、蓮舫が信用できるか、についてはそのような選択肢は用意されていないし、そんな事実は絶対にテレビでは取り上げない。

K面テーターの中野は
「稲田さんを見ていると、安部さんの言う『女性が活躍する社会』ってこういうコトなんだなぁって思いますね笑。稲田さんはファッションにも化粧にも気を遣っていてとてもチャーミングですものね」
この女は以前にも、
「稲田さんは外見には気を遣うけど、中身は子供。発言の内容を見ているとまるで子供じみている」
と発言したのだがこれこそテレビという影響力絶大なメディアでコメントするようなコトなのだろうか。前川喜平の出会い系バー通いを取り上げることが『個人攻撃』であるならば、この中野コメントも『個人攻撃』であることに違いはなかろう。あるに違いない。

もしくは中野は自分については「頭脳明晰な天才(なんでもIQは200以上なんだとか)」という自負があるので、稲田大臣が若くして防衛大臣に大抜擢されたことに嫉妬しているのかも知れない。

そしてこの中野は
「官邸のチーム安部はお疲れなのでは?」
「『この辺でもう許してよ」って言ってるように聞こえる」
とヘラヘラ笑いながらコメント。これも根拠がないという意味で『個人攻撃』だろう。中野はIQで見れば天才なのであるが、政治や社会問題についてコメントをする時は実に頓珍漢な発言を繰り返す。実はそれほど頭は良くないのではないだろうか。

もちろん、加戸守行前愛媛県知事の証言も、青山繁晴氏の質問についても取り上げるつもりはまったくない。今日も蓮舫の質問が主に取り上げられていた。

マスコミのことを『マスゴミ』という人がネット社会では多く存在するが、なんとなくわかる気もする。第一、どんなことが取り上げらたとしても、安倍政権を叩くために準備万端なのだから。

安倍政権はいつまで持つのだろう。内閣改造で支持率回復なんてとても無理な気がする。さらに他のwebニュースでは『安倍自民党』と『小池の国民ファースト』の連携という超ウルトラCもうわさされている。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR