FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂上忍の絶望



 坂上忍が人気を取り戻したのは、確か数年前のフジテレビ『ノンストップ(フジテレビ10時からの関東ローカル番組。バナナマンの設楽統がMCを務める)』がきっかけだったと思う。この番組では毎週金曜日に『ノンストップサミット』なる討論コーナーがある。

 そこに坂上が出演して、あらゆるテーマについてズケズケとものをいうようになった。その姿はとても好感が持てるものだった。

 そして、昼のバラエティショーの『バイキング』へ進出。同番組は近年はちょっとお堅い内容について、多くの芸能人や時々ゲストとして専門家を呼ぶのだけど・・・そこでの坂上忍が冴えない。

 今日は中一の女の子がいじめに遭って自殺したコトを取り上げていた。ハッキリ言ってさ、素人に口出しさせる方がおかしいテーマでしょ、コレって。明らかに学生時代にはいじめをする側だった坂上に何ができるというのか。清原という弁護士が出演していたのは妥当だと思う。でも、教育の専門家を呼んだんだけど・・・坂上や出演者はその専門家にまったくついていけない。

 そもそも、坂上は専門家にイラついて「あのね、僕たちはいじめを撲滅させたいの」。あのさ、いじめなんかなくせるわけがないだろ。いじめている側にとっては、最高に面白いものなんだからさ。

 かつて教職を目指していたオレには、専門家の言うことが妥当であるように思われる。まぁ坂上には受け入れられない意見だとしても、普通は受け入れるでしょ?坂上のこういう態度ってさ、朝日新聞とまったく同じだと思うのだが・・・もしかしたらそう思う人が多いのでは?

 自分の意見とはまったく相容れない議論であるにしても、いったん受け入れた上で落ち着いて議論することはできないのか。こういうところから、坂上はまるで独裁者だという評判が出てくる野田はないのか?

 先日はどこぞの議会で年収千数百万円の女性を、市議が『ブルジョワ障害者』呼ばわりをしたことについて、サンドウィッチマン伊達が、「コレって差別とかそんなんじゃないですよね?」「コレを差別だと思う人ってどうなんでしょう」と正直に発言したところ、坂上は伊達をにらみつけた上で、「ブルジョアっていう言葉自体には問題はないんだよ」「オレはね、『ブルジョア』と『障害者』を一緒にしちゃったところが問題だと言ってるんだよ」

 障害者といっても、ウルトラ富裕層の人物は多い。乙武洋匡のようにね。そんな人間に医療費負担ゼロとか、公共交通機関の負担割引、税の特別控除、障害者福祉のありようや月5000円の支援金なんてなんの意味があるのか。最低賃金というか収入がゼロである障害者に対しては、優遇するべきなんだが・・・なんで超富者である『ブルジョワ障害者』に対してはそんな気遣いは不要だ。
スポンサーサイト

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

tag : 坂上忍 バイキング サンドイッチマン伊達 ブルジョア障害者

あからさまな印象操作

 30年11月7日配信のロイターの記事を引用する。


 米中間選挙は6日、投開票が行われ、野党民主党が下院を制する見通しとなった。民主党はトランプ米大統領の政策を阻止し、政権運営を厳しく監視する機会を与えられることになる。一方、上院は共和党が多数派を維持する見込みで、来年1月から「ねじれ」議会となる。

 民主党が下院(435議席)で過半数を獲得するには、23議席を積み増す必要があった。現時点では民主党は30以上の上積み議席を確保したもよう。民主党が下院で多数派を奪還するのは8年ぶり。

 今回の選挙はトランプ米大統領のこれまでの政権運営に対する審判と位置づけられており、大統領にとって厳しい結果となった。

 民主党は下院の多数派奪還により、トランプ大統領が自発的な公表を控えている納税申告書や、公務と事業の利益相反問題、2016年の米大統領選でのトランプ陣営とロシアの関係を巡る疑惑について調査するための、より強力な権限を手にすることになる。また、大統領が目指すメキシコ国境での壁建設への資金拠出、大規模減税第2弾の議会通過や、貿易政策で強硬姿勢を貫くことが困難になる可能性がある。



 引用ここまで。


 「印象操作だ!」と声を張り上げても、コメンテーターやジャーナリストの仕事のかなりの部分を『印象操作』が占めているのだから仕方ないだろう・・・と、Twitterで言われたことがある。

 何言ってんだコイツ。

 オレはトランプのことを支持してなどいない。しかし、日本や米国のマスコミはなぜここまでトランプを叩くのか。

 2年前の大統領選。フジテレビの情報番組でトランプの当選を言い当てた木村太郎氏。それを見ながら、MCの安藤優子は「エー!エー!」とバカみたいに奇声を上げていた。要するにトランプを泡沫候補として扱っていたのだ。そして大統領選の結果は推して知るべし。

 安藤優子は実際に米国を取材に訪れていた。だが、有権者に対し取材することを怠っていたのだろう。

 中間選挙に際しても日米のマスコミはトランプ共和党をさかんにバッシングした。選挙報道でこんな一方的なやり方は少なくても日本国内での選挙では有り得ない。

 で、今回の中間選挙。下院では民主党が盛り返して過半数を制した。日本のマスコミは「やっぱり下院は民主党だった!」「これでトランプはやりづらくなった!」と嬉々としていうのだが・・・もっと謙虚にいうのであれば、「トランプ率いる共和党が善戦した」というべきだ。そう評するジャーナリストも実際にいる。

 また、「米中間選挙の影響を受けて東証株式市場に対しても影響している」などとやっぱり一方的なコトを言ってるヤツらがいるが、実際は小幅ながら株価は上昇している。マスコミはそういうところについて、もっと責任を持ったらどうか?

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

『圧力』は本当なのか?

 ここ最近、左派勢力は「各メディアともに安倍政権から圧力がかかっていて、自由にモノ言えなくなっている」などとなんの根拠も無く言っている。特にひどかったのはtwitter上のある呟きで「官房機密費がマスコミに流れている」「ハズキルーペの社長が安倍晋三の大学の同期、つまりお友達で官房機密費から資金の提供を受けている。ハズキルーペは午前中の情報番組のスポンサーになっていて、そのためマスコミに対する監視が効いている」などというもの。もちろん官房機密費の使い道など一般人が知る術などあるはずもない。だからオレは軽く意地悪をしてみた。

 「どこから官房機密費の使途がわかったのか、根拠・証拠についてご教示いただければありがたい」

 とコメントしてみたのだが、もちろん返信はなかった。根拠、証拠などあるはずはない。ちなみにそれと一言一句違わない呟きがあってそれに対しても

「あなたはもしかしてアカウントをふたつお持ちですか?」
「官房機密費の使途について、具体的な根拠・証拠を提示されたし」

 すると、その人はな、なんと、

 「コピペです」

 と堂々と返信してきた。呆れるしかない。あらためてネットの情報のいい加減さ、無責任さを思い知らされた。こういうのをいわゆる『陰謀論』『都市伝説』と言うのだろう。

 たとえばテレビ朝日のひも付きジャーナリストである玉川徹(正確には『テレビ朝日報道局コメンテーター室解説委員』)。彼は『モーニングバード』(現在の『モーニングショー』)において、毎週木曜日に『そもそも総研』なるコーナーを担当している。そこでは当初官僚の世界の『無駄』を追求し、好評を得た。そして、そのことを一冊の本に著している。

 そして、東日本大震災以降は脱原発派としてさかんに発信してきた。もちろんバリバリの左派勢力の一員として、特定秘密保護法や安全保障法制、TPP、マイナンバー制、さらにはアベノミクスまでなどなど、野党さながらに安倍政権の政策について反対してきた。

 ところが最近は最新医療や田舎暮らしなどばかり取り上げていて、なんだか冴えない。

 そして、それはTBSの『報道特集』についても言える。あの究極のひも付きジャーナリストである金平茂紀元TBSテレビ執行役員の極左の意見を体現しているような発言も、そのなりを潜めている。

 同じTBSの番組『サンデーモーニング』では極左コメンテーターの連中が言いたいことを言っているのだが。

 こういう、確からしい事態をどう捉えればいいのだろう。

 ネット上で「安倍政権によって言論の自由が侵されている」という話は本当なのか・・・

テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

本当の『排外主義者』は誰なのか?

 ある人物のtweetを引用する。

『yoshiya‏ @yoshiya_0511
(新潮45を批判する声が)さらに人数が増えていってる印象。これを機会に、マスコミでも政治家でも、ヘイトスピーチや差別や排外主義、悪意で憎悪を煽り他者を攻撃することで利益を得ようとする輩にもう二度とその手法を使わせないようにしなければならないですね。 #0925新潮45編集部包囲』

 気持ち悪すぎる。久しぶりに攻撃するためのツールが手に入ったから、うれしくてたまらないのだろうが本当のLGBTの人の意見はキチッとくみ取ってあーだこーだと議論しているのだろうか。どうせそんな議論はめんどくさいからしてないんだろうね。自民党を攻撃するネタがあればなんでもいいんだろうね。

 バカだねぇ。

 同じTwetterでも、『本物のLGBTの人々(←自称です、あくまで)』は騒動に対する違った違和感を強烈に主張している。彼らは
「LGBTに理解のない人々が勝手に騒動を起こして、勝手に焚書して悦に入っている」
「彼らはオレたちLGBTのコトなどロクに理解しようとしないくせに、オレたちの存在を政治的に利用している」
コレを聞いて、オレはものすごく納得がいった。

 いわゆるリベラル勢力は比較的言論の自由や出版の自由、良心の自由は何人にも侵されてはいけないと考えているはずだとオレは信じ込んでいたのだが、必ずしもそうではなく、結局右も左もそしてリベラルも保守も結局、自分たちにとって都合の悪い言論を双方ともに封じ込めてしまう。

 こんな議論のあり方があるだろうか。いや、議論にもなっていない。言い出しっぺは杉田水脈であるが、その後沈黙を守っている。そしていわゆるリベラル勢力は杉田水脈の攻撃に飽きたら今度は新潮45を攻撃し、休刊に追い込んだ。

 新潮45だって、日本人の深い視察力を高めるための情報を提供してきたはずだ。こんなつまらない騒動で、どうしてこんなことになってしまうのだろう。

 繰り返しになるが、杉田水脈には言論の自由がある。新潮45には言論の自由および出版の自由がある。左巻きの連中は自分の権利や自由についてはそれを全力で守ろうとする。しかしながら敵のそれは意地でも許さないらしい。

勝手にしてくれればいいのだが、こういう歪な『騒動』が起きる度に日本の民主主義はますます後退していく。








<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。





テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

自民党総裁選、終了してもマスコミは踊る

自民党総裁選が終了。事前の報道のとおり、安倍晋三の勝利に落ち着いた。

ところが、まだマスコミは口を挟みたいらしい。曰く、
「石破陣営が予想外」
だってさ。

安倍晋三は勝っても負けてもなにかを言われる。マスコミはそういうふうに準備していたのだから、当たり前なのだ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。





テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。