常識知らずの韓国

28年12月30日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 韓国南東部、釜山の日本総領事館前の路上に、地元の市民団体などが一時的に設置し、地元自治体が撤去した慰安婦像について、釜山市東区は30日、設置を許可することを決めた。聯合ニュースが報じた。

 同区の担当者は同日、記者会見で許可の意向を示すとともに、「多くの市民に謝罪する」と述べた。

 日本総領事館前では28日に市民団体が像を一時的に設置した。撤去した同区に対し、多くの市民らから抗議の電話やメールが殺到していた。市民団体は、31日夜に総領事館前で慰安婦像の除幕式を行う計画を表明している。

 ソウルの日本大使館前では違法設置された慰安婦像が現在も撤去されておらず、釜山で設置されれば在韓国日本公館前への慰安婦像設置は2例目となる。



引用ここまで。


あのぉ・・・昨年末の日韓外相会談で、何が決まったんでしたっけねぇ。日本大使館前の従軍慰安婦像の撤去も決めたよね。日本大使館前の従軍慰安婦像がまだ撤去されないうちに、なんでコイツらは次のヤツを建てちゃうわけ?意味ないじゃねぇか。

日本パヨクの連中もなにか言ったらどうか。

昨年末の日韓合意が成立。そによって
「従軍慰安婦問題は最終的に、そして不可逆的に」解決したはずだ。

その合意事項には在韓日本大使館前の従軍慰安婦像の撤去も盛り込まれている。「最終的に、そして不可逆的に」解決したのであるからして今後は韓国内での「余計な」活動は排除されなければいけない。

・・・というか日韓合意を持ち出すまでもなく、従軍慰安婦像をそのままにしているのはウィーン国際条約第22条に違反する。

最近日韓合意をひっくり返す動きが見られるが、そんなことをすれば韓国がますます国際社会からの信用を失うぞ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日韓合意 従軍慰安婦像 慰安婦像 ウィーン国際条約

なに言ってんの?

28年12月30日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 稲田朋美防衛相の靖国神社参拝について、米国務省当局者は29日、「すべての関係国にとって癒やしと和解を促す方法で、歴史問題に取り組むことが大切だと強調し続ける」と朝日新聞の取材に答えた。中国や韓国などの反発を考慮し、暗に自制を求めた形だ。

 オバマ大統領と共に真珠湾を訪れ、「和解の力」を強調した安倍晋三首相に同行していた稲田氏の靖国参拝を、米政府が重く見ていることがうかがえる。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、稲田氏が真珠湾訪問の直後に参拝したことを強調し、「近隣諸国から軍国主義の歴史を美化すると見なされている神社を訪れた」などと批判的なトーンで報じた。



引用ここまで。


ん、なに言ってんの?

米国が靖国参拝問題を悩ましく思っているのは仕方がない。
「日本政府よ、お願いだから少しくらい中共と韓国に気を遣ってくれよ」
というコトなのだろう。米国が直接に靖国参拝問題に言及して日本政府を批判するということ自体があり得ない。

そもそも靖国を日本国の大臣が参拝するという内政問題について、発狂したかのようにバッシングするのは中共と韓国しかない。国家としての、あるいは社会としての気品に欠けるやり方なのだ。欧米諸国はそんなコトはしない。

自分たちの分をわきまえているからだ。

『寛容と和解』を言うのであれば、中共と韓国にもそれが絶対に必要である。日本だけがどれほど自虐的になって土下座し続けたとしても、相手の『許し』がなければ、『寛容と和解』などあり得ない。

中共と韓国には最初から日本に対する『許し』がない。歴史戦で日本より優位にいれば、対日外交も優位に進められるからだ。

それから・・・

日本はいつ中共と戦争をしたというのか。いつ韓国と戦争したというのか。

こんな不条理な話がどこにあるか・・・考えれば考えるほど、不思議だ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 慰安婦像 従軍慰安婦像 ソウル 釜山 日韓合意 ウィーン国際条約22条

野田の詭弁

28年12月29日配信のTOKYO web の記事を引用する。


 民進党の野田佳彦幹事長は29日、稲田朋美防衛相の靖国神社参拝について「安倍晋三首相の真珠湾訪問に同行していた稲田氏が参拝したのはどういう意味なのか、きちんと国内外に説明する責任がある」と述べた。党本部で記者団の質問に答えた。
 首相の真珠湾訪問に関しては「不戦の誓いという意味で、オバマ米大統領と共同行動を取れたことは一定の評価をしている」と語った。



引用ここまで。


ん、靖国を参拝することのなにを説明すればいいのだろう。

もしそう思うなら、まず野田が靖国参拝の何が問題であるのか、説明すべきではないのか。

もし、A級戦犯の合祀が問題だというなら教えてやるが・・・昭和27年、A級戦犯は国会の圧倒的多数で彼らを「昭和殉難者」と位置づけた。

少なくとも日本国内においては犯罪者ではないのだ。

したがって、日本人がA級戦犯を合祀する事も参拝することもまったく問題ではない。さらにそれ以外で(たとえば政教分離など)で中共や韓国から批判されようとも罪の意識はない。なぜなら国に殉じて亡くなった方々をどう祀るかという問題はその国の究極の内政問題であるから、個々人がそれぞれの内なる良心に声を傾け、参拝してもいいし、しなくてもいい。

野田佳彦よ、靖国参拝問題について議論しようとするなら、少なくとも論点を提示すべきだ。

野田ら民進党はなぜ、靖国参拝を問題視するのか。民進党内にも毎年靖国神社を参拝する議員は大勢いるじゃないか。まずは党内で議論を煮詰めるべきだろう。

まぁ、突き詰めて議論すれば民進党が崩壊してしまうから出来ないんだろうが。

それから・・・年を追うごとに中共と韓国が靖国参拝を問題視する範囲が拡大するのは一体なんでなのだろう。

中曽根康弘元総理の時代には、中共も韓国もさらには日本国内のパヨクメディアも総理大臣の参拝しか批判しなかった。それが最近になると主要四閣僚(総理、官房長官、外務大臣、防衛大臣)の参拝が批判されるようになっている。さらに今となってはすべての告解議員の参拝が批判の対象となっている。

繰り返すが参拝しているのは自民党議員だけではない。民進党の議員だって同じなのだ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 野田佳彦 靖国神社参拝 靖国神社 靖国

政治利用してる二人

28年12月29日配信の産経WESTの記事を引用する。


 民進党の野田佳彦幹事長は29日夕、党本部で「天皇陛下譲位」をテーマに漫画家の小林よしのり氏と対談した。同党がインターネットの動画サイト「ユーチューブ」や「ニコニコ生放送」などで配信した。

 野田氏は対談の中で、天皇陛下譲位への対応を検討する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が、一代に限った譲位を認める特別措置法を推す方向で意見集約を進めていることを問題視。「天皇陛下のお言葉は『私のために法整備してほしい』という思いで語られていない。皇室の安定的継承も踏まえて言われている。一代限りとするのはおかしい」と批判した。

 さらに「政争の具にしてはいけないが、議論しないこととイコールではない」とも述べ、与野党が国会で早急に議論すべきだと主張した。

 また、野田氏は有識者会議のヒアリングで、譲位に反対する専門家から「宮中で国と国民のために祈ってくだされば十分」などの意見が出たことに不満を示し、「天皇陛下は災害があるたびに被災地訪問を続けてこられた。この行動に国民は共感し、敬愛するようになってきた。それが『宮中にいてお祈りだけしていればいい』なんて言う人は失礼千万だ」と語気を強めた。

 象徴天皇のあり方や天皇陛下をはじめとする皇族方の人権についても言及し、「まったく人権のない形で象徴としての天皇をお願いすることが可能なのか。皇位継承者に嫁ぐ女性は、男の子を産む『機械』にならなければならないのか。本質的な議論をこれからやらなければならない」とも語った。



引用ここまで。


特例法でなく皇室典範憲法改正などを目指すとしたらどれだけ時間がかかるのか。とりあえず今回は特例法にしたらどうなの?。

天皇陛下ご一家の方々の基本的人権が制限されるのもこれまた当然だ。
人権が制限されてるそのお立場で常に国民の安寧を願い、日本国民を代表するお立場で国外にまで行かれて相互の交流を深めてくださっている・・・そんなに大変なご公務を努めておられるからこそ、国民は天皇ご一家をありがたく思うのではないのか?

それにしても野田佳彦、民主党独自に自分らの案を固めたらしいな。

結局政争の道具にしているのはオマエらじゃねぇかよ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 野田佳彦 小林よしのり 譲位 天皇陛下 皇室典範 憲法改正

蓮舫のアピール

28年12月29日配信の毎日新聞web版の記事を引用する。


 「きょうが仕事納めのはずなのに、きょうも明日も地方出張。ぜひもっと優しい日程を来年は組んでいただきたい」--。民進党の蓮舫代表=似顔絵=は28日、党職員を集めた仕事納めでこう語った。蓮舫氏は9月の代表就任以降、早期衆院解散も予測される中で各地を駆け回っており、自身の過密スケジュールをぼやいた。

 蓮舫氏は街頭演説などでの「発信力」で支持拡大を図ろうと、ほぼ毎週末地方に出張。この日も仕事納めの後に愛媛県に移動し、次期衆院選の公認内定者を発表した。29日には新潟県糸魚川市の大火現場を視察する。

 民進党の支持率は今月の毎日新聞世論調査で9%と蓮舫氏の就任前からほぼ横ばいだ。



引用ここまで。


いるんだよね、こういうふうに「忙しい自分」をアピールするヤツ。

でも、レンホーがどれだけ頑張っても支持率は伸びないという現実。

野党第一党の支持率が10%未満では日本の政治が活性化しない。

情けない。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

パヨク連戦連敗中

m28年12月29日配信の毎日新聞web版の記事を引用する。


 稲田朋美防衛相の靖国神社参拝について、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は28日、「日本の防衛相が真珠湾攻撃による犠牲者の慰霊式典から帰国してたった1日後に、戦時中の軍国主義をたたえていると近隣諸国が見なす神社を訪れた」とし、韓国がさっそく抗議の意を示したと報じた。

 同紙は「政府高官による靖国参拝は、戦中の侵略行為を日本が完全に償う意思がないことを示しているとする中国や韓国の怒りをしばしば買う」と紹介した。


引用ここまで。


日本のマスコミには言論機関としての自覚がないのだろうか。

今回も米国紙や韓国紙の論調を紹介するだけで安心してしまっている。靖国参拝については
「A級戦犯の合資がこういうふうにいけない」
とか、
「政教分離についてはこういうふうに問題がある」
というふうに本質的なところで議論すべきだ。

そうしなければ国内での議論が深まらない。

パヨク勢力は最近言論空間で連戦連敗中であるから恐いのだろうが・・・



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 稲田朋美防衛 靖国神社

歴史認識戦に勝て

28年12月28日配信の12月29日配信のライブドアニュースを引用する。


 稲田防衛相が29日朝、今年8月の大臣就任以降、初めて東京・九段の靖国神社を参拝したことを受けて韓国と中国の反応。

 韓国の聯合ニュースは日本メディアの報道を引用して速報した。安倍首相の真珠湾訪問直後の参拝であることを指摘し、「戦争犠牲者を慰霊しながらも一方では加害者である戦犯が合祀(ごうし)された場所を参拝した」「真珠湾訪問が、誠意に欠けた“パフォーマンス”にすぎない、という批判が出ている」と伝えた。

 一方、中国も、共産党機関紙系の「環球時報」が電子版で、日本メディアの報道を引用して稲田防衛相の靖国神社参拝を速報で伝えている。



引用ここまで。


ちょうど今、TBSの夕方のニュースでキャスターの竹内明と佐古忠彦が靖国参拝を伝えている。その様子はまるでお似合いの夫婦漫才のよう。よくできた台本だわい。彼らの言うことには

「中共そして韓国が今回の靖国参拝を批判している」
という当たり前の事実を受けたその上で
「真珠湾での安倍総理が『和解』を強調したコトが台無しになった」
とか。

では1年後に参拝すればいいのだろうか。行けば許されるのだろうか?、2年年後に参拝すればいいのだろうか。そんなワケはない。いつ行ったって中韓と米国パヨクメディアは日本を批判するのだ。

なぜなら中共韓国そして米国パヨクメディアは日本叩きを出来る歴史認識カードを手放したくないのだから。

それにしてもTBS、言論機関として情けなくはないか。賛成であるのか、反対であるのか自分たちの主張を堂々と唱えればいい。中韓のメディアが批判するのは当たり前だし、それに乗っかってマッチポンプ的に国内に垂れ流すのは卑怯じゃないのか。

靖国神社参拝問題の本質それは・・・
1.A級戦犯の合祀の問題。
2.政教分離の問題

この二点に絞られる。今日ここで議論するのはめんどくさいので止めておくが、ふたつともクリアされている。

稲田大臣言うとおり、これは心の問題なのだ。国に殉じた方々をどう祀るか・・・それは究極の内政問題であるし、政治的に利用されるべきでは絶対にない。

中国韓国は日本の駐在大使を呼んで厳重に抗議したらしい。そんなことに日本人はぶれてはいけない。

日本にだって譲れないことはあるのだ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 稲田朋美防衛大臣 靖国神社参拝 靖国参拝問題 A級戦犯合祀問題 政教分離

薄っぺらい保阪正康

28年12月28日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 真珠湾奇襲攻撃によって太平洋戦争が始まり、アジア太平洋地域で1千万単位の人々の命が失われた。私たちの国はどんな教訓を学んだのか。首相の演説の眼目はそこにあったが、真珠湾という「点」からしか語られず、深みはなかった。

「和解の力」という言葉は美しいかもしれないが、日本は米国とだけ戦争したわけではない。「点」から「面」へと拡大した戦場では東南アジアや中国の人々らが犠牲になった。首相の演説は戦争の一部だけを切り取り、ポエムのように語っている感じだった。

 学ぶべき教訓とは、政治が軍事をコントロールできなくなると人々をどれだけ不幸にするかだ。それを人類史の教訓として語れば、首相は謝罪という言葉を使わずに死者を悼むことができたはずだ。ただ支持率の高い首相の演説は、日本人の平均的な戦争観の反映とも言えるかもしれない。



引用ここまで。


さすが朝日新聞。安倍総理がまたもや外交的成果に悔し紛れに保阪正康なる作家を持ち出したのだろう。

保阪正康は
真珠湾という点、アジア全域という面」
というのだが、安倍総理よりも保阪正康の方が作家であるくせに言葉が稚拙であるのはどうしてなんだろうか笑。

今回の訪米は日米同盟の強固さを確認するためのものだ。東南アジア諸国に言及したらその主旨がブレる。

批判一辺倒である中国韓国と違って、米国はいつも日本を安全保障上、そして経済の面からも重視してくれている。少なくともコレは事実だ。安倍総理はそのアメリカの
「和解の精神」
を最大限に持ち上げ、その上で、
「日米関係をさらに強化する必要がある」

と、国際社会に宣言して見せたのだ。こんな力強いスピーチが過去の総理大臣の口から聴けたことがあるだろうか。

日本にとって米国はこれからもずっと安全保障上の基軸である。

ところが、東南アジア(保阪のいう面)と米国は様相がやや異なる。それを意図的に一緒くたにして安倍総理をバッシングする・・・保阪正康、信頼ならない。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 真珠 真珠湾訪問 真珠湾

安倍総理の真珠湾訪問

28年12月28日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 米ハワイを訪問中の安倍晋三首相は27日午前(日本時間28日早朝)、オバマ大統領とともに真珠湾のアリゾナ記念館を慰霊のため訪問した。犠牲者の名前が刻まれた壁に献花し、黙禱(もくとう)を捧げた。日本の現職首相が同記念館を訪れ、慰霊を行うのは初めて。日米両首脳はその後、真珠湾で演説し、首相は「日米の和解」を強調した。


引用ここまで。

安倍総理のスピーチの核心は
「米国のおかけで高度成長を成し遂げ、やっとの思いで和平を確立した」
「これから先の世代がいつまでも負い目を感じてはいけない」

朝日や毎日、東京各紙はさぞ悔しかろう。悔しすぎて舌かみ切って死にたいくらいなんだろうなwww

安倍総理はもちろん、謝罪をしに真珠湾を訪れたわけではない。米国でもそんな声は盛り上がってない。安倍総理が『寛容と和解』の重要性を訴え、大方の人の賛意を受けたのだ。



日本人は今さら原爆投下について謝罪を求めたりはしない。アメリカ人も真珠湾について謝罪することを要求したりはしていない。

オバマもそれに答え、
「日米同盟は世界で最も重要な二国間関係だ」
とした。トランプに対するけん制とみられるオバマの態度を見た中共そして韓国はどう見るのか。うっかり批判すると、国際社会で孤立するぞ。

それに対し唯一批判して見せたのが例の玉川徹(阿呆)だ。
「75年といえば対米追従が始まった年ですよ」
こいつ、どうゆう計算してんだ?

「そして間もなく辺野古の埋め立て工事が始まる」
「翁長雄志沖縄県知事以下県民がみな反対なのに、基地はなくならない」
全然違う話じゃん。オマエはなんの話してんだ?支離滅裂だぞ。

安全保障の問題と安倍総理の外交上の成果とのあいだには5万kmほどの開きがあるわい。オマエ、いつの間に中空間に達してたんだ?

安全保障については国の専権事項だ。いざ有事となった場合、翁長雄志が責任取れるのか?

いい加減にしろよ。

福島瑞穂は安部ドクトリンともいえる昨年の安部談話で
「我々の孫の代まで謝罪の責を負わせるわけにはいかない」
というコトだった。昨年のオバマの広島訪問、そして今回の安倍総理真珠湾訪問ともに、そういう安倍総理の強い意思が反映されている。

それに対し福島瑞穂(頓珍漢女)は
「永遠に謝罪すべき事があるはずです!」
と喚いたが・・・そんなバカ女は相手にしても疲れるだけ。

それより福島瑞穂と蓮舫の証人喚問はまだなのか?



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 安倍総理 真珠湾訪問 オバマ メルケル

詐欺師小池

28年12月26日配信の NHK NEWS WEB の記事を引用する。


東京オリンピック・パラリンピックの開催費用をめぐり、組織委員会が会場を抱える自治体などにも負担の一部を求める案を示したことを受けて、関係する自治体のトップらが東京都の小池知事に対し、計画どおり組織委員会が全額負担するよう求めました。
小池知事は、来年3月までに一定の結論を出したいという考えを示しました。
東京大会の開催費用をめぐっては組織委員会が招致段階では全額負担するはずだった仮設施設の整備費と大会の運営費などのうち、最大で9500億円の負担を東京都と政府、関係自治体に求める案を示し、自治体側が「当初の計画と異なる」などと反発しています。

こうした中、神奈川県の黒岩知事など、東京都以外で会場を抱える10の自治体のトップらが26日午前、東京都庁を訪れ、小池知事に対して、大会にかかる費用負担は、計画どおり、組織委員会が全額負担するよう求めました。

神奈川県の黒岩知事は「当初の原理原則が変わるのではないかと不安がある」と述べたほか、埼玉県の上田知事は「水面下で色んなにおいや煙が立っている。こうした活動をしないといけないこと自体が不快だ」と述べました。

これに対して小池知事は、関係する自治体と都、政府、組織委員会の事務レベルで情報の共有を図るとともに負担の在り方などを協議するほか、年内に副知事ら都の幹部を関係自治体に派遣してそれぞれの事情を聞くことを説明しました。

小池知事は「開催都市としての責任を重く受け止め、全力を挙げていきたい。これからは時間との勝負であり、年度内に負担の大枠を決めたい」と述べ、来年3月までに一定の結論を出したいという考えを示しました。

一連の要請のあと神奈川県の黒岩知事は「費用負担の新たなルールをあとから作ると言っても、『はい、そうですか』と認めるわけにはいかない。東京都の小池知事は今年度中に決めると言ったが、それでも遅すぎる。できるかぎり早く決めてほしい」と述べました。

東京オリンピック・パラリンピックの費用負担の在り方をめぐって要請に訪れた埼玉県の上田知事は記者団に対し、「費用負担の話はいまさら議論する必要のない話だ。関係自治体は体制作りなどソフト面の費用もすでに負担しているので、原理原則はしっかりと守っていただきたい」と述べ、会場を抱える自治体に負担を求めるべきではないという考えを改めて示しました。

また、小池知事から、都の幹部を派遣して自治体側の事情を聞くと説明を受けたことについては「関係自治体から話を聞こうという姿勢は評価したいが、費用負担の話であれば意味はない」と述べました。



引用ここまで。


そもそものルール、原理原則はどうであったのか。仮設のものは組織委が負担するという話だったのではないのか。これじゃぁ究極の後出しじゃんけんじゃないか。関係自治体の首長は当然のことだと思うが、マスコミの反応はさっぱりだ。

いまだに小池を持ち上げているのだが・・・なんなんだ、このなまあたたかさは。

この女、開催候補地を変更しようとしたとき、
「レガシーレガシーといっても負のレガシーを残したら何の意味もない」
と、もっともらしい主張をしていたはずだ。

それを今度は「負のレガシーになっちゃうから」と言ってなし崩し的に地方自治体に負担を負わせようとしている。いくらなんでも無理があるだろう。

ルール原則を反故にして、関係各自治体に負担を押しつける・・・小池は「準開催都市」「オールジャパン」という欺瞞的な言葉で表現するが・・・小池、やはりコイツは独裁者だ。

小池は関係各自治体関係者を向かい入れるときに、
「決めたのは私ではなく以前の都知事なんですけどねぇ・・・」
などとまるで自分には非がないかのように言う。

じゃぁ、今回のように後出しじゃんけん的に都以外の自治体に負担を押しつけたのは誰の決断なのか。小池しかいないだろうが。

ところで小池が「準開催都市」に押しつけるお金の根拠はなんなのか?自治体がもっとちゃんと積算してみたら予算が膨れあがる可能性もある。3月と言えば「準開催都市」はすでに新しい年度の予算案が成立しているはず。今さらそんな話を持ってこられても遅すぎる。

関係自治体の関係者(上田知事だったか?)がやはり都議会自民党の言うとおり、自分たちのところに話が来る前に、いきなりマスコミにリークされていた。小池はしょっちゅうそういうやり方をする。議会に諮るよりも前に、まずは関係者にもらすよりもマスコミにリークして関係自治体の使い逃げ道を塞ぐ。

「東京だけでなく、オールジャパンでもって成功させなければなりません」

小池の口から吐き出されるこうした言葉は、マスコミにとって心地よいモノに見えるらしい。小池はこの問題だけでなくたの様々な問題でマスコミ受けがいい。そして、先日の公明党の裏切りに続いて、今度は「新風都議会自民党」なる「三人の侍」が自民党を裏切って新会派を結成した。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 準開催都市

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR