変節???

29年2月22日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事は22日の県議会で、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)について、「現状では強い対応を取る必要はない」と述べ、昨年8~9月に2度にわたって九電に求めた原発の即時停止を改めて要請する考えがないことを明言した。

 三反園知事は昨年7月の初当選後、熊本地震後の県民不安の高まりから「安全が確認できない原発は動かせない」と表明。直ちに停止し安全性を再検証するよう九電に要請した。拒否されると事実上断念。定期検査で停止した川内1号機は九電の計画通り昨年12月に運転再開したが、県が設置する第三者組織「原子力安全・避難計画等防災専門委員会」の判断によっては「強い対応を取る」と述べていた。

 専門委は今月16日、1号機について、九電が定検と並行して実施した「特別点検」の結果も踏まえ、「熊本地震の影響はなかった」とする意見書を提出。三反園知事は22日、県議会代表質問で「専門委から問題があるとの意見は出されなかった。従って現状では強い対応を取る必要はないと判断している」と答弁した。

 三反園知事は即時停止要請を拒まれると、停止にこだわらず、九電が代わりに実施すると約束した「特別点検」を重視する姿勢に転換。「私に稼働させる、させないの権限はない」などと述べ、1号機の運転再開を事実上容認するとともに、安全性の判断を専門委に委ねていた。(中島健)



続いて2月24日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 九州電力は23日夜、定期検査で停止中の川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、運転を再開した。27日をめどに発電も始め、3月24日には定期検査を終えて、通常の運転に戻る予定だ。

 九電によると、23日午後9時半、核分裂反応を抑える制御棒を抜く作業が始まり、原子炉が起動した。2号機の運転再開は、検査に入るため原子炉を止めた昨年12月16日以来だ。1号機は1月6日に定期検査を終えて、通常運転に復帰している。

 川内原発を巡っては鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事が昨年、2度にわたり即時停止を九電に求めた。しかし三反園知事は今月22日の県議会で、「現状では強い対応を取る必要はない」と述べ、即時停止を改めて要請する考えがないことを明言している。(柴田秀並)



引用ここまで。


三反園は
「「私に稼働させる、させないの権限はない」
という。だがそれは県知事選出馬前にとっくにわかっていなければおかしい。これだからおこちゃまパヨクはアテにできない。何度でも言うが、国のエネルギー安全保障政策は国の専権事項だ。三反園なんぞに口を挟む権限もなければその責任を背負うコトもできない。

三反園は地元の有権者を裏切った。今すぐに辞任しなければ、辺野古に固執する翁長雄志と同じく、辞任に追い込まれるだろう。

毎日新聞は「看過できない変節ぶり」として昨年12月11日付け社説に取り上げたんだからお笑いだ。さらにはTBS『サンデーモーニング』。このニュースを読み上げた後に
「どうして方針が変わっちゃったんでしょうねぇ」
などと呆けた顔で言ってのけた。関口、本気でそう言ってんなら笑うしかない。変わるもへったくれもないだろう。

三反園訓は確か昨年7月都知事選で鳥越俊太郎に「エール」を送っていたのではないか?
「杉尾秀哉や私は政治の世界で頑張るつもり。鳥越さんもここで立つべきではないのか」
と無理矢理なことを言っていたっけ。

その後、鳥越は都知事選に出馬、見事に脱原発と憲法改正阻止を高らかに歌い上げた。挙げ句、落選した。

常識をわきまえた日本人であるならわかるだろうが、憲法改正反対も脱原発も都知事の権限で実行できるモノではない。鳥越はそれをやりたいのであれば国政に進出するべきだったのだ。

パヨクの連中は原理原則というものをわかろうとしないらしい。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 三反園訓

外交音痴はどっち?

29年2月18日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 日米首脳会談について、内外から羨望や賞賛が送られる中、民進党の蓮舫代表はゴルフ会談を前に「にこやかにゴルフに興じる日本の首相の姿は誇れるものではない」と批判していた。つくづく外交音痴とみた。

 安倍晋三首相とトランプ米大統領はフロリダのゴルフ場を2カ所はしごし、計27ホールを回った。時間にして約5時間、こんなに長い「会談」が実現できたことは驚異的で、国益に資することに疑問の余地はない。

 安倍首相とトランプ大統領は10日、ワシントンで首脳会談を行い「日米同盟および経済関係を一層強化するための強い決意を確認した」とする共同宣言を出した。

 日米同盟について「揺らぐことのない日米同盟はアジア太平洋地域における平和、繁栄および自由の礎である。核および通常戦力の双方による、あらゆる種類の米国の軍事力を使った日本の防衛に対する米国のコミットメントは揺るぎない。(中略)日米両国は、地域における同盟国およびパートナーとの協力をさらに強化する。両首脳は、法の支配に基づく国際秩序を維持することの重要性を強調した」と明記、まさに「満額回答」と言えよう。

 蓮舫代表は11日、安倍首相とトランプ大統領との「ゴルフ会談」を前に、トランプ氏が新たな大統領令による入国規制を検討していることを踏まえ、「(トランプ氏に)厳しいまなざしが向けられている中、にこやかにゴルフに興じている日本の首相の姿は誇れるものではない」と批判した。

さらに「日本だけが世界各国と歩調を乱して何とか経済で恩恵を受けようとしている姿に映ってはいけない」とも述べた。

 トランプ大統領は「ゴルフ」についてこう話す。

 「安倍首相とゴルフできるのは素晴らしいことだ。ゴルフの方が昼食よりも親しくなれるじゃないか」「ゴルフがうまいかどうかは問題じゃない。安倍首相が私のパートナーであることを確認するんだ」と。

 1957(昭和32)年6月、アイゼンハワー大統領は、首相として初訪米した岸信介首相をワシントン郊外のクラブでゴルフを楽しんだ。プレー後に笑顔で「大統領になると嫌なやつともテーブルを囲まねばならないが、ゴルフは好きなやつとしかできない」と話したエピソードはあまりに有名だ。

 これで日米が「占領国」対「被占領国」の関係から真の同盟関係となる転機となったのだ。ゴルフも外交の要諦であり、何事も軽軽に見るのは止めた方がいい。

 一方、野田佳彦幹事長は13日、入国禁止の米大統領令に関し、コメントを避けている安倍晋三首相を藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」のスネ夫に例えて批判した。

 野田氏は大統領令に懸念を示すイギリスのメイ首相やドイツのメルケル首相に触れ、「しずかちゃんは毅然としてものを言っている」と評価したうえで、「日本はのび太になるか、スネ夫になるかだ」と指摘。「のび太君はびびりながらもモノを言うことがある。(首相は)完全にスネ夫君になったと思われるのではないか」と批判したが、例え話がプロレスとか漫画では元首相の名が泣く。

 そして、日米首脳会談後初の論戦となった、14日の衆院予算委員会で民進党の主張は党内不一致だった。前原誠司元外相らが厳しく批判したのに対し、長島昭久元防衛副大臣ら保守系は評価した。

 「驚いた答弁ですね。猛獣に従順なチキンですよ」前原氏は質問の中で首相を痛烈にこき下ろしたが、相当に口汚い表現だ。

 前原氏の発言は、トランプ米大統領が、米大使館をテルアビブからエルサレムに移転する考えを表明していることを問われた首相が、「コメントは控えたい」とかわしたことを受けたものだ。また、首脳会談の結果にも「トランプ氏は『社会の分断』を作る。アンチも多い大統領と親密な関係になると、首相にも厳しい目が向けられる」と批判したが、根拠を欠く。辻元清美氏も「トランプ・リスクを懸念している」と切り出し「日本は憲法9条があるので、できることとできないことがある」と強調した。

 一方で長島氏は共同声明について、「同盟強化のため日米間の任務分担のさらなる見直しを明記した。一定の評価をすべきだ」と話したが、真っ当な見解だ。

 自民党の高村正彦副総裁が「最善の成果をあげた。野党がけなせば野党の支持率がそれだけ下がる」と述べたがその通りだろう。

 ちなみに日米会談について共同通信社が12、13両日に実施した世論調査によると、首脳会談を「よかった」と評価する回答は70・2%、「よくなかった」は19・5%だった。首相がトランプ氏の別荘に招かれてゴルフをしたことに対し60・2%が「適切だ」とした。

 「批判のための批判」を繰り返す政党は無用だ。世界の激変に付いてこれない政党は淘汰される。

 民進党はやっぱりズレている。

 (WEB編集チーム 黒沢通)



引用ここまで。

産経はいつも他紙とは違う視点を提供してくれる。他紙では、特に左翼系のメディアは安倍総理が手柄を挙げたなどとは悔しすぎて言えないだろう。

さて、蓮舫
「ゴルフ会談を前に「にこやかにゴルフに興じる日本の首相の姿は誇れるものではない」
との安定ぶり。産経の指摘するとおり、批判のための批判を繰り返す政党は必要ではない。共同通信の世論調査の結果は圧倒的に「首脳会談を評価する」だ。

蓮舫のこの言葉はおそらく事実とは違う。世界中のリーダーがトランプとの首脳会談を望望んでいるのだ。それはもちろん、トランプの移民難民排斥には賛成できないんだろうが、トランプから見放されたら自分たちの国益が危ない。欧米の安全保障もどうなるかわからないのだ。

トランプの別荘でゴルフをプレーしたという破格の待遇。野党や中共、韓国だけが安倍総理をディスってる。そのディスってる面々を見るだけで、そいつらが批判のための批判を繰り返しているのがわかる。

トランプによるゴルフ対談はただ単に「ゴルフに興じる」などというレベルのものではなかった。大事な課題についていろいろやりとりがあったのだ。だからこそメディアが盗撮すらできない地下階に閉じ込められたのだ。

安倍総理は第一に日本の国益のために交渉をしているのだ。
トランプは首脳会談のあるその日まで、
「日本は米軍の駐留経費を全額負担しろ」
「そうでなければ米軍は撤退する」
と散々脅してきた。トランプが安倍総理を厚遇するその日まで、おそらく日本国民はビビッていたハズだ。「そうでない」というヤツがいるとしたら、そいつは日本人ではない。

日本の安全保障は今まで通り日米軍事同盟が基軸となる。それを確認し合えただけで大成功と言える。

難民問題について安倍総理が米国に対して忠告するようなコトがあれば、トランプは返す刀で日本がイスラム系の移民も難民もほとんど受け入れていないことを指摘されるだけだ。そんなコトが言えるのであれば、民進党が言えばいいのでは。

蓮舫
「日本だけが世界各国と歩調を乱して何とか経済で恩恵を受けようとしている姿に映ってはいけない」
などという。何のことはない中共と韓国のメディアと歩調を合わせて、手安倍総理をディスってるだけなのだ。いつまでこういう旧社会党のような旧態依然のあり方を続けるのだろう。だから民進党は支持率が低下しているのだ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日米首脳会談 蓮舫

ウィーン国際条約違反

29年2月23日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 韓国釜山の日本総領事館前の歩道に慰安婦を象徴する「少女像」が設置された問題で、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相が歩道を管理する釜山市東区などに像の移転を求める公文書を送っていたことが23日、わかった。韓国外交省関係者が明らかにした。

 関係者によると、公文書は今月14日、東区のほか、釜山市や釜山市議会に送られた。少女像の位置が外交公館保護と関連した国際礼譲と慣行の面で望ましくないと指摘。より適切な場所に移す案について、政府、自治体、市民団体など関連当事者が知恵を絞る必要があるという政府の考えが説明されているという。

 尹外相はこれまでも、国会審議で公文書に記されたような政府の基本的な立場を説明してきた。ただ、実際にこうした内容を釜山市東区などに公文書で伝えたのは初めてだ。ただ、地元では少女像を守る運動が続いている。歩道を管理する東区庁長も像を保存する方向で検討しており、移転が難しい状況は変わっていない。

 一方で、日本政府が駐韓大使の一時帰国など対抗措置を講じている。韓国政府としても事態を打開するため、具体的な行動を示して日本側の理解を得ようとしたとみられる。

 日本政府の菅義偉官房長官は23日の会見で、韓国政府の動きと一時帰国させている駐韓大使の帰任時期の関係について問われ、「状況を総合的に判断して決めたい」と述べた。(ソウル=東岡徹)



引用ここまで。


朝日新聞はよぉ、偉そうなコト言う前に、自分たちが日韓関係をめちゃくちゃに破壊したんだと素直に認めたらどうか。オマエらが従軍慰安婦についてなにか言うのを見ていると、日本人年生まれてきた誇りを覚えると同意に、韓国というどうしようもない隣人と絶えずよろしく付き合っていかなければいけないと思うと、悲しくて涙が出てきそうになる。

ある人物がこんなことを自身のブログに書いている。
日韓合意においては、従軍慰安婦問題の象徴である少女像を撤去するということは交換条件ではない。」
「韓国側は努力目標だとしただけだ」

確かに日韓合意では努力義務にとどまった。だが、バカ言うんじゃねぇよ。韓国による少女像問題はそれ以前にウィーン国際条約第22条に違反するじゃねぇか。

韓国はこれからも自分たちにとって納得のいかない国際的合意、条約については破棄するというのであれば、それならそれでいい。韓国人が被害を受けるだけだ。

国際社会は韓国の出方を見ている。注意深く見ているぞ。

韓国は今まで以上に国際社会からの評判を落とすだろう。

変な言い方かも知れないが・・・あの日韓合意は朴槿恵大統領、尹炳世外相というコンビだったからなされた出来事なのではないかと思われる。
確かに朴槿恵は大統領就任当初は反日感情を煽っていた。日本側に従軍慰安婦問題を解決するように求め、さらにそれがなされないうちは首脳会談を拒否すると言っていた。

やがて韓国も経済的に日本に頼らないともたない情勢となったからこそ、日韓基本条約からちょうど50年になる平成27年12月に日韓双方が双方が折り合えるところで合意がなされたのだろう。
その当時はマスコミは「日韓関係の改善の兆し」として大歓迎したものだ。左翼マスコミを除いて、の話だが。

左翼マスコミは、自分たちがせっせとまいてきた日韓関係悪化の種を台無しにしやがって・・・という感じで逆メシウマ状態なのではないか。しかもこんな功績を挙げたのが、あの憎き「歴史修正主義者安倍晋三」でなのだから。

朝日新聞は一昨年8月5日6日の従軍慰安婦問題についての自身のそれまでの報道は誤報だったとして訂正した。そしてその中で

『現時点では朝鮮半島において、強制連行の根拠となる事実を示資料は見つかっていない』

と、明確に言っている。

コレが本当なのであれば・・・朝鮮半島出身の従軍慰安婦など存在せず、いたのは売春婦のみ・・・というコトになる。確かに従軍慰安婦は自分の体を売って報酬を受け取っているのだ。それは旧帝国陸軍の大将並みだったとも聞く。そもそも日本は昭和31年まで売春は合法だったのだ。

韓国人が主張する従軍慰安婦など存在しない。ただの売春婦が戦線にいたことは認める。当時の日本は売春が合法であって女性の体を売り買いすることは合法だったのだ。

女性たちは慰安婦になりたくなければそれはそれで許された。

もっと不思議なことがある。朝鮮半島でそうであったとおり日本でも売春は合法だった。ならなぜ、日本国内の従軍慰安婦が見つからないのか。こんなバカな話があるのか?

おいおい福島瑞穂よぉ、オマエらはなんで韓国人の従軍慰安婦ばかり問題にするんだよ。日本人にだって慰安婦はいたんだろ?



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>


テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 少女像 従軍慰安婦問題 釜山 日韓合意 売春婦 報酬

蓮舫の裏切り

29年2月23日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 民進党の蓮舫代表と党最大の支持団体・連合の傘下労組「電力総連」の幹部は17日に都内で面会し、民進党が次期衆院選公約として検討中の「2030年原子力発電ゼロ」をめぐり意見交換した。主なやり取りは次の通り。

 

 

 蓮舫代表「3・11(東日本大震災)から6年になる。翌日の12日が党大会だ。一つの方向性として『一定の幅』は示したいとお願いした。ただ、結論ありきではない」

 電力総連「報道で『2030年原発ゼロ』と出てしまった。唐突すぎるし、幅広い意見集約がなされていなかったと受け止めている。昨年9月の党代表選前に蓮舫氏と話した経緯からすると、釈然としない。仲間は相当怒っている。民進党支持から電力総連は出て行ってもいいという仲間もいる」

 電力総連「情報の出し方もまずく、現場は大混乱している。エネルギー政策は国家の屋台骨であり、それを決め打ちするような議論になると、国民の目線では『民進党、駄目だよね』ということになりかねない。前回(平成26年)衆院選で約100人を推薦したが、このままの流れで3月12日となれば、白紙に戻さざるを得ない」

 玄葉光一郎エネルギー環境調査会長「全て私の責任だ。3・11から6年たち、情勢変化も踏まえ目標をより高く持つか持たないかきちんと議論したい。電力の皆さんが全く立っていられないようなことは考えていない。今ある党の方針の法案化も駄目か」

 電力総連「法案で『あらゆる資源を投入する』などの文言を入れても、必ず具体的な話を問われる。もう少し整理し議論した上で対応すべきだ」

 蓮舫氏「省エネルギー、再生可能エネルギーの技術は相当進んでいる。そうしたファクト(事実)を示しながら議論している。今、決め打ちしているものはない。分かり合える部分で協力いただきたい」

 電力総連「この5年余りで一般家庭の電気料金は25%増だ。2020年以降の地球温暖化対策の国際的な枠組みとなる『パリ協定』では、日本は原発が30数基稼働している前提だ。さまざまなことを多面的に議論に乗せてほしい」

 蓮舫氏「政治は生き物。国際情勢や経済の影響を踏まえ随時アップグレードする。『明日すぐゼロ』と言う共産党と一緒にする気はない。現実的な政策の方向性は示さないといけない」

 電力総連「ポスターを貼りに行っても民進党は駄目だといわれる。そこをはいつくばって努力している。エネルギー政策に限らず足元が揺らいでいる。現実的な政策を進め、執行部も歯を食いしばって頑張ってほしい」



引用ここまで。


蓮舫が『ファクト』という言葉を使ったのはおそらく小池を真似したんだろう・・・と思っているのはオレだけじゃないだろう。なんなんだよ、コイツ小池が人気者だからというコトでそれを真似するなんて情けないを通り越して笑える。

2030年原発ゼロ」と政策に掲げれば国民有権者がなびいてくれると思っているのだろうか。有権者の問題意識はエネルギー政策だけではない。シングルイシューで勝てるほど甘くはないのだ。

電力総連関係者の言う
「この5年余りで一般家庭の電気料金は25%増だ。2020年以降の地球温暖化対策の国際的な枠組みとなる『パリ協定』では、日本は原発が30数基稼働している前提だ。さまざまなことを多面的に議論に乗せてほしい」

オレは初めてパリ協定は日本の原発が30基稼働していることが前提であることを知った。

電気料金の高騰は原発が止まっていることが原因だ。これでアベノミクスを批判しようとする方がおかしい。原発を再稼働すれば企業も助かるし、消費税増税の分も取り返せるという試算もある。

共産主義者の巣窟である共産党と組み、最大の支持母体である連合を裏切る・・・民進党は何をどうしたいのだろう。

なにか政策を掲げるにしても、勝たなければ意味はない。そして、勝ってしまった後に安保法制や特定秘密保護法、共謀罪などは当然だが廃止できなくなる。政権に就いたらそんなコトできないからだ。

蓮舫(バカ女)は
「結論ありきではない」
と言っているのだが、それならなぜマスコミにそれの情報を漏らしたのか。これでは民進党は『2030年原発ゼロ』が既定路線なのだろうと言われても弁解の余地はない。

できもしない公約は掲げない方がいい。

もっと深刻なのは民進党内の分裂危機だ。もちろん旧民主党でも右から左まで、よく言えば「多様性のある政党」、悪く言えば「バラバラでまとまりのない寄せ集め政党」というところだろう。消費増税で喧嘩別れした小沢グループ、旧民主党に見切りをつけて維新に合流したグループ、そして共産党と選挙協力しようとする勢力と、それを嫌がる勢力・・・

寄せ集め政党である民進党、支持母体を怒らせてしまったらどうやって生きていくつもりなのだろう。だから蓮舫ではダメなのだと言っているのだ。オレは素人だから言うのだが・・・次の衆院選でその負け方次第では再び分裂の危機があると思うのだが・・・

共産党と組み、電力総連を裏切りそうな蓮舫率いる民進党。

もし衆院選で負けたなら、蓮舫は責任をとる覚悟はあるのか。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 電力総連 2030年原発ゼロ パリ協定

テレ朝の変節?

2月25日のテレ朝夕方のニュース。

テレ朝はいつからカジノ積極派になったんだ?・・・この日、日本でカジノ投資に関するセミナーが開かれ、国内外から多くの投資家が集まった・・・テレ朝の次子アナちゃんが、笑顔でそう語る。

ん、テレ朝はいつからカジノ賛成派に寝返ったんだ?

海外のある投資家は
「日本は世界でも2番目のカジノ大国になる可能性がある」
と、インタビューに答える。

そんなコト言われなくてもわかってる。日本人のギャンブル依存症の圧倒的多数がパチンコ依存だ。テレ朝はじめパヨクマスコミはそこを隠蔽する。

いや、パヨク勢力だけではない。すべてのテレビ局がパチンコCMの恩恵に預かっている。パチンコ依存症がなくなったら困るのだ。

ギャンブル依存症をどうにかするためには、まず最初にパチンコ依存を何とかしようと思うはずだ。ところが与党自民党も野党第一党の民進党も、まったく取りかかろうとしない。

競馬や競輪、オートレースや競艇その他が近所にあるという地区は、ほとんどないだろう。それに反して、パチンコ屋は主要な道路を自動車でしばらく走れば、何軒も見ることができる。
民進党のバカな連中はカジノ法案を通す前にギャンブル依存対策を確立しろと要求するのだが、既存のギャンブル、特にパチンコは無罪放免にしてしまう。

かくして日本からパチンコ依存症がなくなるというワケだ。こうしてパチンコの既得権益に預かる連中は美味しい汁を吸い続けることになる。

この辺の事情は自民党、民進党によらない。

情けない。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : カジノ法案 ギャンブル依存症 パチンコ パチンコ依存症

木下氏のファインプレー

 まずはこの問題に関する維新会木下智彦議員の、2月23日の国会質疑の模様を見てほしい。



2017朝日新聞_森友学園_疑惑.jpg


29年02月23日維新の会木下智彦委員による予算委員会での国有地払い下げについての質疑

「(朝日新聞の報道によると)豊中市は国有地の買収のために14億2,000万円支払ったという。だが、実際に14億2,000万円を豊中市が負担したのか、というとそれは違う。私これ豊中市から引っ張ってきたが・・・

14億2,000万の内訳。これですね7億1,000万円が公庫補助金、住宅市街総合整備事業ということで7億1,000万円国から補助金が出てるんです。で、プラス臨時交付金、地域活性化公共投資6億9,000万円出てる。そして、ですね、豊中市の負担額はですね、なんと2,000万円なんですよ。」

この話題が関心を集めるのはこれまで、同規模の土地を豊中市が14億2,300万円で取得していたにも関わらず森友学園が1億3,400万円と破格の金額で取得していたと報じられていたためで、2月9日の朝日新聞はこれを「学校法人に大阪の国有地売却 価格非公表、近隣の1割か」というタイトルで報じ、これまでにFacebookだけで13,000回以上シェアされるほどの反響が集まっている。」


要するにこういうことでした。朝日新聞の「勇み足」だったのか、それともヤツらお得意の「捏造」か?最近は朝日新聞に加えて毎日新聞もここに加わっているが・・・安部一派を追い落とすことが目的だとは言えこういうやり方をマスコミに好き勝手やらせているのだから、国民有権者も舐められたものだ。

とりあえず森友学園が抱えていた「金の疑惑」については説明がつく。

そして、この問題について安倍総理と昭恵夫人が関わっているという「疑惑」。なんだかこの疑惑の二重構造とでも言うべきものがパヨクのパヨクたる所以であって・・・森友学園の金の疑惑について首相夫人も「疑惑」を抱えているという、どうしようもない「疑惑」。

コレについては安倍総理が逐一国会で説明をしているし、いちいち説明をする必要すらない。

安倍総理のいわゆるこの二重構造の疑惑は朝日新聞をはじめとするパヨク勢力の得意とするレッテル貼りなのだ。国会でのやりとりのニュースでパヨクの連中が
「安倍総理が気色ばんで・・・」
と面白がって報じるのだが、こんな「疑惑」をふっかけられて怒らない方がおかしいだろう。

さらに、この種の「疑惑」は、それを追及する側が根拠、証拠を示すことで安倍総理を追い詰めるコトでしか真相は暴かれない。悔しければ反撃を喰らう前にそれくらいのことをして見せたらどうか。

これさぁ、誰がどういうふうに「オチ」をつけるのか。民進党はいつまで安倍総理を追及するのか。もし森友学園の疑惑が真実であったとしても、そこに昭恵夫人が関わっていたと主張するのは無理筋ではないのか?昭恵夫人は名誉職だ。名誉職の校長がどうやってらこんなことをできるというのか。

安倍総理は首相の座も国会議員の職も辞する覚悟だ、と言っている。このネタがガセであるなら、朝日新聞の社長は自ら辞職するんだろうな?

オレはド素人だから政界の裏事情なんてまったくわからないが、実に見事なタイミングでこの現場の近所に住んでいる国会議員が質疑に立ったものだと思う。維新の会からはときどきこういうヘルプというか助け船を出してくれる議員さんが現れる。もしかしたら、安部自民党に恩を売っているのだろうか。

だからこそ、マスコミは隠そうともせずに
「維新の会は自民党の補完勢力だ」
と、マスコミが悔しそうに恨み節を投げかけるのだろうが・・・

それにしても民進党議員からの質疑に応じた麻生太郎氏が、
「何を調子のいいこと言ってやがるんだよ」
と不敵な笑みを浮かべながら答弁していたのが実に爽快だった。そりゃそうだ。民進党の連中はなんの根拠もなく安倍総理や各議員たちを質問攻めにするだけなのだから。

それをわからないクソバカパヨク勢力は急に「よい子ちゃん」になって
「こんなの許していてはいけない。辞めさせるべき」
などと言って発狂しているのが笑える。

民進党よ、国民有権者は見てるぞ。民進党の議員のだらしなさとみっともなさを。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 森友学園 木下智彦 昭恵夫人 豊中市

蓮舫の逆ギレ

29年2月1日配信のiZa の記事を引用する。


 民進党の蓮舫代表(49)が国会開会中にツイッターを発信したところ、インターネット上で多数の批判を受け、1日までに「過剰反応するツイートに愕然(がくぜん)」と逆ギレともとれるツイートをした。蓮舫氏は以前にも週刊誌にスマホを国会審議中にいじる姿を撮影されている上、民進党は今国会の審議中、安倍晋三首相(62)が質疑中にトイレに立ったことを批判していた。こうした経緯から「他人に厳しく自分に甘い」と蓮舫氏の姿勢を批判する指摘が相次いでいる。(WEB編集チーム)

 蓮舫代表は1月30日、「今日は、参議院予算委員会で私の質問、続いて福山議員、大塚議員が質問しました。(中略)担当大臣から納得できる答弁がなく、何度も委員会は中断」と成果を誇った上で、「私は公務もあり離席しましたが、その間のツイートに過剰反応するツイートに愕然」と批判のツイートに逆ギレともとれる再ツイートを行った。

 発端は、同日午後2時過ぎごろ、「福山議員のときに取り上げた共謀罪について、金田法務大臣が答えられず、委員会は何度も中断。今、大塚議員の質問に松本大臣が全く答えられず」と、予算委員会が進まない様子を安倍内閣への批判として、自身のツイッターに投稿した。

 折あしく、昨年12月15日発売の週刊新潮に「手元を書類ケースで隠しながら、スマホをいじっている」写真が掲載され、携帯電話の使用が許されるのは、衆院では「閣僚が危機管理に対応する際のみ」で、参院でも「あくまで緊急事態に限る」として、蓮舫代表の行為を問題視した「前科」もあった。

 一方で民進党は、1月28日、衆院予算委員会の審議の途中でトイレに立った安倍首相を「議会軽視だ」と批判した経緯があり、蓮舫氏の「過剰反応」との逆ギレツイートには批判が相次いだ。

 ネット上では「自業自得」「国民もなめられたものだ」「離席中なら良いのですか」と批判するツイートが相次ぎ、これに対し、1日現在、蓮舫氏はコメントしていない。



引用ここまで。


「他人に厳しく自分に甘い」という指摘は、まったくその通りだ。蓮舫に弁解の余地はない。だからこその捨て台詞なのだろう。
そしてなぜ、
「過剰反応するツイートに愕然(がくぜん)」
などと呟いてしまうのか。たったひとこと「不適当だった」とした上で、削除すればそれで済む話であるのに・・・

記事中にもあるが、安倍総理がトイレに立ったことについて「国会軽視だ」というのであれば、自身の国会審議中のスマホいじりも「国会軽視」に当たるだろう。

その程度のことにすら気づかない蓮舫には驚かされる。だからオレはこのブログで繰り返して言うのだ。ヤツが野党第一党の党首に選ばれたことが間違いだったというコトを。

書類ケースで手元を隠しながらツウィート?・・・授業中に早弁しているクソガキとまったく同じだ。

野党第一党がこの体たらくでは今度の衆院選もやっぱり・・・




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 蓮舫 スマホ

また「日本死ね?」

昨年の流行語大賞にノミネートされた「保育園落ちた 日本死ね!」というとんでもない言葉。しかもそれを国会で取り上げたから?ということで民進党山尾志桜里が授賞式に登場した。

国会議員が「日本死ね」だと?この辺の感覚には愕然とさせられる。

審査員がパヨクで占められているので当然かも知れない。同じ理由で『二重国籍問題』や『ガソリーヌ山尾』などといったよりタイムリーな言葉は選ばれるわけがない。

審査員のひとり俵万智は自身のTwitterに
「その毒が、ハチの一刺しのように効いて、待機児童問題の深刻さを投げかけた。世の中を動かした。そこには言葉の力がありました。」
と投稿したのだが・・・「死ね」などという言葉を社会的に固定してしまったことの罪深さをまったく自覚していない。言葉のプロとしてあり得ない。

しかも、
「待機児童問題の深刻さを投げかけた。世の中を動かした。」
などという表現もまったく妥当ではない。

こんなもので世の中を変えられるわけがないだろう。

真性左翼だから、自らを生み育ててくれた日本という国に対して「死ね」などという品性の下劣な言葉すら喜んで受け入れるように日本国民を洗脳しようとする。

ヤツらは子供を心配するフリをして、「日本死ね」などと言う言葉を社会的に是認するよう働きかけた。だが、誰がどういう釈明をしたとしても、そんな「流行語」など認めるわけには行かない。ヤツらは一見して子供を心配するような顔をするのだが、子供の心配なんて一切していない。

ヤツらがしようとしているのは、純粋に思想闘争なのだ。

保育園に入りづらい状況が続いていることはもちろん知っている。今日もTBS夕方のニュースでもついさっきやっていた。

だが、なにか釈然としない。待機児童ゼロは確かに安倍政権でも重要政策の一部に掲げられている。その安倍総理が来年度中の実現は難しいと発言すると、山尾志桜里は
「今すぐに『待機児童ゼロ』という政策は撤回したと迷言していただきたい」
などと偉そうに言う。そんなふうに怒鳴らなくても安倍総理はすぐ目の前に座っているのだから・・・

もちろん安倍総理はそんな挑発には乗らない。山尾志桜里なんぞ、まだまだ小童にすぎない。

ところで山尾志桜里はどうして旧民主党政権時代に待機児童ゼロを成し遂げなかったのだろう。つくづく不思議だ。このクソ女、
安倍総理をそういうふうに追い込めば、大ブーメランが帰ってくるということをまだ学習していないらしい。

話が逸れた。

また、保育園建設予定地の近隣住民の反対運動も最近は厳しくなっている。

自分の子供が保育園に落ちたことで役所前でデモをする母親までいるが・・・その子供たちが全員受け入れられてしまったら、すでに受け入れられている子供たちが保育園にいられなくなるのだが、そのことはわかってやっているのだろうか。

また、保育園の保育士の増員がままならないのは、親のモンスターペアレンツ化にも問題がある。酷いところでは所内に監視カメラの設置を要求する親までいるのだ。唖然とするしかない。そして、やはり無理難題を吹きかけてくる。

保育士たちの待遇もそれほど高いわけもない。
当然保育士たちが辞めていくのは必然だ。

母親の試練は保育園に合格した後も続く。

保育園に通っている子供が病気したら、同僚に仕事を押しつけて休まなければならない。その辺、母親はかなりのプレッシャーを負うだろう。

ある保育園関係者は
「ウチでは土、日、休日の保育を受け入れている」
としたうえで、
「母親たちが仕事ではなく、いかにもこれから遊びに行くような服装をしていく」
と、呆れたように言う。

なによりも自分の子供は保育園に受け入れられて当然だ!と思い込んでいるのが不思議だ。去年の「保育園落ちた 日本死ね」の時もそうだった。

「一億総活躍社会じゃねぇのかよ」
「保育園落ちて自分は活躍できなくなったじゃねぇのかよ」

気持ちはわかるのよ。わかるけどさ、こういうふうに母親たちがとげとげしい、直情的な言葉を並べて叫ぶと、なにか違和感を覚えるのだ。それはきっとオレだけではないだろう。

「保育士を増やせ」とか、「保育園を増やせ」とか簡単に言っちゃうことがオレなんぞには理解できないのだ。

国家予算をどのように配分していくかについては、様々な議論がある。だが、保育園落ちたと言う親どもは、
「自分の子供は保育園に受け入れられて当然だ」
と思っているのだ。少なくとも被害者意識を抱えていることが、母親らの言葉の端々から認められる。

どうしてそんなことが言えてしまうのだろう。

日本の社会保障は保育だけでなく、介護や医療、生活保護や自立支援・・・などなど、さまざまな事柄に目配せしなければいけない。

安倍総理に対するヘイトスピーチもけっこうだが、保育園を探す母親らが
「自分の子供は保育園に受け入れられるのは当然」
「自分の子供が保育園に受け入れられるのであれば他の子供はどうでもいい」
などという認識を持ち続けるのなら、社会は変わって行かないだろう。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日本死ね 保活

民進後藤祐一がまた・・・

29年2月21日配信のYOMIURI ONLINE の記事を引用する。


 稲田防衛相は21日午前の閣議後の記者会見で、南スーダンで活動する陸上自衛隊の日報問題をめぐり、民進党の後藤祐一衆院議員が、説明に行った防衛省女性職員にパワハラ行為を行ったと明らかにした。

 防衛省によると、後藤氏は16日夜、議員会館に女性職員を呼び、17日の衆院予算委員会の質問に関連する説明を求めた際、威圧的な言動があった。

 後藤氏は21日昼の記者会見で「厳しい言い方をしたことで、大変迷惑をかけた。おわびしたい」と陳謝した。民進党の山井和則国会対策委員長は「(後藤氏から)謝罪したという報告は受けた。今後迷惑をかけることのないように気をつけたい」と語り、後藤氏を厳重注意したことを明らかにした。

 後藤氏は2015年6月、東京都内で酒に酔ってタクシーから降りず、運転手とトラブルになり、警察官が駆けつける騒ぎを起こした。



引用ここまで。


それについてもこのニュースを追いかけているのは読売だけのようだが・・・反日パヨクメディアはスルーする気か?

自分たちが応援している民進党についての不祥事は報道したくない・・・ってか?

後藤祐一は記事委にあるとおり、泥酔した上でタクシーに乗車して
「オレがおつりをもらわなければいけない法的根拠を示せ」
などと言って騒いだ。コイツの脳みそは「は虫類」並みに小さいんじゃないのか?耳掃除をすればコロコロコロと外に出て行っちゃうんじゃないのか?民進党山井和則
「今後迷惑をかけることのないように気をつけたい」
などと言うのだが、なんど同じ事を繰り返すのか。

民進党の指導が徹底していないからこういうコトになるんだろ?え、おい。

なんとか言ったらどうだ、蓮舫。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 後藤祐二 山井和則 防衛省 パワハラ

弱者ビジネス

29年2月18日配信のiZa の記事を引用する。


 東日本大震災で両親を亡くしたおい(15)の災害弔慰金や震災義援金などの財産を未成年後見人の立場を悪用して着服したなどとして、業務上横領や詐欺などの罪に問われた叔父で会社役員の島吉宏被告(41)=宮城県石巻市=に仙台地裁(小池健治裁判長)が、懲役6年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 震災で傷ついたおいを引き取り育てる心優しい叔父―。朝日新聞など一部メディアは“美談”として島被告の動静を繰り返し報じてきたが、その裏ではおいに残されたお金を自身の飲食店の開業資金に充て、その後もメルセデス・ベンツなどの高級車や高級腕時計ロレックスを買いあさり、食事は焼き肉にすしと豪遊三昧。島被告は、おいに残された金額のほとんどにあたる計約6800万円をたった3年間で使い果たした。

■「僕が捜しているよ」

 平成23年3月、震災から数日後の石巻市の避難所に1人の少年の姿があった。両手には家族の名前を書いたボード。津波に巻き込まれた家族を探し、懸命に歩き回っていた。

 島被告のおいは、震災前は石巻市内で両親や祖母、いとこ2人の6人で暮らしていた。地震後、家族で車に乗り込み避難を開始したが、車ごと津波に飲み込まれた。ひび割れた窓からいとこと脱出したが、津波で手が離れた。助けを求める家族の声が遠くなるのを聞きながら気を失い、気が付くと家族と離ればなれになって寝ていた―。

  避難所で家族を探す姿が震災から5日後の朝日新聞朝刊で取り上げられた。

 約1週間後、両親は遺体で見つかった。

 4月、おいは母親の弟である島被告に引き取られ、石巻市内のアパートでの生活が始まった。

 しかし、この時すでに、島被告は悪事に手を染めていた。震災で亡くなったおいの母親で自らの姉が、石巻市内で入院中だと偽り、銀行窓口で姉名義の預金通帳を再発行し、約120万円をだまし取った。

 おいを引き取った島被告は、仙台家裁石巻支部に未成年後見人の申し立てを行い、調査官の面接などを経て、震災発生から約2カ月後の5月16日、未成年後見人に選任された。

 判決文では、島被告がおいの両親がかけていた死亡共済金を受け取るためには、おいの未成年後見人になる必要があると説明を受け、申し立てを行ったと言及している。

 ■朝日「お答えすることない」

 朝日新聞はその後の様子も取材を続けた。記事中にはたびたび、「避難所で家族を探す姿が取り上げられたことをきっかけに、おいのもとへは全国から励ましの手紙、ゲームや漫画などの物資が届けられた」と記された。

 手紙や物資だけでなく、寄付金も寄せられた。捜査関係者は「寄付金が集まった一因は新聞報道」と話す。

 4月には、手紙を読む姿が報じられた。さらに6月には、オーストラリアの同世代の少年が書いた手紙が首相を通じておいに届いたことが新聞に掲載され、サッカー教室に通い始めたおいの姿も写真で紹介された。島被告は「親代わり」として紹介されている。翌年4月には、来日した少年とおいが交流する姿も報じられた。

 注目されたのはおいだけではない。23年9月25日、台風被害で被災した和歌山県那智勝浦町で島被告が泥の除去のボランティアに励む姿が、朝日新聞和歌山県版内で紹介された。3月16日の朝日新聞を読んだ読者から手紙や食べ物などがたくさん送られてきたことについて、「人の真心のありがたさが身にしみた」と話していた島被告だが、その一方ではおいに残された現金の着服を進め、真心を踏みにじっていた。

 島被告が犯行に及び始めてからも、その後4回にわたって継続取材をしてきた朝日新聞。取材の中で、島被告の犯行に気付くことができなかったのか。 同社広報部は産経新聞の取材に対し、「取材内容についてお答えすることはありません。また、事件についてのコメントもありません」と文書で回答を寄せた。

 ■殴る、ける、エアガンで撃つ

 未成年後見人は、親権のある親などが死亡した場合、代理人として財産の管理などを行う。生活費以外の目的で財産を使うことは禁じられているが、島被告はおいと自分の財産を区別しないどころか、自身のためだけに使い続けた。おいの2つの口座のうち、1つは家裁に届け出ることすらしないで隠していた。

 島被告は高級車「メルセデス・ベンツ」を乗り換えを含めて2台購入。約200万円で大型バイク「ハーレーダビッドソン」は現金で支払った。腕には約300万円の高級腕時計「ロレックス」を光らせた。

 震災発生まで宮城県松島町で料理人として働いていた島被告。平成24年に石巻市内に飲食店を開業したが、この開業資金もおいの口座から出ていた。

 島被告の知人の50代女性は「みるみるうちに生活が変わっていった。羽振りがいいのだな、と思っていた」と振り返る。

 おいには両親の遺産に加え、災害弔慰金や震災の見舞金、義援金に両親の死亡共済金、寄付金と多額の現金が入っていたが、島被告は3年間でそのうち6680万円を散財した。

 島被告は「未成年後見人は育ての親という認識だった。使ってはいけないと家裁は事前に教えてくれなかった」として横領したつもりはないと主張していた。しかし、家裁は判決で未成年後見人について説明し、島被告もおいの財産は厳格な管理が必要だと認識していた、と認定した。

 当初は学習塾やサッカー教室にも通わせ、学校にも送り迎えしてくれていた優しかった叔父は、次第に変わっていった。

 おいに殴るけるなどの暴行を加える。挙げ句の果てはエアガンで撃つ-。

 おいは26年、児童相談所に保護された。家裁が島被告との生活状況を調べる中で、被告のずさんな金銭管理も明らかになっていった。

 27年1月、家裁からの連絡を受けた仙台地検が捜査を開始し、1年後の28年1月に島被告は地検に業務上横領の疑いで逮捕された。

 ■「大人として罪を自覚して」

 28年12月16日の結審の日、中学生になったおいは裁判に陳述書を提出し、その思いを訴えた。

 おいは陳述書で、当時のことを「学校に行かせてくれて感謝し、家族だと思っていた。だけど殴られたりけられたりされ、精神的に持たなくなり、自殺してしまいそうになったので、児童相談所に保護してもらった」と振り返る。

 「(横領した金を)学費や塾の費用と言い逃れており、あきれました。私は中学生になるまでお小遣いももらえなかった。おじさんは高い時計を買ったり、すし屋や焼き肉屋に週5回ぐらい行ったりして派手にお金を使っていたが、私のために使うことはなかった」

 「善意の寄付金や、共済金、退職金など両親が命と引き換えに残してくれた大切なお金のほとんどを使ったと聞き、許せない。大人としてしっかり罪を自覚し、償ってもらいたい」

 ■弁護士も間違い指摘

 今月2日の判決言い渡し直前、島被告による被害弁済などを巡り審理が再開された。

 島被告は所有するベンツ1台を売り払い、弁済の一部に充てたと明かした。それに対し、検察側は「売却を決めたのは12月の前回公判後だが、なぜか」と問うと、島被告は「弁護士に『検察が売るなと言っている』と言われた」と回答した。

 その後も、なぜこのタイミングで売却したのかを追及されたが、島被告は自動車売却にかかわった業者とのやり取りを話し出すなど、話をそらし続けた。検察側はたびたび「言っている意味がわからない」と切り捨てた。

 その後、島被告の味方であるはずの代理人弁護士が「私が売るなと言ったということか。あなたが(200万円の)売却額に難色を示したからでは」と尋ねると、「弁護士から言われたのではなかったかもしれない」とあいまいな返答に終始した。

 約30分の休憩を挟み、島被告に言い渡された判決は懲役6年。判決理由で小池裁判長は「犯行は震災後の混乱に乗じて『火事場泥棒』的に行われた。当時9歳のおいの将来に多大な悪影響を与えかねない」と指摘。「選任当初から横領を繰り返し、飲食店の開業や高級車の購入に充てる傍ら、家裁には虚偽の報告をしていた。被害額も高額で悪質」と断罪した。

 震災で肉親を亡くした少年、しかも身内を「食い物」にした犯行。おいが陳述書で訴えたように、法的にも道義的にも到底許されるものではない。



引用ここまで。


この件について朝日新聞は、
「(産経新聞の取材に対し)、「取材内容についてお答えすることはありません。また、事件についてのコメントもありません」
こんなんで済まされるのか?被告は幼いおいを食い物にした。だが、朝日新聞も(うすうす感じていたくせに)被告人の犯罪について口をつぐんだ。
そして「コメントしない」「取材内容は答えられない」・・・

おいおい朝日新聞よぉ、おまえらこんなことで許されると思っているのか?オマエら気づいてたんだろ?気づいているけどもう後戻りできないから、ノーコメントを貫いてる、それだけだろ。

このニュースは産経のスクープ的な報道になっている。朝日新聞は今からでも

パヨクはいつも感情的で、キレイ事ばかりを口から吐き出す。そして、被災地その他で弱者ビジネスを繰り返し、自分たちもそのおこぼれに預かろうとする。

朝日新聞やテレビ朝日にそれが顕著に見られる。
ヤツらは弱者を見つけては抜け目なく接近し、利用し尽くせるまで利用する。骨の髄までしゃぶり尽くす。朝日新聞もテレ朝にも小遣い程度の金が見込まれるのだろう。

そのくせ、本音のところでは弱者のことなどこれっぽっちも考えていない。ハッキリ言って「どうでもいい」のだ。

容疑者はいつもいつも寿司や焼き肉、さらに高級車をとっかえひっかえ乗り回し、ロレックスの腕時計をするまでに。そして自分の店の開業資金としてもおいの金を費やしてしまた。

庶民が一番嫌うタイプではないのか?

被災者という弱者を利用して商売をしている連中は「市民団体」だけではない。野党もまったくそれと同じようなコトをやっている。

弱者ビジネスはいつの時代でも金稼ぎには有効だ。

そして、それを朝日新聞のような規制のマスコミが利用したら、余計に飯ウマなのだ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 弱者ビジネス

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR