ナンでもいいのか?

29年9月27日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 民進党内で小池百合子・東京都知事が衆院選で率いる「希望の党」への合流論が強まっている。民進の前原誠司代表と小池氏は26日夜、東京都内で会談し、連携する方針で合意した。前原氏は28日の両院議員総会で連携の形について説明する考えだ。

 衆院解散が迫るなか、小池新党の誕生で野党候補の乱立が避けられない情勢になり、前原氏は政権交代に向けて与党側と対決するためには野党勢力の結集が必要と判断。会談では、小池氏に「大同してやっていこう」と連携の必要性を訴え、小池氏が理解を示したとみられる。

 連携の形について、民進側は候補者が同じ政治団体に結集して戦う「統一名簿方式」などを模索している。党内からは「安倍政権を倒すためには小池氏と一緒にやってもいい」(党幹部)、「合流は歓迎だ。希望に候補者を立てられたら地獄。渡りに船だ」(党関係者)との声が上がっている。

 25日に設立された希望の党には、すでに与野党の離党組らが参加を表明。今後も民進議員を中心に、合流の動きが加速する見通しだ。小池氏は25日の記者会見で、「前原氏とは日本新党以来の知り合い。コミュニケーションをとれる」と述べる一方で、民進との連携については「党を丸ごとというよりは改革と保守、政策の同意が必要だ」と述べていた。



引用ここまで。


前原の発言はまさに、アレ。
「もう一品欲しいなぁ…『ナン』でもいいから…」
と旦那さんが言うと、奥さんは
「はい」
と言って本当に『ナン』を出すというCMの、アレだ。

ナンでもいいって言ったって、これはないだろ?さすがに民主党の時の失敗を避けるために安全保障や憲法改正で一致しない議員とは組まないっていっても、安全保障や憲法改正だけじゃないだろ?

しかもやはり小池新党はまだまだ細かいところが煮詰まってない。このまま選挙戦へ突入すると、第二の民主党になって数年先にはやはり党が消滅しかねない。

この20年弱、数々の政党が現れては消えていった。新生党や新進党、日本新党くらいは知っているが、その他は名前すら浮かんで来ない。こういう離合集散を見せつけられたために、有権者は政治に不信感を抱いているのではないのか。

小池新党は民進党の金を引き継ぐことになる。だが、その組織まで希望の党に持ち込むことはできない。

パヨク勢力はこの野党の動きを見て、きっと砂を噛むような苦々しい思いでいるのだろう。ヤツらは民進党も共産党その他と手を組み、安部一強に対峙してくれるよう願っていたはずだ。

ところが、出てきたのが真正保守である希望の党だ。

これで、日本の左派勢力は希望の党に合流させてもらえない余り物と、今にも息を引き取ろうとしている社民党、そして共産党だけとなる。これらのパヨク政党に未来はない。パヨクジャーナリストとともに、追放してしまえばいい。




<よろしく応援お願いしますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

誹謗中傷等のコメントは管理人判断で削除します。

<透析やうつ病、お出かけや旅行時の画像、猫や犬の動画、卓球ほかの記事はこちら>
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 希望の党 民進党 小池百合子

小池劇場再び?

29年9月28日配信の毎日新聞web版を引用する。


 民進党が希望の党に合流する見通しとなり、自民、公明両党に衝撃が広がっている。毎日新聞の緊急世論調査(26、27日実施)で、比例代表の投票先に希望の党を挙げた回答が18%に達したこともあいまって、自民幹部は「信じられない。強敵だ」と漏らす。また、希望代表の小池百合子東京都知事は「消費増税凍結」を主張。安倍晋三首相が少子化対策の財源として掲げる「増収分の使途変更」が2大政党対決の争点として急浮上しそうだ。

 合流に対し、菅義偉官房長官は27日の記者会見で「政策の一致は極めて重要だ。単なるスローガンではなく、具体的にどのような政策を実現するかを多くの国民はみている」と述べた。小池氏が「リセット」を掲げたことへのけん制だ。

 小池氏が前面に出る前、与党は新党について「寄せ集めだ」と軽視していた。しかしそれは一変。公明党関係者は「明らかな小池効果。政治不信の一定の受け皿になっている」

と指摘した。政府高官は「小池氏は知事を辞めざるを得ないだろう。常識的に考えれば衆院選に出馬する」との見方を示す。その場合、小池氏の去就への注目が続く。メディアを席巻する手法について、自民ベテランは「盛り上がりを作って一気にいく。2005年の郵政選挙に近い感じだ」と語った。



引用ここまで。


昨日の一日で、まさに小池新党、いや希望の党は国会において一大勢力を築こうとするように至った。ここまでの手腕はかなり鮮やかでスピーディーだ。

それに呼応したのが民進党だ。

新代表の前原誠司は共産党との選挙協力に否定的だった。ところが希望の党が発足し、マスコミが華々しくそれを祝い、野党勢力が一本化するに至った。評論家の誰かが、
希望の党が触媒となって野党一本化にいたるのではないか」
と発言していたが、まさにそうなった。

ここに日本の心や自由党も合流する構えを見せている。

だが、希望の党は安全保障政策、さらには憲法改正で一致できない議員の合流を認めないと、小池は断言している。この点はかなり『良心的』だと言えるのかもしれない。

こうなってくると民進党の左派勢力は厳しいのではないのか。

もともと民主党は右から左まで『なんでもあり』の政党で、とても一枚岩ではなかった。最初から同じ党でまとまろうとしていたのが無理だったのだろう。

昨日、小池はじめ希望の党の設立メンバーで希望の党発足の記者会見が行われた。その直前、テレビで見ていたのだがどの番組のどのコメンテーターら専門家も小池自身が出馬する確率を数%から十数%と言っていたのだが、もし選挙戦直前に小池自身も出馬するようなことがあって、希望の党が
「首班指名は小池百合子へ」
というようなことになると…

再び激震が起きるのではないのか?もちろんそんなことはただのパフォーマンスであるし、常識からすれば大した実績も残していないまま都政を放り投げるということについては、かなり激しい批判も起きるだろう。

だが…小池には”史上初の女性総理大臣”という野望があるのだろう。おそらく小池人気もそんなに長い間続くものでもない。今回が最後の挑戦になるかもしれない。

先の都知事選同様、今回の総選挙でも小池劇場で決着させるつもりなのだろうか。

もちろん、左派の連中は希望の党に合流することはできない。日本のパヨク勢力は自民党流保守対左派リベラル政党の二大政党制を望んでいたのだろうが…気の毒に…




<よろしく応援お願いしますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

誹謗中傷等のコメントは管理人判断で削除します。

<透析やうつ病、お出かけや旅行時の画像、猫や犬の動画、卓球ほかの記事はこちら>
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 希望の党 小池百合子 民進党解党 二大政党制

対話の前にやることがある

9月3日、気象庁は北朝鮮の豊渓里
「人工的な揺れが発生」
と報じた。

そして菅義偉官房長官により、
「北朝鮮による核実験だ」
と断定された。

質疑応答の時間で、NHKの記者は、
「どのような根拠で核実験だと断定したのか」
と、とんでもない質問。日本国に『手のひらを明かせ』とでも言うつもりか。とんだバカヤローだわい。

最近、これと同じようなコトを質問するマスコミ関係者が、マスコミ界隈で多数湧いている。コイツらって、なんでいちいち国の手の内を明かせとばかり言うんだろう。民進党の後藤祐一郎も同じような質問をしてドヤ顔だったが、バカもほどほどにしろ。

菅義偉官房長官は
「気象庁が人工的な地震波だと判断した」
「過去のさまざまなデータから核実験だと判断」
普通さ、『根拠を明かせ』って言ってもさ、この程度のことしか言えないのわかるでしょ?っていうか、もしかして管官房長官の失言を狙ってるの?

なんなんだよ、この三流ジャーナリズム感は。どっかの三流グルメなんじゃねぇのか、コイツらは。

「安保理決議を行うことで経済制裁を高めている。しかし、効果は出ていないコトについてどう思うのか」
それはよぉ、中共やロシアに行って言えよ。

国連で決議をしても、制裁決議を守っていないのは、中共とロシアだ。ヤツらは、
「朝鮮半島について一方的に圧力をかけているのは米国だ」
「圧力でなく対話をするべきだ」
と口をそろえて言う。

つい先日北朝鮮が日本を飛び越えるミサイルを撃ったあとの中ロのコメントだが・・・まるで
「日本や米国が朝鮮半島の緊張状態を高めている張本人だ」
とでも言わんばかりだ。

それでも、北朝鮮は今度は核実験をやった。中共だってロシアだって、メンツ丸潰れだろうに。そうなのであれば、少しは日米韓と歩調を合わせて北朝鮮に圧力をかけたらどうか。

野党やパヨク勢力は様々に政府自民党を攻撃するのだが…コイツらはどこの国の人間なんだ?ヤツらは東アジアの国々のスパイなのではないのか?だから心ある日本人は皆言うのだ。

「マスコミは三国人を採用するな」




<よろしく応援お願いしますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

誹謗中傷等のコメントは管理人判断で削除します。

<透析やうつ病、お出かけや旅行時の画像、猫や犬の動画、卓球ほかの記事はこちら>
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

tag : 豊渓里

野党ガラガラポン

維新の党の片山虎之助は、
「選挙に際しては大義など関係ない。勝てばいいだけだ」
まさにそのとおり。

コメンテーターの青木理は、民進党の前原新体制が野党共闘について後ろ向きであることについて、
「自民党一強時代にあっては共産党を含めた選挙協力を進めるべきだ」
「非自民である有権者の受け皿なるべきだ」
次の総選挙は、当然ながら政権政党を選択する選挙になる。野党候補が勝ったら、どんな政権が誕生してしまうのか。恐ろしくて想像すらできない。

それどころか民進党からは十名以上の離党者があらわれている。彼らは全員今回の総選挙において、小池新党から出馬するらしい。

民進党は朝日新聞以外の世論調査では支持率がひとけた台(%)にまで落ち込み、党勢の回復は見込めない(連合がバックにいるから共産党に比べれば優位に戦えるかもしれないという議論もあるが)。

自民党は現有勢力を維持することはできないだろう。だが民進党はおそらくもっと大きなダメージを喰らう。

安保法制が委員会を通過した際、辻元は涙を浮かべて、
「これは自民党政権の終わりの始まりですね」
自分ではウマいことを言ったつもりなのだろうが、有権者の心にはまったく響かなかった。
ここに至っては、民進党、自由、社民は壊滅的なダメージを受ける。

そして、小池新党の登場だ。

小池はパンダの命名発表の数十分後に、記者会見の後に小池百合子は新党『希望の党』の発足の会見をセットした。

小池新党立ち上げだけでも驚きなのに、小池自身が出馬するのでは?とも噂されている。
パンダの命名会見発表の直後に、『希望の党』会見をぶち込んでいて、そのフリップには
「11時から希望の党の動画をyoutubeで発表します。」
とあった。また、専門家が見るには、このレベルの動画作成には最低でも一ヶ月ほどかかるという。前もって準備されていたと言うことだ。

小池、マジで選挙に出馬するのか?こういうパフォーマンスに小池は長けている。石破茂言うとおり、自民党がなめているとしっぺ返しを食らうだろう。

それより驚かされたのは、民進党の玉木雄一郎が
「民進党を解体して、個人個人で小池新党に合流するべきだ」
と発言したことだ。小池は
「民進党とは組まない」
と明言しているらしいが、オレも玉木裕一郎が言うとおり、民進党は一度解体して個々人で『希望の党』に合流する方が良いのだろう。二大政党制を築く上ではそっちの方がはるかにいい。

今、希望の党発足の記者会見が行われている。小池は
「日本をリセットする」
と言った。自分が総理の座を行く行くは狙うと言うことだろうか。

これから党の綱領が発表されるらしい。

まずは例の動画を流すことから始まり、小池が登壇した。小池はハッキリと
「自分が代表の小池百合子です」
と発言、そして絶叫型のスピーチを避け、いかにも『庶民によりそうなイメージで政策について語りかけた。

どうなんだろう…

新党旗揚げ、そして代表の座につくということは。今回出馬するとはYESともNOとも言わないが…都議会公明党は怒り心頭であろう。
野党共闘を考えている共産党は
「小池新党は自民党の補完勢力」
としている。

さて、東京都民だけでなく今度は全有権者が判断する総選挙になる。マスコミを利用する”妖術”に長けている『希望の党』。日本国民は賢い判断ができるのか。イメージだけで日本の国益が守られるのか。

小池新党は100議席獲得を狙っているらしいが…都議会選後のように素人議員を大量に議員にしてしまうんじゃないのか。

ヤツらは様々なメディアからの取材に応えることを禁止されてるんだぞ?国会がそんな状況になってもいいのか?




<よろしく応援お願いしますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

誹謗中傷等のコメントは管理人判断で削除します。

<透析やうつ病、お出かけや旅行時の画像、猫や犬の動画、卓球ほかの記事はこちら>
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 希望の党 小池百合子 民進党解党 二大政党制

議員どもが右往左往

総選挙の行方に注目が集まっている。

二階幹事長が
森友やかけなど、小さな問題にすぎない
と発言したが、それを マスコミや野党が批判している。本来、二階氏はそんなつもりで発言したわけではない。
19日の記者会見で、安倍晋三首相の衆院解散方針を野党側が
「森友、加計学園問題の疑惑隠しだ」と
批判していることについて触れ、
「そんな小さな問題を隠すことは考えていない」
と反論したのだとのこと。

ただでさえ、森友加計問題が沈静化しつつある中で、マスコミのこういう態度は悪趣味に過ぎる。自分たちが放ったらかしにしているから有権者も興味を失ったのだ。もとはと言えばマスコミの有権者に対する背信行為だ。自民党が総選挙で現有勢力を維持したとしても、森友加計問題を追及し続けるのだろうか。

勝手にすればいいのだが、有権者はもっと賢くならなければいけない。

総選挙をにらんでいろんな動きが急ピッチで進んでいる。

まず民進党だが・・・前原新体制が発足するやいなや、多くの議員が離党し、小池新党に流入していった。前原誠司は今回の解散について、
「森友加計問題からの逃げ解散、説明責任拒否解散だ」
そりゃぁ結構な話だ。民進党の議員たちは選挙戦で間違いなく惨敗するだろう。そして民進党は崩壊する。自分の身の置き場をどこにするのか、考えておく方がいい。

小池百合子都知事は今回の総選挙について、
「大義のない選挙ですね」
と笑った。この厚化粧のクソ女、その後都知事という立場で小池新党の党首を務める意思も隠そうとしない。大した玉だぜ。

しかし、9月25日、小池新党はその名の通り小池が代表になってその影響力で選挙戦を有利に戦うつもりらしい。民進党という泥の船からいち早く離党した議員10名ほどや、挙げ句の果てに安倍政権内の閣僚も離党したうえで小池新党に加入、さらには日本のこころの議員たちが小池新党に合流するのだという。

『大義がない』

と言い放つ小池はどういう大義を抱いて政権選挙を戦うのか。そのことのついては、まだ語られていない。どうせ選挙は勝てば官軍だとその程度しか考えていないんだろう。

小池新党は現国会議員は10名ほど。ただ、今から急ピッチで100名ほどの候補者を擁立するのだという。以前、都議選の際には小池新党は大量の素人議員を大量に都議会に送り込んだ。何が起こったか?

1年生議員はマスコミ対応することを禁じられているのだ。なんだこりゃぁ。どーしようもないだろ。まさか、次は国政に大量の素人議員を送り込むつもりじゃねぇだろうな?




<↓よろしく応援くださいm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

<透析やうつ病、お出かけ旅行時の画像や猫、犬、卓球ほかの記事はこちら>
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 小池百合子 民進党 前原誠司 解散総選挙 二階幹事長が 森友やかけなど、小さな問題にすぎない

戦争してねぇだろ!

29年8月21日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 長崎県の端島(通称・軍艦島)炭鉱を舞台にした韓国映画《軍艦島》を筆者は観ていないが、鑑賞した学識経験者にストーリーを聞いて驚き、次いで腹を抱えた。映画では、《韓国光復軍》所属の要員が、独立運動の主要人物を救うため端島に潜入する、のだそうだ。韓国光復軍を歴史の表舞台で、輝かしく祭り上げようとする創造力は痛々しい限り。でも、超ムリ筋だ。理由は後述するが、ストーリーは次の様に展開する。

 軍艦島では強制連行された男たちが牢獄のような宿舎に詰め込まれ、貧しい食事と暴力を受けながら重労働を強いられる。事故が起きると、他の坑道を守るべく出口がふさがれ、朝鮮人労働者は見殺しにされる。家族連れの場合、女性・女児は遊郭で働かされる。無数の五寸釘が突き出た戸板に転がされ、死んでいく女性も出て来る…

 もう無茶苦茶&デタラメのオンパレードだ。けれども、映画ならウソ八百が許されると考えては、現実を見誤る。

 韓国側はユネスコ(国連教育科学文化機関)大使らを対象に上映会を開くなど、映画を対日プロパガンダに利用し、ナチス・ドイツによる《ユダヤ人大虐殺=ホロコースト》と二重写しにする悪意満載の「反日印象付け映画」に仕上げている。これも後述するが、大日本帝國は永世中立国スイスも見捨てたユダヤ人を、同盟国ドイツと対立して尚、保護した。保護を断行した人物の中には、日本映画でさえ蛇蝎の如く描かれる東條英機・陸軍大将(首相/1884~1948年)もいた。

 駐韓米大使は米政府に口添えした。ワケがある。韓国は在日朝鮮人の連合国民扱い=賠償を求めるなど、国際の法・常識を無視する数多の無理難題を吹っ掛けたが、日本は無論、米国もほぼのめぬ内容だった。米国は無理難題を押さえ込むべく、韓国の署名要求を預かり、条約草案で一旦は締結国リストに加えた。

 しかし、韓国は日本と戦っていないと英国が異を唱え、朝鮮戦争(1950~53年休戦)を共に戦っていた米国も英国にならう。

 米国は《連合国共同宣言》への署名(1942年)がないとも指摘したが、韓国は執拗に食い下がった。共同宣言参加国は最終的に47カ国。全物的・人的資源を対枢軸国用戦力に充てる方針に同意していた。間の悪いことに、フィリピン独立準備政府や多くの亡命政府も参加していた上、連合国(United Nations)なる用語が宣言で正式採用された。

 交渉過程で韓国は、日本の講和条約締結を終始妨害し、島根県・竹島の韓国編入すら主張した。結局、韓国が得たのは在朝鮮半島の日本資産移管のみ。講和会議へのオブザーバー参加も拒絶された。

 日本だった朝鮮は、欧州列強の植民地兵のごとく人間の盾にされもせず、日本軍将兵として戦った。朝鮮人の軍人・軍属は24万2000人以上。朝鮮人高級軍人の目覚ましい武勇に触発され、志願兵の競争率は62倍強に沸騰した。2万1000柱の朝鮮人英霊が靖国神社に祀られる。

 戦後も米国は、朝鮮を国家でなく日本だったと公認。日本の統治権を取り上げ直接軍政を敷き、韓国光復軍も武装解除した。米国は38度線以北に陣取るソ連軍をにらみ(1)統治能力欠如(2)度し難い自己主張や激高しやすい民族性(3)偏狭な民族主義や共産主義の跋扈…など、信頼性を欠く韓国に国家たる権能を与えたくなかったのだ。実際、「臨時政府主席」の金九(1876~1949年)は個人資格で〝帰国〟した。

 韓国は「日帝を打ち負かして独立を勝ち取った」のではない。終戦3年後、半島で統一国家建設をたくらむソ連に対抗した対日戦勝国・米国が韓国への長期信託統治を断念。米国に独立を大きく前倒ししてもらった棚ぼた式だった。


 
引用ここまで。


韓国は歴史の捏造が得意だ。しかも、日本人の『残虐さ』を演出するコトについては抜け目がない。日本人が残虐であればあるほど、反日を自らのアイデンティティの中核に据えているヤツらにとっては嬉しいコトなのだ。

韓国は今でも歴史カードを捨て去らない。ことあるごとに謝罪と賠償を求めてくる。うんざりするほどだ。

ただし、韓国メディアや韓国経済などは、文在寅が『日韓合意』を見直すことについて、懸念を示しているという話も聞く。そりゃそうだ。安倍総理を怒らせると、スワップ協定やその他経済交流も滞るコトになるだろう。

韓国側がそれを覚悟しているのであれば、そうすればいい。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ
※悪質なコメントについては削除します。

病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら↓
愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ

→<『猫いらずのうつうつ日記』>




テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コイツはスパイか?

29年9月2日配信の産経ニュース『産経抄』を引用する。

 連合国軍総司令部(GHQ)が70年以上前、わずか1週間で草案をつくった現行憲法の弊害は数多い。中でも「平和を愛する諸国民の公正と信義」という虚構をうたう前文は、日本人に「平和ボケ」という深刻な病をもたらした。症状の特徴は、一時的に快方に向かってもすぐぶり返すことである。

 ▼「拉致は遺憾なことで、率直におわびしたい」。平成14年9月、北朝鮮の金正日総書記は小泉純一郎首相との会談でこう述べ、初めて日本人拉致を公式に認めた。多くの国民が、国際社会は憲法前文が描くような牧歌的世界ではないという現実に気付いた「覚醒の瞬間」だった。

 ▼当時、新聞もテレビも北朝鮮の非道と無法を連日報じていた。北朝鮮工作員が自由に日朝間を往来し、ある日突然、家族や恋人を奪い去ることへの恐怖も語り合われた。だが、15年が過ぎた今では、記憶も関心も薄らいでしまった。

 ▼「(米国と韓国に)金正恩・朝鮮労働党委員長の要求に応えるように、冷静に対応するように政府として働きかけているか」。8月31日の菅義偉官房長官の記者会見では、東京新聞の記者からこんな質問が飛んだ。弾道ミサイルを連射しているのは、北朝鮮のほうなのに。

 ▼東京記者はこの時も翌1日の記者会見でも、北朝鮮の過去2回のミサイル発射時の前日に、安倍晋三首相が首相公邸に宿泊したことに関しても執拗(しつよう)に問いただしていた。「事柄の性質上、答えることは控えたい」。菅氏が何度こう回答しても同じ質問が延々と続く。

 ▼まるで日本政府が北朝鮮の軍事情報をどこまで把握し、どう対応しているのか、北朝鮮に手の内を明かせと迫っているかのようである。こんな平和ボケを治すには、やはり憲法改正が一番だろう。



引用ここまで。



先日の閉会中審査で、民進党後藤祐一郎も、
「総理が8月中に公邸に泊まったのはたった二日。二日とも北朝鮮がミサイルを発射する前日だ」
「要するに北朝鮮がミサイルを発射することがわかってたわけでしょ?」
「普段から公邸にいて下さいよ。バレバレになっちゃいますから」
このくだらない質問が、なんの役にたつというのだろう。そんな質問に、いちいち答えてはいられないというコトくらい、なぜわからないのだろう。

日本のインテリジェンスだって、いろんなチャンネルから情報を収集しそして分析しているはずだ。それならそれで静かに待て。「静かにしていられない」
「安倍総理には任せられない」
というのなら、民進党が自分たちだけで勝手にやってろ。

「(米国と韓国に)金正恩・朝鮮労働党委員長の要求に応えるように、冷静に対応するように政府として働きかけているか」

ん、なんだって?

言ってることがよくわからない。わからないから、二度も三度も繰り返して読んでしまった。

ミサイルでの緊張と問題をもたらしているのは、一方的に北朝鮮だ。なぜ被害者である日本が、北朝鮮の要求を米韓に受け入れるよう促さないといけないのか?意味がわからん。

以前から噂は聞いているのだが・・・管官房長官に対して執拗に同じような質問を繰り返している『東京新聞の女記者』とは、コイツのことなのか?

下手したらコイツは北朝鮮のスパイなのか?




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ
※悪質なコメントについては削除します。

病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら↓
愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ
→<『猫いらずのうつうつ日記』


テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コレは問題なのか?

29年8月31日配信の産経WESTの記事を引用する。


 31日発売の週刊誌で、東京への公務出張中に性的サービスを利用したと報じられた奈良県天理市並河健市長(38)が報道陣の取材に応じ、記事の内容をおおむね認めた上で「道徳的に適切でなく、不徳の致すところ」と陳謝した。

 市役所で行われた定例会見の後、報道内容について問われた並河市長は「プライベートな時間の中でのことだが、市民の皆さまや市職員、そして家族に申し訳ない。痛切に反省している」と陳謝。一方、「法律に抵触する行為はなかった」と釈明した。

 並河市長は外務省職員を経て平成25年10月の市長選で初当選。任期満了に伴い10月1日に投開票される選挙に再選を目指し、無所属で出馬する意向を表明している。報道の影響については「これまで取り組んできたこととは関係のないことだと考えている」とし、「公務を投げ出すことなく、今後も大いに取り組むべく邁進(まいしん)していく」と述べた。

31日発売の「週刊新潮」は、並河市長が今年2月と6月に公務で東京へ出張した際、宿泊先のホテルで性的サービスを利用したと報じている。



引用ここまで。


なんでこれが問題になるんだろう。

東京へ出張に行ったとしても仕事ばかりしているワケじゃない。当然、プライベートの時間があってしかるべきだろう。それから、
「市長の収入は税金なんだから、許されない」
市長の報酬が税金だったとしても、それはこの市長の労働に対する正当な対価だ。それをなにに使おうと、それこそ市長の自由だ。

コレが許されないとしたら、では前川喜平のガールズバー通いはなんで許されてしまうのか。ヤツだって税金から報酬を得ていて、
「貧困の問題を調査するために行っていた」
「小遣いを与えて連れ出して食事を食事を共にしていた」
「もちろん、法に触れることはしてませんよ」
なんでこんなヤツが事務次官にまでなれるんだよ。マスコミはなにをやってる。

批判されるべきは記事に登場する市長ではなく、マスコミだ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ
※悪質なコメントについては削除します。

病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら↓
愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ
→<『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 奈良県天理市 並河健市長 性的サービス デリヘル

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR