FC2ブログ

『報道特集』の嘆息

民進党の新代表に選出された大塚耕平は就任の挨拶で、
「立憲民主党、希望の党、そして我々民進党とで政権交代を必ずやなし遂げる」
と発言した。だがそれら三党が今後どういうふうに一致結束していけるというのだろう。もともと民進党はあのまま総選挙に突入しても、大惨敗していただろうし、所詮先のない政党だったのだ。だからこその今回の選挙結果なのだ。

今ではもう、小池百合子の化けの皮ははがれた。さらに都民ファーストの会でも問題が起きているようだ。まだマスコミでは小池を擁護する声が聞こえるが、それも女性に限られる。衆院選では自ら出馬しなかったことについて大きく批判されたが、もしいも小池自身が出馬しても、
「都政は置き去りか?」
「無責任ではないのか?」
という声が上がっただろう。

10月28日のTBS『報道特集』。冒頭でキャスターの金平茂紀は、
「(総選挙が)終わってみても一強他弱のまま」
「あの選挙はいったい何だったのでしょう」
コイツ、わかりやすいヤツだ。
「安倍政権が信託されてしまったら、選挙の意味がない」
とでも言いたいのだろう。報道は中立でなければ意味がない。そんなコトすら知らない金平茂紀は、ジャーナリストではない。

有権者はこんな「報道」を受け入れてはいけない。

『報道特集』では最初に、沖縄の選挙区で当選した赤峰にインタビューした。
赤峰がどういう回答をしたのかどうか、知らないし知りたくもない。

ただ、池上彰の選挙速報の特集番組で、何らかのことについて池上から
「それは選挙違反ですよ」
と言指摘されると、赤峰は
「えぇ、そうですよ。沖縄ではみんなやっていますよ」
と逆ギレした。だが、『報道特集』では、それをスルーした。

日本人はやたらと他人の言論に寛容であるし、もめ事も回避しようとする傾向がある。だが・・・新聞やテレビその他報道機関が偉そうに言うとおり、それは公正で中立であるべきだし、報道の内容に歪曲やねつ造、さらには隠蔽などというものがあってはいけない。その点、安倍総理以上にマスコミは謙虚な姿勢であるべきだ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

野党再編は進まず

オレは、民進党内の左派、つまり希望の党に移籍していった議員たちは全員民進党の保守系の議員たちだと思っていた。民進党は保守系にしろリベラル系にしろ、このままでは先細りだ。だから支持を拡大するために希望の党に移籍した・・・そう思っていたのだが、どうやら違っていたらしい。

民進党の議員たちの多くが、敗戦後の言い訳として
「自分は安全法制に賛成するつもりはさらさらなかった」

と、今になって言う。ならなんで、『政策協定書』にサインしてまで移籍したのか?

そして、惨敗してから自分の責任を棚に上げて、小池百合子一人の責任を追及する。

さて・・・

これから民進党や希望の党、さらには無所属で当選した議員、立憲民主党の連中はどうするのだろう。今回、野党がバラけてしまったままで選挙に出てしまった。そんななか、かなりの結果を出したのが立憲民主党だった。代表の枝野幸男は、
「今すぐに野党再編を進めるつもりはない」
と言っている。
だが、獲得議席はたったの55議席。この程度で、どれほどの影響力を保とうと言うのだろうか。

玉川徹はどこぞの調査について、
「希望の党内では、7割の議員が安保法制に反対している」
立憲民主党と連携するのは自然だ」
「これからは希望の党も左派政党として存続すべき」

すると、石原良純は
「いや、それはおかしいでしょ」
「いくらなんでも政策協定書で『憲法の範囲内で安保法制を支持する』って言ってるんだから、それで安保法制に反対するのはおかしい」

玉川、撃沈。

この男、自民党打倒が至上主義だから、どのような現象についても反自民党の色に染めようとする。とにかく、頓珍漢な男なのだ。

昨日は昨日でTBS『報道特集』で、
総選挙は結局自民党の大勝利におわった」
「なんのための選挙だったのでしょう?」
金平茂紀。この男も玉川徹も、共通項がある。二人ともそれぞれテレビ朝日、TBSの社員、つまり会社に忠誠をうたう『紐付き』であると言うこと。

つまり、ジャーナリストとは言えないのだ。

玉川徹はテレ朝に対して批判はできないし、金平茂紀は金平でTBSに対して批判ができない。その程度のヤツらだということなのだ。

日本の国民は日本のマスコミに批判的な判断力を持持たなければいけない。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 政策協定書 立憲民主党 民進党 総選挙 玉川徹 金平茂紀 野党再編

平昌の『疑惑』

 29年10月18日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 2018年平昌五輪組織委員会の公式ホームページ(HP)内の世界地図から日本列島が抜け落ちていた問題で、野上浩太郎官房副長官は18日午前の記者会見で、記者が外国語版のHPで再び日本列島が掲載されていなかったと質問したことに対し、「組織委や韓国政府に対して必要な抗議、申し入れを行ってきており、今後も適切に対応していく」と述べた。

 野上氏は外国語版のHPについて「現在、関連の世界地図そのものが閲覧できない状況になっている」と説明した。

 この問題をめぐっては、菅義偉官房長官が9月27日の会見で「極めて不適切だ」と不快感を示し、スポーツ庁を通じて是正を求めたことを説明。指摘を受け、組織委は日本列島を表記した地図に修正していた。

 組織委のHPでは、島根県隠岐の島町の竹島を「Dokdo」(独島)と記載し韓国領としていた問題もあり、日本のインターネット上などで批判する意見が出ていた。



引用ここまで。


この問題については、産経が報じる以前からネットで問題視されてきた。ここまでこんな明らかに悪意に満ちた韓国側のやり口を放ってきたことについては、日本政府の怠慢だとしか言えない。

そして、韓国側は

「原稿のコピーを繰り返した結果、日本列島が抜け落ちたわけで、悪意はない」

などと、頓珍漢なことを言っている。コピーもへったくれもないだろう。あんなにキレイに、しかも日本列島だけが抜け落ちていたのだから、極めて悪質なやり口だと言うしかない。

今の世の中、グラフィック系のアプリケーションソフトが山のように開発されている。それを使えば素人でもグラフィック系のツールを使って日本列島を意図的に、簡単に削除ができるハズだ。

なんだろうねぇ・・・韓国の連中って竹島の件でもそうだけど、韓国人ってなんで日本を貶めて自分たちを相対的に優位に立たせようとするのは。

そんなもん、砂上の楼閣じゃねぇか。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

テレ朝の説明責任

 29年10月16日配信の朝日DIGITALの記事を引用する。


 マンションに侵入し、一人暮らしの女性に性的暴行を加えたとして、大阪府警は、元テレビ朝日社員で住所不定の無職岡部順一容疑者(55)=2002年に同社を懲戒解雇=を強制性交と住居侵入の疑いで逮捕したと16日明らかにした。岡部容疑者は13年前、強姦(ごうかん)罪などで懲役10年が確定し、その後出所していた。府警は他の事件にも関与していたとみて捜査している。

 捜査1課によると、岡部容疑者は7月20日未明、大阪市内のマンションの一室に侵入。女性(当時29)にタオルで目隠しをして両手を縛り、性的暴行を加えた疑いがある。大筋で容疑を認め、9月に逮捕されて強制性交罪などで起訴されたという。今月11日にも、近くの別のマンションで5月に就寝中だった住人女性(当時31)に暴行したとして強姦致傷容疑などで岡部容疑者を再逮捕。この事件については黙秘しているという。

 両事件のマンションはともにオートロックで、部屋の玄関は無施錠だった。7月20日の事件と同じマンションでは他の部屋でも無施錠の玄関から男が侵入して一人暮らしの女性が乱暴されそうになる事件があった。岡部容疑者が当時住んでいた場所から近いことなどから府警が関連を調べている。

 捜査関係者によると、岡部容疑者は02年に東京都内のマンションに侵入して就寝中の女性に暴行したなどとして、04年に強姦罪などで懲役10年の実刑判決が確定して服役。12年に出所していたという。
 今年7月施行の改正刑法で強姦罪は、強制性交罪に名称が改められている。



 引用ここまで。


 さーて、この件に関してテレビ朝日はどういうふうに説明責任を果たすのだろうか。自民党や与党については厳しくその説明責任を問う。それはわかる。それがマスコミの責務だからだ。

だが、そうであるからこそ、マスコミ各社はともに一般企業や一般市民よりも一段と厳しくコンプライアンス遵守を求められるし、同時に説明責任も課せられる。

そうでなければ他の企業や政治家を批判する資格はないだろう。

ところが、現実はそうなっていない。マスコミ各社は自分たちに不祥事があると説明責任を果たそうとはしないし、同業他社も追及したりはしない。

さりげなく報道してアリバイを作った上で、それ以降はなにもしない。それだけやっておいて、嵐が去って行くのを待っているのだ。

オレは海外のマスメディアを知らない。だが、海外がどーのこーのは関係なく日本のマスコミは各社ともに自分たちのあり方を見つめ直したらどうか。

日本の場合、特にそれが目につく。ニュースの隠蔽、歪曲、ねつ造・・・何でもあり、だ。だから新聞を読む人もテレビを見る人も激減しているのだ。

あ、後半、記事の趣旨が変わっちまった。まぁいいか。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

小池の失敗?

29年10月25日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 希望の党は25日、国会内で衆院選後初めての両院議員懇談会を開き、小池百合子代表(東京都知事)は「私の言動によって多くの人を傷つけた。改めて謝りたい」と謝罪した。選挙結果については「多くの有為な人材を失った。残念至極だ。よい結果を出すことができなかったことには、私が責任を負う」と述べ、改めて完敗との認識を示した。

 希望の党内では、左派を「排除する」などとする小池氏の発言が衆院選での逆風につながったなどとして、小池氏に引責辞任を求める意見もある。小池氏は「一致団結して希望の党として活動できるような態勢を自ら見いだしていただきたい。国政は国会議員に委ねる」と述べ、党執行部人事を国会議員に任せる方針を示した。

 自身の進退については「党を立ち上げた責任を感じている」としたものの「都知事として都政に邁進(まいしん)したい」とも述べ、党運営からは一歩引く考えを示した。



引用ここまで。


オレは小池百合子が大嫌いだ。小池は自ら都知事選で『小池劇場』で主役を演じ、見事当選した。オレはこの程度の小池のやり口に踊らされたマスコミと同じように踊らされた都民、有権者にがっかりさせられたものだった。

『小池劇場』は単なる『劇』でしかなかった。それにマスコミは踊らされた。都民、有権者はそのイメージだけで小池を応援しているだけだったのだ。

なんで日本の有権者はバカだらけなんだろう。

小池は出張先のパリから帰国した。希望の党の両院懇談会で総叩きに遭うのが怖いのか、それとも以前から組まれていた都知事としての公務のためのパリ訪問だったのか、については知らないしどうでもいい。

「政権選択選挙だ」

と意気込んで船出した希望の党は、なんだかんだの泥の船だった。しかし、民進党だって泥の船だったのだから、恨みっこなしなんじゃないのか?だってコイツらだって
小池百合子に頼っていれば選挙に当選できる」
という下衆い思いがあったのだろうし。

希望の党の敗戦が確定したときのマスコミの報道の『流れ』は、やはり小池のちぐはぐな党運営に対する批判が体勢を占めていた。小池が
「自らは出馬しない」
と言ったコトについてもそうだが、いわゆる「排除の論理」についても小池は総バッシングされた。

オレはある意味それは仕方がないと思ったが。なぜなら右から左まで数限りなく受け入れてしまったら、第二の民進党になり、やはり民進党のように泥船になってしまったことだろう。

ただ、小池に今回の敗戦を総括させて、それをもって辞任させるのは当然のことだ。そうでなければ党内はガタガタのままであるし。

・・・ところが小池はそれに不満があるらしい。懇談会終了時にその議論について不満があったらしい。

今更なにを言えるというのだろう。心を込めて謝罪するのが当然のことだろう。であるのに、小池はある記者から質問を受けたとき、その質問には答えずに
「次の質問、ありますか?」
などという。そして次に女性記者から質問が飛ぶと、歩き去りながら、

「なにを言っているのか、意味がわからないわ」

などと言っていたらしい。コイツ、なにを言ってんだ?結局都合が悪い質問が飛んでくるとスルーするんじゃねぇか。小池百合子は比例近畿ブロックの名簿についても、小池の『お友達』を優遇していたのが選挙戦後に明らかになった。

安倍政権の『お友達重視』政策に対して『改革』を掲げた小池希望の党の正体が結局こんなもんだったなんて・・・笑いものだわい。

10月26日(木)のテレビ朝日の夕方のニュース番組。
どこぞの選挙区で山尾志緒理のことを臭わすような「不倫」だとかなんだとか、あるいは白票が多かったということで問題になっているという報道があった。
テレビ朝日出身でただ一人バランス感覚に優れていて、政治的な中立性にも長けている萩谷順法政大教授は、強い調子でこう言う。
「この件だけに限らず希望の党など選挙のゴタゴタを晒していては、政治不信を招くだけだ」
「安倍総理はその第一次政権から退いたときに、それから5年以上かけて経済政策を勉強したんです」
「今回の希望の党や立憲民主党も、そのくらいの時間をかけて積み上げていかないとやっていけません」

やっぱり萩谷氏はさすがだわい。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 希望の党 立憲民主 小池百合子

やっぱり自民党の圧勝

昨日投開票された衆院選。誰もが思っていたとおり、昨日の総選挙の結果は自民党の圧勝。ところが、左翼の連中は落選したリベラル勢力を擁護していた。。
10月23日のテレビ朝日『モーニングショー』。テレ朝の紐付きジャーナリストである玉川徹は、

「護憲政党の獲得議席を足すと、自民党の獲得移籍数を上回っているんですよね」
「反原発政党の獲得議席についても同じことが言える」


なにを言っているんだろうね、このバカは。選挙は終わったばかりだというのに、リベラル勢力のことを必死に擁護しているし。こういうのは民主主義の王道に反する。

ぐだぐだと言い訳してねぇで、負けを認めろ。野党がどういう勢力図になったのかはどうでもいい。しかし自公連立政権が3分の2の議席を獲得したと言うことだけは事実なのだ。

かつてテレ朝では、『報道ステーション』で以前の総選挙の時について、
「野党の改選勢力の獲得議席を足し合わせると、自民党の獲得議席を上回っている」
と、やっぱりくだらないことを言っていた。そして次の日、『モーニングバード』で玉川徹は古舘伊知郎とまったく同じことを言っていた。

政策もなにもかも違っている各野党の獲得議席を足し合わせたところで、その数字にいったい何の意味があるというのか。

まぁ好きにしろ。

伊藤惇夫も選挙戦当初のテレビで、
「自民党にとって世論調査で良い結果が出ると、自民党候補たちに逆にプレッシャーになる」
「このまま選挙戦を自民党有利で進められるとは思いませんねぇ。」
かわいそうに伊藤惇夫。選挙戦は終始、終始自民党ペースだったねぇ。楽しいねぇ。

思えば・・・

今回の解散総選挙。
「大義がない」
に始まって、
「日本の総理大臣には解散権があるのだが、好きなときに解散できる国は日本だけ」
と言い切っていた専門家がいた。この物言いは本質的な問題を突いているとは言えない。解散権のせいにするな。野党が普段から『反安倍』に徹するのではなくて、政策立案能力を積み重ねればいい話だ。

選挙開けの10月23日、東京株式市場は大きく買いが入り、午前の株価は200円を上回った。これによって15日間連続で株価が大きく上げたことになる。もちろんこれは安倍政権が安定政権となったことによるものだ。

パヨク勢力は悔しすぎて舌をかみ切って死なないように気をつけろよ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

進次郎の正論

 29年10月14日配信の朝日DIGITALの記事を引用する。


  「連合、本当に労働者の代表ですか?」 小泉進次郎氏

 本来、賃上げ交渉を拳を振り上げてやるのは労働組合のはずですよね。しかしそれを今、国をあげてやっているんです。

 だとしたら何で労働組合は自民党を応援しないで野党を応援したままなのか。そして労働組合は連合が束ねていますが、本当に労働者の代表は連合ですか。私は違うと思いますよ。

 なぜなら連合の組織率は17%。何で17%の人たちが代表なんですか。今までそうだったから慣例的に代表としてやっているだけで、今の世の中の多くの労働者の代表だとは、とても言えるもんじゃないと思います。(福島市での街頭演説で)



引用ここまで。


本当のところ、労働組合の存在意義は政治活動にある。ヤツらは雇用条件闘争にはまったく関心を払わない。

もっと言えば・・・労働組合は正社員のクビだけを守る。派遣社員やパートさん、アルバイトさんのことは考えてもいないし、彼らのことはどうでもいいのだ。

進次郎の言うとおり、今の労働組合には賃上げの交渉などできないから、その代わりに安倍政権が日経連ほか経済団体に直接的に頭を下げてやってもらっているのだ。

一国の宰相が労働者のために経済団体に頭を下げて回る・・・こんな国があるか?

もちろんそれは賃上げがならないとアベノミクス批判につながってしまうからそうせざるを得ないのだが・・・だとしても、左翼の連中の言い分はヒドい。安倍総理を批判すること自体が目的化しているのではないのか?

「株価は上がっているが賃金は上がっていない」
「だからアベノミクスはダメ」
と言うから、安倍総理が経済団体に直接に頭を下げている。ところが、そう言って賃上げを要求していたくせに、いざ賃上げがなると今度は、

「官製ベアだからダメ」

と言って、やっぱりアベノミクスを批判する。なんなんだコイツら。なにがどうなったらいいって言うんだ?要するにアベノミクスを批判したいからそうしてるだけなのか?そんなの批判のための批判じゃねぇか。

マスコミも左翼評論家や左翼ジャーナリストもロクなもんじゃねぇや┐(´д`)┌

まぁいいや。今日の20時を過ぎれば総選挙の結果が次々と現れる。

見ていればわかるよ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

有権者の選択

29年10月13日配信の産経ニュースの記事を引用する。


  希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は13日夜のBSフジ番組で、民進党出身者を公認するにあたり政策や理念が合わなければ「排除する」と言及したことについて「きつい言葉だったと思う」と述べた。発言は強引な印象を与え、希望の党が失速する一因になったとされる。

 小池氏は、民進党出身者らの再結集を模索する参院民進党の動きを「政治不信の極みになる」と批判した。「参院の皆さんは今度は自分の選挙がある。そこを見ていることが透けてみえる」とも指摘した。

 また、衆院選公約に掲げた「2030年までの原発ゼロ」達成のため、原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所でも再稼働を認めないケースがありうるとの認識も示した。

衆院選後に自民党と大連立を組む可能性については同日、都庁で記者団に「ありません。政策が実現できるよう、是々非々の対応で進めていく」と否定した。



引用ここまで。


小池百合子は「政治不信の極みになる」と言って参院民進党の小川敏夫を牽制する。だが、強引なやり方で民進党を食い物にしたのは誰なのか。

もうひとつ。

「政策が実現できるよう、是々非々の対応で進めていく」
と言うことだが、そうでなければ余計に自民党と大連立を組まなければ、自分たちを支援してくれた有権者の民意を無視することになりやしないか。

もともと希望の党というのは民進党出身者に踏み絵を踏ませることで党勢拡大を狙った物だろうに。今更後悔しても遅すぎる。

それから、小川敏夫。選挙期間中に負けたときのことを考えて予め
「もう一度リベラル勢力の結集を」
などというのは破廉恥もいいところだろう。

自民党では、所属議員たちが信じられないほどスキャンダルに見舞われた。きっとマスコミの連中がそういうたぐいのネタを探しまくったのだろうが・・・選挙が終わって自民党が大勝利を納めればそれも終わりだ。

もちろん、今日の午後8時になれば森友問題も加計問題にしても当然チャラになる。自民党のスキャンダルはすべてチャラになる。左翼リベラル勢力はその恨みについて安倍総理にぶつけるのは大間違いだ。怒りをぶつけたいのなら、有権者に対してそうすべきだ。

日本が民主主義の国であれば、選挙の結果は有権者の意思のあらわれであるコトをわきまえるべきだ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

ユネスコの政治案件

29年10月20日配信の産経ニュースの記事引用する。


 アルライシIAC議長は産経新聞とのインタビューで、記憶遺産審査を前に慰安婦問題の資料など「政治案件」の扱いで、ボコバ事務局長から「何の指示もない」と不満をのぞかせた。審査を統括する議長の発言で、ユネスコ内でも登録制度のあり方に異論が強いことが浮き彫りになった。

 アルライシ氏はIACの一員として、2015年、中国が申請した「南京大虐殺資料」の登録審査に参加した。犠牲者が「20万人以上」という記述について、事実関係を調べるすべがなかったと認めた。「この種の記述の判断には徹底した調査が必要だ。しかし、現在の審査制度では無理」と苦悩を語った。

 「IACに政治は分からない」とも述べた。公文書の専門家集団であるIACに、関係国の利害が対立する案件審査を一任すべきではないとの立場だ。18日に決まった改革も「IACが最終勧告を行う点は同じ」として、十分ではないとした。

 記憶遺産と異なり、ユネスコの「世界遺産」は諮問機関の審査を経て、加盟国で構成する委員会が登録を決定する。アルライシ氏は、「大多数の加盟国が記憶遺産審査への関与を希望している。時間はかかるだろうが、記憶遺産でも世界遺産のような政府間会議を設けるべき」と訴えた。

 透明性の欠如が指摘されてきた記憶遺産審査。内部でも不安が広がる中、慰安婦問題の資料が従来の制度を踏襲して登録されれば、ユネスコに大きな禍根を残すのは間違いない。



引用ここまで。


そもそも『世界記憶遺産』なるものは、どういうものなのか。誰がどういう過程で決定される物なのだろうか。くだらないことはもう止めたらどうなのか。なんで日本人がこんなくだらない話に神経をとがらせないといけないのか。

これらを主導してきたのは朝日新聞と、それを中心としてきた国内の左派勢力なのである。日本人が日本人をバッシングするためにでっち上げているのだから始末に負えない。

さらに従軍慰安婦問題については、従軍慰安婦問題報道を主導してきた朝日新聞が他メディアに批判されまくって、やむを得ず2年前に訂正した。さらに、
「朝日新聞は謝罪もしないのか」
との批判が殺到したため、それに耐えきれずやっとのことで謝罪した。

ところが、テレビ朝日はそんなことで懲りたりはしなかった。

古舘伊知郎は
「慰安婦の問題は強制連行の有無ではなく、人権問題だ」
と今になって問題をすり替えようとしているが・・・違う。それは絶対に違う。

朝日が従軍慰安婦問題で一番問題にしたのは、強制連行の有無なのだ。

今から2年前、朝日新聞は強制連行はなかったとして訂正、謝罪した。しかし、朝日は国内向けにはそう報道したのだが、外国向けにはそのようにはまったく報道していない。

南京大虐殺などというフィクションが世界記憶遺産に登録された。これも朝日新聞出身の本多勝一によるものだ。被害者30万人というものだが・・・それほどの遺骨がどこにあるのだろう。不思議な物だ。

さらに、今韓国で沸き上がっているのは『軍艦島』という映画で、三菱で強制的に働かされていた『徴用工』が蜂起した・・・という映画らしい。

ヤツらは従軍慰安婦の次は『徴用工問題』を作り出して、攻め込んでくるのだろう日韓請求権問題がそうであるなら、ユネスコから脱退した上で、韓国との国交を断絶しろ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日韓請求権協定 文在寅 徴用工

安全保障の在処

 29年10月11日配信の琉球新報の記事を引用する。


 国頭地区消防本部によると、11日午後5時35分ごろ、「東村高江で米軍機が墜落炎上している」という通報があった。沖縄防衛局によると、墜落したのはCH53大型輸送ヘリコプターという。けが人の情報はない。
 東村などによると、墜落したのは米軍北部訓練場近くの民間地で、高江の車地区の牧草地。午後6時半現在、米軍ヘリが墜落現場の上空を旋回し、消火活動に当たっている。住民提供の写真では、炎と黒煙が上がっている様子が確認できる。
 東村高江に住む伊佐育子さん(57)は「黒煙が牧草地から上がっているとの連絡を受け、現場に駆け付けた。米兵がいっぱいいた。高江公民館からわずか2キロ先だ。政府に対し、私たちの命を何と思っているのかと怒りでいっぱい。これ以上(米軍機を)飛ばすことはしないでほしい」と話した。
 米軍機は県内でたびたび墜落事故を起こし、県民の不安や懸念が高まっている。最近では昨年12月、名護市安部で米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが墜落した。2013年、キャンプ・ハンセンでHH60救難ヘリが墜落。2004年には宜野湾市の沖縄国際大学に海兵隊のCH53D大型輸送ヘリコプターが墜落した。



 引用ここまで。


「私たちの命を何と思っているのかと怒りでいっぱい。これ以上(米軍機を)飛ばすことはしないでほしい」
・・・住民はそう発言したとのことだが、では米軍の航空機を閉め出して、どうやって日本の安全が守られるというのか。コイツらは頭上から落ちてくる米軍航空機による危険を免れられるのかもしれない。だが、

中共や北朝鮮等の驚異からどうやって日本を守れるというのか。

一番根本的な問題は、日米安全保障条約その他日本の安全保障政策の責任は沖縄県ではなく日本政府にあると言うことだ。

他国との紛争時に沖縄県は責任を取れるのか?翁長雄志は自衛隊をコントロールするコトが可能なのか。

また、翁長雄志沖縄県知事は、
「在日米軍の存在がイヤであるのなら、代替案を出せ」
と詰め寄られても、
「それは中央政府の怠惰ですね」
と、話をそらす。

今回の総選挙、自民党は確実に圧倒的な多数の議席を獲得する。それをもって安倍政権の原発政策も沖縄の米軍問題も国民の民意を得たことになる。

もうなんの言い訳も通用しないということを学習すべきだ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR