FC2ブログ

韓国は無視してよし

30年9月28日付け産経ニュースの記事を引用する。


 防衛省・自衛隊は、韓国側が求める自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を断固拒否する構えだ。軍艦旗に当たる自衛艦旗の掲揚は、軍艦と民間船を区別するために課せられた国際ルールで、韓国側の要請は「非常識」(海上自衛隊幹部)と指摘せざるを得ないからだ。

 小野寺五典(いつのり)防衛相は28日の記者会見で「自衛艦旗の掲揚は自衛隊法などの国内法令で義務づけられている。国連海洋法条約上も、国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す『外部標識』に該当する」と強調し、国際観艦式に派遣する海自護衛艦に、従来通り旭日旗を掲げる方針を示した。

 海自幹部も「国籍を示す自衛艦旗は国の主権の象徴でもある。『降ろせ』というのは非常識かつ礼儀を欠く行為で受け入れられない」と韓国側への不信感を隠さない。

 旭日旗は日本海軍の軍艦旗として使用され、海自の自衛艦旗にも採用された。先の大戦で日本と激戦を交えた米国を含め、現在では国際社会に広く浸透している。しかし、韓国内の反発は根強い。

 平成28年に行われた日米韓など各国海軍による共同訓練の際には、韓国世論が海自の旭日旗を問題視。各国艦船の韓国・済州島入港が中止された。海自幹部は「困難な政治問題があっても軍事交流には持ち込まないのが国際的な共通認識だが、韓国では反日世論が優先される傾向が強い。北朝鮮問題で日米韓の連携が重要になるが、こんなことが繰り返されれば信頼関係は築けない」と語る。



引用ここまで。


 韓国のこの手の嫌がらせに対しては反応しなくても良いのでは。韓国の言ってることやっているコトこそが非常識なんだからさ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。





スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

中国人はバカにされて当たり前

 スウェーデンの公共放送が、中国人観光客が巻き起こした騒動について伝えた。

 中国人観光客一家は午前2時にストックホルム市内のホテルに到着。だがチェックインは午後2時から。ホテル側は当然受け付けられない。そもそも、そんなとんでもない時刻にチェックインさせてもらおうとする気が知れない。一家はロビーで宿泊させてもらえるように要求。ホテル側は当然それを拒否。中国人観光客は男性の体調が優れないと口実にロビーで休ませてもらえるように要求するのだが、そうであるのならホテル側はますます要請を断らざるを得ない。

 ホテルは病院ではないのだし、ロビーだって病院の待合室ではないのだ。具合が悪いのなら、病院に行けばいい。

 中国人はその程度のコトが理解できない。中国人に詰め寄られて困ったホテル側は警察を呼ぶ羽目に。手を焼いたスウェーデン警察は結局一家を強制的にホテルからつまみ出した。

 その一連の出来事が動画として残されている。

 中国人男性は道路に寝転がり、妻は男性の脇で大げさに泣き叫び、その息子もそれに呼応するかのように
 「これは殺人だ!」
 と怒鳴り散らす。

 スウェーデンの公共放送は半ばパロディ化して伝えていた。その流れで美人レポーターが
「中国人の皆さん、食事中に用を足さないでくださいね」
「スウェーデンは皆さんを歓迎します」
「ただ皆さんがマナーを守らないのであれば、お尻をペンペンしますからね」
と笑顔で言う。

 中共のスポークスマンおよび在スウェーデン中国大使館が、
 「中国人を侮蔑した」
 「基本的人権が無視している」
として抗議したのだが、スウェーデン公共放送はあっさりその抗議を受け入れ、謝罪してしまった。

 あの中共が『基本的人権』をなど持ち出すとは片腹痛い。
 元産経新聞記者の福島香織は、
「中国人はあらゆる手段を講じて自分の要求を通そうとする。場合によってはこのように被害者面することも多い」 
と解説する。

 風刺という正当で文化的行為は否定されるべきものではない。

 ちなみに30年9月28日のテレビ朝日『モーニングショー』では、アナウンサーによると
 「中国国内の人たちは当初はスウェーデン公共放送に対して反発する声が多かった」
 「ところがまったく編集されていない動画が中国のウェイボーで出回ると潮目が変わった」
 「中国人の多くも『これは観光客一家が悪い』と言うようになっている」
とのこと。
 
 ところが話の流れを読まない吉永みち子は、
「中国は急激に経済が発達して、それに人々のマナーが追いついていないだけ」
「日本人観光客だってかつては『眼鏡をかけたサル』だと揶揄されていた過去がある」
「そういう意味ではスウェーデン側には『大人の対応』をしてくれれば良かったのでは?」

 は?『大人の対応』ってどういうこと?具体的にホテルやスウェーデンがどうすれば良かったというのか。

 吉永みち子のような左派的な連中は、中国人と聞くととにかく反射的に擁護しようとするバカが多い。こういう連中って本気で風刺であるとか言論報道の自由、表現の自由に重きを置いていないのだろう。

 それに対して長嶋一茂は
「こういう人たちには日本に来て欲しくない」
「スウェーデンの人たちも『中国人はもう来ないでください』ってハッキリ言えばいい」
とド正論を言って、スタジオを凍らせた。

 一茂、GJ!




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。





テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

本当の『排外主義者』は誰なのか?

 ある人物のtweetを引用する。

『yoshiya‏ @yoshiya_0511
(新潮45を批判する声が)さらに人数が増えていってる印象。これを機会に、マスコミでも政治家でも、ヘイトスピーチや差別や排外主義、悪意で憎悪を煽り他者を攻撃することで利益を得ようとする輩にもう二度とその手法を使わせないようにしなければならないですね。 #0925新潮45編集部包囲』

 気持ち悪すぎる。久しぶりに攻撃するためのツールが手に入ったから、うれしくてたまらないのだろうが本当のLGBTの人の意見はキチッとくみ取ってあーだこーだと議論しているのだろうか。どうせそんな議論はめんどくさいからしてないんだろうね。自民党を攻撃するネタがあればなんでもいいんだろうね。

 バカだねぇ。

 同じTwetterでも、『本物のLGBTの人々(←自称です、あくまで)』は騒動に対する違った違和感を強烈に主張している。彼らは
「LGBTに理解のない人々が勝手に騒動を起こして、勝手に焚書して悦に入っている」
「彼らはオレたちLGBTのコトなどロクに理解しようとしないくせに、オレたちの存在を政治的に利用している」
コレを聞いて、オレはものすごく納得がいった。

 いわゆるリベラル勢力は比較的言論の自由や出版の自由、良心の自由は何人にも侵されてはいけないと考えているはずだとオレは信じ込んでいたのだが、必ずしもそうではなく、結局右も左もそしてリベラルも保守も結局、自分たちにとって都合の悪い言論を双方ともに封じ込めてしまう。

 こんな議論のあり方があるだろうか。いや、議論にもなっていない。言い出しっぺは杉田水脈であるが、その後沈黙を守っている。そしていわゆるリベラル勢力は杉田水脈の攻撃に飽きたら今度は新潮45を攻撃し、休刊に追い込んだ。

 新潮45だって、日本人の深い視察力を高めるための情報を提供してきたはずだ。こんなつまらない騒動で、どうしてこんなことになってしまうのだろう。

 繰り返しになるが、杉田水脈には言論の自由がある。新潮45には言論の自由および出版の自由がある。左巻きの連中は自分の権利や自由についてはそれを全力で守ろうとする。しかしながら敵のそれは意地でも許さないらしい。

勝手にしてくれればいいのだが、こういう歪な『騒動』が起きる度に日本の民主主義はますます後退していく。








<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。





テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

自民党総裁選、終了してもマスコミは踊る

自民党総裁選が終了。事前の報道のとおり、安倍晋三の勝利に落ち着いた。

ところが、まだマスコミは口を挟みたいらしい。曰く、
「石破陣営が予想外」
だってさ。

安倍晋三は勝っても負けてもなにかを言われる。マスコミはそういうふうに準備していたのだから、当たり前なのだ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。





テーマ : 報道・マスコミ
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR