翁長の往生際の悪さ

28年12月20日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、埋め立ての承認を取り消した沖縄県の翁長雄志知事を国が訴えた訴訟の上告審判決で、最高裁第二小法廷(鬼丸かおる裁判長)は20日、県の上告を退けた。県の敗訴が確定した。

 辺野古への移設に必要な沿岸部の埋め立てをめぐっては、仲井真弘多・前知事が2013年12月に国の申請を承認。だが「辺野古反対」を掲げて当選した翁長知事が昨年10月に承認を取り消した。

 国と県は相互に計3件の訴訟を起こしたが、今年3月に和解が成立。和解条項に基づき、国は承認取り消しの撤回を求める是正指示を出したが、翁長知事は応じなかった。このため、知事が従わないのは違法であることの確認を求め、改めて国が福岡高裁那覇支部に提訴した。

 9月の高裁支部判決は、国の主張をほぼ全面的に認め、「翁長知事が承認取り消しを撤回しないのは違法だ」と判断。「普天間飛行場の危険を除去するには、辺野古に新施設を建設するしかない」とも述べた。



引用ここまで。


辺野古移設については国と沖縄県側が訴訟合戦となっていた。そして高裁那覇支部が示した和解案を示すと国、沖縄県双方ともコレに乗った。

ちなみに和解案には裁判所ででの判決が出たら、双方ともにそれを尊重するという約束だったハズだ。

ところが翁長雄志はこの最高裁判決を受け入れず、
「あらゆる手段を用いて辺野古移転を阻止する」
と早くも徹底抗戦の構えだ。

そうしたいのならそうすればいい。やはり国から訴えられ、二度目の敗訴によって泣きをみるのは沖縄県側だ。

ちなみに先日オスプレイが不時着したときには翁長雄志は
「コレでは法治国家とは言えませんねぇ」
と、意味不明の言葉を残している。なんでオスプレイが不時着しただけで日本が法治国家でなくなるというんだろう。

が・・・翁長雄志が和解案を無視するのであればそれこそ日本が「法治国家」ではなくなるじゃねぇか。

普天間の基地機能移転については待ったなしの状況だ。いちいち翁長雄志に振り回されても意味はない。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR