ガソリーヌの変

28年12月27日配信の産経WESTの記事を引用する。


 民進党の山尾志桜里前政調会長(衆院愛知7区)は27日、名古屋市内で記者会見し、事務所経費として多額のガソリン代を支出していた問題について、元公設秘書が2011~12年に165件、計217万円の不正利用を認めたと明らかにした。既に山尾氏側へ返金しており、刑事告訴は見送るという。

 山尾氏は「国民、県民に疑問や疑念を抱かせてしまい申し訳ない。コンプライアンス徹底に努めたい」と陳謝した。金の使途については「元秘書側に確認できなかったが、総支部や後援会などの政治活動に使われた事実はない」と説明した。

 山尾氏によると、元秘書は11年3月~12年7月に愛知県尾張旭市の地元事務所に在籍。この期間に、1カ月の事務所のガソリン代が30万円を超えることがあった。元秘書は、県内のガソリンスタンドに廃棄されていた他人のレシートを事務所に提出し、ガソリン代として精算していたという。

 元秘書は一時、連絡が取れなくなっていたが、弁護士を通じ問いただすと、不正を認めた。山尾氏は4月、12年にガソリン代で計429万円の支出があったとしていたが会見では、精査した結果、不正は計217万円に確定したと説明した。



引用ここまで。


このバカ女、以前は甘利明氏が内閣府特命担当大臣の金銭スキャンダルが発覚したときに
「担当大臣を辞任するだけでなく、衆院議員辞職するべきだ」
と迫っていた。その当時はTPP関連の国外交渉が進んでいる最中であったが、その中心をになっていた甘利明氏をいとも簡単に追い落とそうとする行為はあまりにも国益を無視する政治的パフォーマンスをのように見えた。

それを見せつけられてシラけた気分になった国民有権者もさぞかし多いだろう。

さて、山尾志桜里の件だが、どうしたもんだろう。この女、元公設秘書の起訴については見送るとしたが・・・それでは真相究明はどこに行ってしまうのだろう。

クソパヨクはそれに反論すべく、
「では安倍総理のガソリン代は問題にならないのか」
「安倍総理の場合は地球20周分だが?」
「安倍総理は説明責任を果たさないのか?」

などと言う。バカバカしい・・・反論にもなってない。まるでそれは
「安倍総理がやっていたんだから山尾志桜里がやっていても問題ないだろう」
と、小学生並みの議論をしているかのようだ。

これはテレ朝昼の情報番組での山尾志桜里のガソリンの問題についてのやりとりだが、
川村晃司テレビ朝日解説委員「山尾志桜里氏の場合は地球5周分だけど、安倍総理の場合は地球10周分ですからね」
橋本大二郎「安倍総理の場合は現職でしたし、事務所も山尾よりはるかに規模が大きい」
        「落選中だった山尾さんの場合は一体どこを走っていたんでしょうね」
        「さらに言えば安倍総理の場合はプリペイドカードの購入ではなく現金払いだ」

典型的左翼コメンテーターである川村晃司テレビ朝日解説委員、撃沈。

山尾志桜里・・・今年は流行語大賞で
「日本死ね」
で流行語賞をもらいご機嫌な一年だっただろう。だが、我が子が他者に対して「死ね」という様子を見て喜ぶ両親がいるだろうか?
我が子が意気揚々と他者に対して汚い言葉を吐くのを見て喜ぶ両親がいるだろうか。

山尾志桜里はこれが自分の晴れ姿だとばかりに壇上に上がり、満面の笑顔で賞を受賞した。
そんなコトしてるヒマがあるのか?

前述の『リテラ』ではご親切にも
「政治家はすべての領収書に目を通す時間はない」
といって山尾を庇うが・・・

『リテラ』はもし自民党の議員がそういう立場に立ったとしたら、庇ってくれるのだろうか。

そりゃぁ頼もしいわいwww



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 山尾志桜里 ガソリン代 プリペイドカード 地球5周分

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR