安倍総理の真珠湾訪問

28年12月28日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 米ハワイを訪問中の安倍晋三首相は27日午前(日本時間28日早朝)、オバマ大統領とともに真珠湾のアリゾナ記念館を慰霊のため訪問した。犠牲者の名前が刻まれた壁に献花し、黙禱(もくとう)を捧げた。日本の現職首相が同記念館を訪れ、慰霊を行うのは初めて。日米両首脳はその後、真珠湾で演説し、首相は「日米の和解」を強調した。


引用ここまで。

安倍総理のスピーチの核心は
「米国のおかけで高度成長を成し遂げ、やっとの思いで和平を確立した」
「これから先の世代がいつまでも負い目を感じてはいけない」

朝日や毎日、東京各紙はさぞ悔しかろう。悔しすぎて舌かみ切って死にたいくらいなんだろうなwww

安倍総理はもちろん、謝罪をしに真珠湾を訪れたわけではない。米国でもそんな声は盛り上がってない。安倍総理が『寛容と和解』の重要性を訴え、大方の人の賛意を受けたのだ。



日本人は今さら原爆投下について謝罪を求めたりはしない。アメリカ人も真珠湾について謝罪することを要求したりはしていない。

オバマもそれに答え、
「日米同盟は世界で最も重要な二国間関係だ」
とした。トランプに対するけん制とみられるオバマの態度を見た中共そして韓国はどう見るのか。うっかり批判すると、国際社会で孤立するぞ。

それに対し唯一批判して見せたのが例の玉川徹(阿呆)だ。
「75年といえば対米追従が始まった年ですよ」
こいつ、どうゆう計算してんだ?

「そして間もなく辺野古の埋め立て工事が始まる」
「翁長雄志沖縄県知事以下県民がみな反対なのに、基地はなくならない」
全然違う話じゃん。オマエはなんの話してんだ?支離滅裂だぞ。

安全保障の問題と安倍総理の外交上の成果とのあいだには5万kmほどの開きがあるわい。オマエ、いつの間に中空間に達してたんだ?

安全保障については国の専権事項だ。いざ有事となった場合、翁長雄志が責任取れるのか?

いい加減にしろよ。

福島瑞穂は安部ドクトリンともいえる昨年の安部談話で
「我々の孫の代まで謝罪の責を負わせるわけにはいかない」
というコトだった。昨年のオバマの広島訪問、そして今回の安倍総理真珠湾訪問ともに、そういう安倍総理の強い意思が反映されている。

それに対し福島瑞穂(頓珍漢女)は
「永遠に謝罪すべき事があるはずです!」
と喚いたが・・・そんなバカ女は相手にしても疲れるだけ。

それより福島瑞穂と蓮舫の証人喚問はまだなのか?



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 国際ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 安倍総理 真珠湾訪問 オバマ メルケル

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR