静謐環境で議論すべき

国会での意見の集約は静謐な環境が必要だ。

天皇陛下の退位について安倍総理は、今日報告された有識者会議での論点整理をたたき台にして、満場一致で可決成立を目指す。

ところが一部の野党やマスコミは陛下の『恒久的な法律が望ましい』とのご発言をして、特例法での法案のを目指す安倍自民党を批判する。

それこそが天皇御家族の『政治利用』だということを自覚していないらしい。当たり前だが、天皇ご一家には参政権はないしそれを利用して日本の国体を差配する権力はない。

つまり、今回のような案件においては天皇陛下の『ご意向』ではなく、国民が広く議論し、国会で可決すべきなのだ。

29年1月24日、テレ朝の夕方のニュース番組で、大谷昭宏(典型的なパヨクやろう)は、
「(恒久的な制度が望ましいとする)陛下のお気持ちにあったものなのか、非常に疑問が残る」
こういう大バカ者が一番手に負えない。

これをして『政治利用』というのだ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR