尖閣防衛の「隙間」

29年2月14日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 トランプ米大統領が、日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象に尖閣諸島(沖縄県石垣市)が含まれると明確に認めた。尖閣を脅かす中国に対する強烈なメッセージになったことは間違いない。だが、それでも中国が尖閣から手を引くことは決してない。

 「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土だ。日本はたびたび外国の支持を求めているが、この問題で外国の支援に頼っても無駄だ」

 トランプ氏に先立ちマティス国防長官、ティラーソン国務長官が相次いで尖閣への5条適用を明言したことに、中国外務省はこう反発していた。中国は尖閣の領有権を、決して譲れない国益である「核心的利益」に位置づけている。トランプ政権による5条適用の明言が痛打だったことは明らかだが、あっさり引き下がる国ではない。

 むしろ、尖閣をかすめとろうとする手口はより狡猾に、したたかになる可能性もある。

 日米安保条約には、日本の“施政下にある領域”に武力攻撃が発生した場合に、日米が共通の危険に対処すると明記されている。読み替えれば、日本の施政下から外れれば、日米安保条約の適用対象ではなくなり、米軍が動くこともない。

 その好例が、北方領土と竹島だ。日本は北方領土と竹島の領有権を主張しているが、実効支配しているのはロシアであり韓国だ。残念ながら日本の施政下にあるとはいえず、日米安保条約の対象とはなっていない。北方領土でいくらロシア軍が跋扈し、竹島で韓国軍が上陸訓練をしても、米軍が動くことはない。

 中国の狙いもそこにある。尖閣の実効支配を実現し、日本の施政下とはいえない状況をつくり出せば米軍は手出しできない。

 ただ、いきなり中国海軍を投入して尖閣を奪取しようとすれば「武力攻撃」とみなされ、安保条約に基づき強力な米軍が来援する。そこで中国は、軍ではなく警察組織である海警局の公船を活用した圧力を一層強めてくることが予想される。

 これまでも中国は、3隻の公船を月に3回、2時間ずつ尖閣周辺の領海に侵入させてきた経緯がある。「3-3-2フォーミュラ」と呼ばれる戦術だ。これを「4-4-3」、「5-4-3」とペースを上げ、徐々に既成事実を積み上げようとする可能性が高い。

 また、中国人民軍の代わりに、海上民兵をより積極的に投入することも想定される。昨年夏に尖閣周辺に押し寄せた大量の中国漁船には、100人以上の海上民兵が乗り込んでいた。尖閣奪取で主力を担うのは、この海上民兵だと危惧する声もある。

 中国のこうした手口は、少なくとも表面上は“非軍事的”な行動のため、自衛隊に「防衛出動」を発令するのは不可能だ。警察権に基づく「治安出動」や「海上警備行動」を発令し、自衛隊が対処する選択肢もあるが、「先に軍隊を出したのは日本」だとの口実を中国に与えることになる。米国をはじめとする国際社会の賛同を得られる可能性も低い。

 中国の公船や民兵に対応するのは、海上保安庁や警察だが、人員・装備の面で圧倒的に劣っている。中国はこの“隙間”を狡猾に突き、尖閣の実効支配を強めようとするはずだ。

 日本は昨年、集団的自衛権を限定的に行使できる安全保障関連法を施行したが、この隙間は手つかずのまま残された。海保の能力増強や権限の拡大など、日本を守るために検討すべき課題は多い。米国が尖閣への安保適用を明言したからといって、安心している場合ではない。

(政治部 石鍋圭)



引用ここまで。


国会が安保法制を審議していた頃、旧民主党は政府の推し進める安保法制に反対した上で、産経の記事にあるような「隙間」を埋める方が先だと主張していたのだが、それは真っ当な考えだと思う。

3年前、小笠原諸島の世界遺産に指定されている豊かな海は、中国漁船によって犯された。赤珊瑚が目当てだったらしいが、小笠原の海は砂漠化、漁業資源は大打撃を喰らった。

小笠原関係者らは何度も本土へ足を運び、小笠原の警備増強を申し込んだのだが、海上保安庁だけではすべての中国漁船を拿捕することは不可能だった。

巡視船の数も、職員の数も限られた海上保安庁では太刀打ちできないことが判明してしまったのだ。

つい最近はやはり中国漁船によって沖縄の豊かな珊瑚礁の多くの部分は砂漠化してしまった。

尖閣防衛はもちろん、海洋国家日本の離島を防衛するためには、海上自衛隊が出動できる法整備を急ぐべきだ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 尖閣諸島 小笠原 赤珊瑚 砂漠化

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR