玉川の偏向

2月16日のテレ朝『モーニングショー』。毎週木曜日は玉川徹の『そもそも総研』がある。今回のテーマは「共謀罪テロ等準備罪)について」。

玉川徹は、「国が取材に応じてくれないから」という言い訳で、共謀罪反対派の弁護士たった一人が解説者として登場した。玉川はなんで自分に都合の良い反対派のゲストしか呼ばないのか。放送法第4条の主旨に従えば、対立する問題については賛成派の専門家も出演させるのが筋だ。

そんでさ、国会で審議中の案件に役人がコメントできないのは当然だと思うのはオレだけか?この辺のおかしな点は視聴者にわからないうちに、するりとすり抜けて行ってしまうのが玉川のやり口なのだ。

そして、特定秘密保護法案が審議されたときとまったく同じデマを、テレビという公共の電波を使って流布させる。玉川は
共謀罪は治安維持法があった戦前戦中と同じで、非常に危険だ」
と言う。だが、治安維持法よりも玉川のように一見公正中立のように見せかけておいて、実はとんでもなく偏向している方が危険性ははるかに高い。

玉川と弁護士は特定秘密保護法案審議中とまったく同じデマを流す。
「目配せしただけで『合図だ』と警官が決めつけたら逮捕される」
「LINEで『殺す』というメッセ-ジを既読にしただけで逮捕される」
「戦争は嫌だ、原発は要らないよね・・・そう言っただけで逮捕される」
「私関係ないから・・・という人がいるかも知れないが、政権が変わったらどうなるかわからない。安倍総理の言う『一般の方々』の範囲が政治の都合で変わって行きかねない
そして弁護士は、
「スウェーデンでもやってる刑罰なのだけど、もっと絞り込んでる」
オレなんかそれだけでは納得しないからツッコミ入れたくなるんだけど、そうしたら線の引き方、絞り込みの問題なのね?そう思っちゃうのだけど・・・

普通、他国でも施行されてる法案であるなら、「日本でも活用すべきだ」って考えるのが普通でしょ?

というかさ、テレビに出てる連中が自分に都合のいい考え方を持つ「専門家」一人だけを出演させて、自分たちに都合のいい考え方を視聴者に植え付ける行為の方が共謀罪より恐いだろ?

玉川は続けて弁護士にこう言って解説を促す。
「賛成派はパレルモ条約について『共謀罪を成立させないと批准できないと言ってますが?」
弁護士
パレルモ条約はマフィア対策の法案であって、テロには関係がない」
マフィア対策なら日本も批准した方がいいでしょ。今まで批准しないままに放置していたこと自体が問題だ。

コーナーの後半になると、玉川はこう言う。
「政府のとって都合の悪いことを言う人間を取り締まるための法律・・・私のことを取り締まろうと言うんですかねぇ笑」
確かに笑える。

バカめ、政府が目の色換えて取り締まるほどオマエは大物じゃぇねぇよ。

繰り返す。

特定秘密法案審議中に弁護士や評論家、学者どもが流したデマの通りに日本の社会はなってるか?そういう視線を持って考えてみればいい。

居酒屋で国家官僚たちが機密事項について話していたのを、偶然聞いた主婦が逮捕された事例があるのか?デモの最中に警官と目があっただけで逮捕された事例があるのか?治安維持法廃止前の窮屈で言いたいことも言えない社会になっているのか?

違うよな?

治安維持法が蘇ってなどいないから、素性のわからぬ「国民」は『日本死ね』などと言えるんだろ?逮捕されないだろ?そして民進党のバカ女が国会でそれを取り上げられたりしたのも言論の自由、表現の自由が認められているからだろ?

バカばっかりいるから日本の行く末が心配になる。

ちなみにNHKのテロ等犯罪準備罪についての世論調査(2月11日、12日実施)では、
テロ等準備罪 必要46% 必要でない14% どちらとも言えない29%」
という結果が出ている。

玉川はコレについてはどう考えるのだろうか。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : パレルモ条約 テロ等準備罪 NHK世論調査 共謀罪 特定秘密法 玉川徹 放送法

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR