小池vs石原

小池百合子石原慎太郎が、泥仕合を演じている。マスコミも有権者もこういう話題が大好物であるからかなりの時間をかけて面白おかしく報道しているのだが・・・趣味が悪い。

両者ともに公の場で感情むき出しの言葉を投げつけ合っていて、実に見苦しい。

小池都政下で明らかになった豊洲市場の欠陥。その責任追及はいったん収まったハズだった。ところが都政で今ひとつ実績をあげられていない小池が再び『敵』を作りだし、小池劇場を繰り返そうとしている。

石原の言うことには正論も含まれている。小池都政にはビジョンが欠けている。『東京大改革』というのだが、何をどうしたいのか具体的な話はまったく浮かんでこない。さらに専門家会議なるものを構成しているのだが、何をしているのかよくわからない。一部の都民は気づいているのだろうが、ブラックボックスは都議会自民党ではなく、小池なのだ。

それにしても・・・欧米の政治家であれば、ユーモアやウィットに包んだ言葉のやりとりをする。それができない人物は政治家としても人としても尊敬を得られる対象にはならない。

石原は以前から激しい性分で、他人のことをズケズケと言うのだが、彼のそういう性分については皆慣れっこのハズ不思議に思わないだろう。問題は現都知事である小池の方だ。都知事選がとっくの昔に終わった後も『敵』を見つけだしては挑発する。しかも実に女らしい嫌味な言い方で。

マスコミや有権者はその辺に爽快感を覚えるらしい。こんな蓮舫みたいなやり方をしていると、寄せ集めの『小池政権』は瞬く間に崩壊するだろう。

小池はまるで蓮舫のような女だ。両者には『女性らしさ』のかけらも見られない。小池が今の通りのやり方をしていると、その内必ずしっぺ返しを喰らうだろう。

石原がどうなろうとも他人が心配する必要はないのだが・・・小池の場合はそうはいかない。小池は他人を叩くことで自分の支持率を稼いでいる。これは稚拙なやり方であって『東京大改革』なるものの本質ではないし、これでは豊洲の問題が解決するわけでもない。小池は責任論に話をすり替えているだけなのだ。

今の責任者はどこまで行っても小池である。市場移転、そして再延期を決断したのも小池なのだ。

喫緊の課題は、業者への補償だ。責任は小池率いる東京都にある。東京都は有無を言わずに被害者である業者たちに補償をする義務を負っている。十分な仮払い金を詰んで業者らに支払うべきだ。

何度でも言う。責任者は石原ではない。小池だ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 石原慎太郎 小池百合子 豊洲市場 小池劇場

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR