憲法審査会への注文

国会では久しぶりに憲法審査会が開催されている。

民進党は白真勲が
「現行憲法の意義を正しく評価すべき時」
また辻元清美は
「自民党の改憲草案は自民党のイデオロギーむき出しの、押しつけ憲法だ」
などと、どう考えても屁理屈に走っている。

民進党は結局憲法をどうしたいのか。自分たちの”思想”を改正草案にまとめて提出すべきじゃないのか。

ちなみに憲法改正草案については国民の代弁者たる国会議員の3分の2の賛成で発議され、その後国民投票に付されるワケであるから、辻元の言う
「押しつけ憲法」
にはまったく当たらない。バカ女め、まったく・・・

さて・・・

憲法の前文には
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」
とある。これでは読みようによっては日本国の生存権を周辺国、あるいは世界中の諸国に丸投げしたとも受け取れる。

さらに憲法9条には
「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」(第一項)
「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」(第二項)

この違和感をどうすればいいのだろう・・・

これじゃぁ自衛隊の存在は違憲そのものじゃないのか。”専守防衛委”なるものも怪しいもんだ。国の命令で自衛隊という軍隊に何らかの指示をすることすらいけないようだ。

朝生で辻元清美が自衛隊は軍隊じゃないというレトリックについて、
「これは自民党が生み出して今までそういうふうに説明してきたモノですよ」
このクソ女は自民党の悪口は達者だが、なら民進党はこの現状をどうしようとしているのか。まったく見えないままだ。さらに辻元が社会党にいた当時の自社さ政権の村山富市は自衛隊の存在を『違憲合法』などとして実質的に認めたじゃないか。

この矛盾についてこのバカ女はどう答えるのか。

少なくとも自衛隊を軍隊として認めるのか認めないのか、そこについては結論を出してほしいものだ。そうでなければ新たに駆けつけ警護という任務を課せられた陸上自衛隊員の”兵士としての”誇りがたたない。

さらに・・・海上保安庁は朝鮮戦争当時国連からの要請で、米国軍と連携し掃海作戦の任務に当たり、56名もの”戦死者”を出した。何のことはない、日本は1950年にはすでに米国との集団的自衛権を行使していたのだ。

他人のことだから日本は無視すれば良かったのだろうか・・・そうしたらその後の日米関係はどうなっていたか?

憲法がどうのこうのではない”現実”がここにある。

SEALSの坊ちゃんたちにわかるだろうか。



<『猫いらずの言いたい放題』の応園をよろしくお願いします((○┓ペコリィ>


※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、ネコちゃんワンちゃん動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR