ハフィントンの戯れ言

29年3月1日配信のThe Huffington Post の記事を一部引用する。

慰安婦問題は、両国の国民があまりにもよく知る問題となり、もはや政府間の合意だけでは問題を解決できなくなった。朴槿恵政権が見落としたのはその点である。対立が2000年代以降に本格化したのは、民主化とインターネットの普及の結果であり、市民が力を持つようになった21世紀の世界を反映している。

提案したい。日韓両政府は、この問題を協議するための協議体を作ってほしい。そして、その議論のために、日本政府は、駐韓大使を直ちに復帰させることが望ましい。協議体は、慰安婦問題について長い関与してきた、しかし対立中の日韓の学者を主要メンバーとし、支援団体と慰安婦の当事者とメディアが傍聴したり、中継したりするようにして、疑問を投げかけ、答えることが可能な形にしなければならない。実際、論点は多くない。そのようにして、両国民の共通の理解を導かなければならない。



引用ここまで。


さすが日本国憲法の原案をたった2週間ほどで作り上げた、米国リベラルの言うことではある。笑っちゃうねぇ。
韓国は歴史線を対日外交におけるカードとして持ち続けていたい。だからこの先従軍慰安婦問題はじめ靖国神社参拝、そして独島領有問題というカードは解決してしまっては困るのだ。

いつまでも繰り返し日本を脅し、謝罪と賠償を得るために解決してしまっては困るのだ。

さらに言うと、武貞秀士拓大特任教授によると・・・
「韓国には国としてのアイデンティティがない。だから独立後に国としてまとまる『旗』として、安易に反日にしがみついてしまった」
と発言する。実に興味深い議論だ。

協議体なるものを作っても、従軍慰安婦問題は解決しない。その理由は、
第一に、韓国は平気で日韓合意を破棄してしまう国だということ。
第二に、歴史的事実から考えて少なくとも朝鮮半島には旧日本軍が強制的に連行した従軍慰安婦はひとりもいないという『事実』未だに韓国は認めていないこと。

この二つから考えて何がわかるか。韓国は都合の悪い事実を事実として認めないということだ。

もしハフィントンポストが提案するような協議体を作っても、着地点は見いだせないだろう。韓国挺身隊問題対策協議会(いや、韓国の全国民)は従軍慰安婦問題に自己のアイデンティティをかけてしまっているため、『公正に』協議するコトなどあり得ないのだ。

韓国人たちは幼い頃から従軍慰安婦問題についてすり込まれている。それだけではなく幼稚園生からみな、『独島の歌』なる気持ち悪い歌覚えさせられる。それは後になってからひっくり返すコトのできない、洗脳に近いものなのだ。

森友学園の教育を問題視するなら、韓国の教育に対しても問題視すればいいんじゃないのか?

専門家を交えて・・・などと簡単に言うが、歴史学者にしてもやたらと反日的な人間が韓国には当然多くいて・・・そしてなぜか日本にもいる。

以前、NHKの討論番組で韓国の『専門家』とジャーナリストの櫻井よしこ氏が従軍慰安婦について討論していた。桜井氏は従軍慰安婦問題についてはかなり力点を置いて活動されている。そして韓国側の『専門家』はほぼ桜井氏にコテンパンに論破されてしまったのだが・・・所詮、そんなものを韓国側の『専門家』たちが韓国に持ち帰ったりはしないのだ。

韓国の『専門家』は反論もできなければ屈服することもしないのだ。

ハフィントンポストは
「対立が2000年代以降に本格化したのは、民主化とインターネットの普及の結果」
だと言っているが、これまた認識が甘すぎる。プロであるなら事実関係を徹底的に調べるべきだ。

朝日新聞は従軍慰安婦問題で捏造を2回も繰り返している。

最初は吉田清治の『私の戦争犯罪』なる著書の記述として、
「軍令で朝鮮人女性を強制連行(「慰安婦狩り」)し日本軍の慰安婦にしたと『告白』(した)」
というなんとも稚拙な「ポルノ小説」を朝日が正当化、美化して紙面で紹介した。

もう一回は1991年夏、金学順という韓国の『元慰安婦』を取り上げて、強制連行、拉致監禁、強姦というおぞましい暴行事件を捏造した件だ。

吉田清治の件では韓国国国内ではまったく反応はなかったが、91年の金学順を『元慰安婦』だとして元朝日新聞記者の植村隆が捏造したことで韓国内は大騒動になった。

何が言いたいか・・・

ハフィントンポストの報道は事実としてまったく違うのだ。金学順の件は1991年以降、日本国内でも、そして韓国内でも大問題になったのであり、2000年代に問題化としている。ハフィントンポストの記述は事実として間違っている。

日本人としてはハフィントンポストの提案するようなやり方ではウマくいかない、というコトを骨身にしみるほどに知っている。

もうひとつ。

ハフィントンポストは新たに協議体を設置することを提案しているのだが・・・わざわざそんなことをしなくとも、従軍慰安婦問題に
については2015年末にすでに二国間で合意しているじゃねぇか。バカなの?わからないの?国際的な合意事項について『第二回目』があっていいわけないでしょ?

これはねぇ、もう日本が立ち入る問題じゃないわけ。韓国の内政問題なのよ。わかる?

日本政府として、それを無しにしてゼロから協議するなどあり得ない。

何度でも言うが、日韓合意は「最終的かつ不可逆的な」モノなのだ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 吉田清治 金学順 植村隆 慰安婦問題 従軍慰安婦問題 歴史認識 日韓合意

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR