中共の『脅威』

29年3月4日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 【北京=西見由章】中国の第12期全国人民代表大会(全人代=国会)第5回会議が5日に開幕するのを前に、全人代の傅瑩(ふえい)報道官は4日に記者会見し、2017年度予算案の国防費が前年度実績比で「7%前後」増えると発表した。

 1月に就任したトランプ米大統領が国防費の大幅増額を掲げる中、中国国内ではこれに対抗するため軍事費の増大を求める声も高まっていたが、増加率は昨年とほぼ同水準となった。傅氏は「国防費が国内総生産(GDP)に占める割合は1・3%程度だ」と述べ、中国の軍拡に対する脅威論を牽制した。

 経済成長の減速を受けて昨年、中国の国防予算は6年ぶりに1桁の伸びにとどまり、前年度実績費7・6%増の約9543億元(約15兆8千億円)だった。

 「強軍の夢」実現を掲げる習近平指導部は、海空軍や戦略ミサイル部隊の「ロケット軍」を中心に戦力向上を急いでおり、国防費は世界第2位の規模を誇る。



引用ここまで。


パヨク連中は
「中国の脅威論を唱える人たちは、それを口実にして日本の国防を充実するよう企んでいる」
などと言う。
バカ言え。中国の脅威は現実じゃないか。

パヨク連中は中共の軍事費について
「さほど増えてはいない」
とか、
「中共が日本を攻めてくるわけがない」
などと決めつけるがそんなワケがない。一番マズいのは中共がその内訳をハッキリさせていないコトだ。そんな状況で、
「中共は攻めてこない」
「一体どこの国が攻めてくると言うんですか」
「それこそ妄想でしょう」
などと言っても、まったく説得力がない。

国内パヨク勢力は、
「日本が国防費を増額したら、中国を刺激することになる」
「限りない軍拡競争になる」
その前にさ、よく考えろよ基地外ども。異実関係として、どっちの方が軍事費増強について毎年毎年刺激してるんだよ。中共が日本を刺激してるんだろ。

どこ見てるんだよ。鶏が先か卵が先か・・・なんていう議論にすり替えるなって言うんだよ。

中共は軍の兵士をリストラするらしい。それを歓迎する連中はパヨクだと断言してもいい。中共は軍の近代化を進めているのだ。

とにかく中共と混乱が続く韓国、そして暴走気味の北朝鮮・・・これらの国の動きについては絶えず注視していくことが大切だ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR