あのさぁ・・・

衆議院のTPP問題についての委員会採決で、野党がまた与党の強行採決に対して醜態をさらした。委員会室の中にはビラ等を持ち込んではいけないはずなのに、自ら主体的に持ち込んじゃう。

そして「与党の横暴に体を張って対抗するカッコいい自分」をアピールするためなんだろうが・・・議長や与党議員に見せるためのビラをいちいちテレビカメラの方に向かって見せているのはどういうわけなのだろう。

不思議だわい。

そもそもTPPの採決がこんなに荒れたのは山本有二農水大臣が吐いた非公式の場で発したこの言葉のせいなんだとか。
「この間冗談を言ったら首になりかけちゃいまして」
「この場にいらっしゃるJA関係の方々も、農水省にいけばなにかいいことがあるかも知れませんよ」

何が問題なわけ?

バカレンホーはこれについて、
「この人は一体何なんでしょう?」
「農水省の件は利益供与じゃないですか٩(๑`^´๑)۶」

おいおいおい、国会議員というのは非公式の場でも冗談を言ったらいけないのか?・・・というか”冗談を言って首になりかけた”というのは誰の目から見ても事実じゃねぇか。

今国会の開会にあたっては安倍総理が自衛隊員や警察官、消防士らに対して尊敬の念を表すよう促したところ、与党議員はそれに積極的かつ主体的に応じた。

ところが民進党議員らは何が気に入らないのだろう、それは本当は安倍総理に対する拍手であって、安倍政権は北朝鮮と同じ体制だ、危険な政権だなどと言いがかりをつけた。

こんなくだらない言いがかりがあるだろうか。

実はどこぞの動画で民主党の鳩山政権誕生時にかれは国会で”新しい政治”を高らかに宣言した。それについて与党民主党議員がみんな起立して大拍手をした。

ちなみに自民党はその時、特段それにクレームをつけたことなどはない。

なんだかさ、くだらないところで揚げ足とるんじゃなくてさ、本質の部分で議論しろよ。

バカレンホーは代表に就任するにあたって
「私たちは対案を提出して堂々と議論する」
と宣言した。岡田も同じだった。

しかし岡田もレンホーも今のところまったく対案を示すことはなく、ただひたすらに政府案に反対するだけだ。




闘病記ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR