『実の親』を知らぬ子

29年3月22日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 病気のために自分の卵子で妊娠できない女性に対し、匿名の第三者からの無償での卵子提供を仲介するNPO法人「OD―NET」(神戸市)は22日、提供された卵子を使った体外受精で国内で初めて女児1人が生まれたと発表した。

 提携する医療機関で提供者の卵子を採取し、夫の精子と体外受精させた後、受精卵をいったん凍結保存し、提供者にHIVや肝炎ウイルスなどに感染していないことを確認した上で、妻の子宮に移植した。発表によると、1組の夫婦に今年1月に女児が生まれたという。

 提供者と受ける夫婦は、居住地や年齢などを考慮して組み合わせを決め、互いの情報は知らないという。また、生まれた子どもには卵子の提供について告知することを条件にしている。

 OD―NETは、患者の家族や不妊治療で実績のある医療機関などが中心になって設立。2013年以降、卵子の提供を申し出た女性は200人以上に上るという。

 現在の民法は卵子提供による子どもの誕生は想定しておらず、厚生労働省の有識者会議は2003年、匿名の第三者からの無償での卵子提供を認める報告書をまとめたが、法整備は進んでいない。日本産科婦人科学会は指針のなかで体外受精は事実婚を含む夫婦間に限定し、第三者からの卵子提供は法制化まで待つべきだとの方針を示している。
以降
 国内の一部の施設では、姉妹間などでの卵子提供が実施されており、海外で卵子提供を受ける人もいる。一方、卵子提供をめぐっては、提供者の採卵時のリスクや生まれてきた子どもの「出自を知る権利」の確保が課題とされる。(福宮智代)



引用ここまで。


実の親を知らない子をそんなに作り出したいか?実の親を知りたいのにそれがかなわない子をそんなに『生産』したいか?不幸になるべく宿命づけられた子をそんなに作り出したいか?

気持ち悪くて、反吐が出そうだ。

「卵子の提供を申し出た女性は200人以上に上る」
という話に驚く。こんな異常な妊娠、出産に賛同する人たちというのはいったいどういう人たちなのだろう。もし顔も名前も非公表だというならそれは一体どういうつもりなのか。

子供に恵まれないご夫婦に対して一体どういうつもりで卵子を提供するのか。それが『ボランティア』というのか?米国でやられているとおり、その間で金のやり取りが介在するようになってしまう可能性はないのか。

生まれてきた子について、卵子提供者が
「その子は私の子だ」
と言い出す可能性はないのか?

それと同じくらい、なんで自分のモノでも何でもない他人の受精卵を喜んで自分の体内に受け入れようとするのか。

この辺が『異常だ』と思う方が圧倒的に正しい。こんな不自然な生殖治療は許してはならない。

以前、親とはまったく違う人間に提供された精子によって生まれたとする若い男性が、『自分のルーツ』を知りたいがためにあちこちを探し出しているということをTBS『報道特集』が取り上げていた。『報道特集』は生殖治療で生まれてきた人たちに「『本当の』親を知る権利を確立すべきだ」
などと主張するのだが・・・TBSは日本の社会を根底から破壊しよう釣るのか?

それをやって本当に不利益を被るのは、そういう不自然な不妊治療によって生まれてきた子供たちだろうに。

なんでそんな段階で勝手なことをするんだ?もしなにか・・・たとえば生まれた子供が大きくなったときに、
「本当のお母さんを知りたい、会ってみたい」
「本当のお母さんと一緒に暮らしたい」
と言い出したらどうするんだ?誰が責任をとるんだ?

不自然な不妊治療を認めるな。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>


スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 不妊治療 卵子提供 受精卵

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR