証人喚問顛末

29年3月23日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 「安倍首相」「昭恵夫人」の名が、満員の委員会室に何度も飛び交った。森友学園への国有地売却問題で23日、国会であった籠池泰典氏の証人喚問。「寄付金をもらった」「口止めとも取れるメールが届いた」。首相側との関わりを強調する籠池氏に対し、議員たちは「事実なのか」と追及した。

 籠池氏は午前10時前、弁護士に付き添われながら参院の委員会室に入った。濃いグレーのスーツの胸元には日本国旗などをあしらったバッジ。硬い表情のまま腰を下ろすと、カメラのストロボがたかれた。

 10時開会。山本一太委員長が、「ご本人ですか」と尋ねると、籠池氏は「はい、そうです」と軽く頭を下げた。うそを言うと偽証罪に問われる、と説明すると、籠池氏は口を結んで小さくうなずいた。その後、「良心に従って真実を述べ、何事も隠さず、また何事も付けくわえないことを誓います」と述べ、宣誓書に署名した。

 「真に日本国のためになる子供を育てたいという教育者としての思いから開校できるよう頑張ってきた」。籠池氏は冒頭発言でそう切り出した。

 「応援してくれていた方々が手のひらを返すように離れていった」と「恨み節」も。「多くのご期待を受けて、舞い上がっていたところも私の中にございました」と反省も口にした。

 昭恵氏から100万円を受け取ったとする場面の説明になると、口ぶりは熱を帯びた。「昭恵夫人は覚えていないとおっしゃっているようですが、私たちには大変名誉な話なので鮮明に覚えております」と反論。昭恵氏が講演に訪れた際、周りの人を退室させて2人きりになり、昭恵氏が「安倍晋三からです」と言って封筒に入った100万円を差しだした、と主張した。

 大阪府の松井一郎知事についても、元府議会議長を通じて「お力添えをお願いしておりました。認可申請では特別なお取りはからいを頂いたと感謝しております」と述べた。

 山本委員長から小学校の認可申請や国有地の取得などに関して政治的関与があったのかと問われると、「あったのだろうと認識しております」と返答。共産党の小池晃議員からの「声をかけた政治家がいるか」という問いには、北川イッセイ元国交副大臣や柳本卓治参院議員(大阪選挙区)らの名前を列挙。しばらく間をおいて「そういうところで」と止めると、議場からは笑いが起きた。

 自民党の議員の追及に対し、野党からヤジが飛ぶ場面もあった。西田昌司議員が、2月23日の安倍晋三首相の秘書と籠池氏との電話記録と、籠池氏の証言との食い違いを挙げ、「あなた、偽証に問われますよ」と繰り返し詰めよった際には、場内から「物を見せろ」「恐喝まがいだ」とのどよめきが起きた。

 籠池氏も所々で反論。野党議員が籠池氏の自宅に訪れたことを批判的に取り上げた西田議員の質問に、籠池氏が「拒否することもない。何か問題ありますか」と返答したときには、場内から「当然だ」と笑いが漏れた。小学校設立の資金繰りについての西田議員の質問には「議員のおっしゃっていることは的外れ」と気色ばむ場面もあった。

 籠池氏はこう強調した。「真相を明らかにするためにもトカゲのしっぽ切りで私に罪をかぶせようとせず、ほかの関係の方々を国会に呼んで事実関係を聴いてほしい」

 ただ、小学校の建築費の疑惑について尋ねられると、隣の弁護士と言葉を交わし、「刑事訴追の可能性があるのでお答えできない」と明言を避けた。

 委員会室には、民進党の蓮舫代表ら国会議員が集まったほか、多くの報道陣も詰めかけた。(杉浦幹治、岡戸佑樹)

■傍聴人たちは

 参院委員会室の傍聴席を埋めた約25人は、様々な思いでやりとりを見守った。

 大阪市福島区から始発の新幹線で駆けつけたという女性(40)は「籠池氏は自分を守るような発言が多かった。一方、関与したとされる人の実名が出てきて、問題の解決にはまだまだ時間がかかると感じた。他の関係者への証人喚問も必要だ」と話した。

 長野県宮田村から来た大学院生の大石智之さん(34)は「森友学園への国有地売却について安倍政権の働きかけがあったかどうかが問題。籠池氏はまだ話せていないことがあるような気がした」と委員会室を後にした。

 大学院生の諏訪原健さん(24)は「自民議員の質問は論点をずらしていると感じた。政治家や官僚のどんな力学が働いて問題が起きたのか、まだ明らかにならずむしろ疑問が増えた。籠池さんの証人喚問だけでは絶対に足りない」と話した。

 国会議員の事務所でインターン中という都内の黒岩侑生さん(22)は「ニュースや新聞で報道され、興味があって来た。想像より強気な印象だが、補佐の弁護士に相談する回数が多く、自分の言葉で話していないのではと感じる。全容解明を期待したが、不透明な部分が残るのではないか」と話した。

 拉致被害者らの支援団体に所属する東京都内の近藤誠さん(67)は、安倍首相から妻の昭恵氏を通じて100万円を受け取ったという籠池氏の主張に注目している。「籠池氏が本当のことを言っているのか確かめたい」と話した。

 国会前でも市民団体が証人喚問の中継音声をスピーカーで流し、集まった人から「真相を解明しろ」などと声が上がった。



引用ここまで。


なにについて反論しようと、なにについて否定しようと勝手にすればいい。ただ、根拠もない話はどうしようもない。根拠がないのであれば、それはなかったことと同じだ。

籠池泰典は何度も
「自分は安倍総理を尊敬している」
という。ところが今では安倍総理に嫌がらせするばかりの野党にばかり頼っている。しかも共産党を含めてだぞ、おいおい。籠池よぉ、てめぇ、いつから共産主義者になったんだよ。

23日の証人喚問では、野党は当然のことながら安倍総理および昭恵夫人と籠原泰典の関係性を質す作戦だ。ただし、問題の本質はやはり国有地の払い下げと、森友学園が領収証を偽造して不正に助成金を受給していたという問題だ。

大学院生の人は朝日新聞の取材に答え、
「自民議員の質問は論点をずらしていると感じた」
そりゃそうだ。党の総裁、一国の宰相にあらぬ疑いがかかっているのだ。その疑惑は必ず晴らさなければならない。

昭恵夫人が
「安倍晋三からです」
と言って100万円が入った封筒を差し出したという。そしてそれを寄付金だと思い込んだらしい。だが、ものすごく惜しいところで籠池側+菅野チームはミスをした。
一つ目が郵便局の振り替え証と振り替え受領書の筆跡がまったく違うという件。
もうひとつが以前からこのブログでも指摘しているのだが、いったん振り替え人を『安倍晋三』と書いたものの、これでは振り替え証の体をなさないと言われたとのことで・・・驚くことに「安倍晋三」というところを、修正液で訂正し、「森友学園」としていることだ。

こんなもんなんの証拠になるだろう・・・

あとは・・・なんだかどうでもいい話ばかりだ。

野党は当然のように昭恵夫人の証人喚問に呼ぶとか呼ばないとか取りざたされている。なんだかねぇ・・・それがまたどうなるのか怪しいんだよねぇ。

今日はとりあえずほぼ『想定内』であったけれど。
このまま終わったら・・・菅野完というちっさいおっちゃんはなんだったのだろう。オレはどんな隠し球を持っているのかと思ったのだが・・・

ちっちゃいおっちゃんが指摘した『悪者』は主に大阪に縄張りを持っている政党と理財局長だったが、今日の証人喚問では・・・いやぁ、盛り上がらなかったねぇ。

コレについては与野党問わず、国会議員たちの力量不足・・・と言うことだったのだろうか。

結局隠し球は隠したままで不発だったのねwww




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 証人喚問 森友学園 籠池泰典 菅野完

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR