トンデモ学者

29年3月20日配信のyahoo ニュースの記事を引用する。


2012年月26日に始まる第2次安倍内閣以降、内閣支持率は高水準に推移し、順調であった。国政選挙も自民党は4連勝中である。この高い支持率もあり、昨年から衆議院解散の噂は続いている。昨年の参議院選挙は、衆議院総選挙とのダブル選挙になるとの予想であったが、熊本地震もあり、安倍首相は衆議院解散に踏み切らなかった。私は年末・年始解散を最もありえるシナリオとして予想した。しかし、安倍首相はその時期もスルーした。トランプ政権の誕生時期に重なることなどもあり、あえて避けたのかもしれない。安倍内閣支持率がずっと高止まりであり、いつになっても「勝てる」という思いもあったのではないか。
順調であった安倍内閣に逆風が吹き始めている。森友学園問題が安倍首相、安倍昭恵夫人、稲田防衛大臣などを巻き込んで、内閣のイメージダウンになり、安倍内閣支持率は低下している。安倍内閣支持率についての世論調査を一覧にしてみた。

時事通信調査 支持51.3% (前月比-2.1p) 不支持26.0% (前月比+1.8p)(3月10~13日調査)
NHK調査 支持51% (前月比-7p) 不支持31% (前月比+8p)(3月10~12日調査)
毎日新聞社調査 支持51% (前月比-5p) 不支持31% (前月比+4p)(3月11~12日調査)
朝日新聞社調査 支持49% (前月比-3p) 不支持28% (前月比+3p)(3月11~12日調査)
NNN調査 支持47.6% (前月比-7.3p) 不支持32.9% (前月比+6.9p)(3月17~19日調査)
読売新聞社調査 支持56% (前月比-10p) 不支持33% (前月比+9p)(3月18~19日調査)

3月11~12日を中心にした調査と3月18~19日を中心にした調査とで、多少、結果が異なっている。いずれも、支持率が落ちて、不支持率が上がっているが、第2週の週末を中心にした調査では支持率は微減であるが、第3週の週末を中心とした調査では大幅ダウンとなっている。どちらの調査でも森友学園問題が大きく影響している。籠池氏が、与野党の議員に対し、2015年9月に昭恵夫人を通じて安倍首相から100万円の寄付金を受け取ったと発言したのは16日だ。第3週の週末の調査ではこれが直撃したといえる。
おそらく現在は、読売新聞やNNN調査などのように支持率は10ポイント前後落ちていると考えるのが妥当だろう。最近の選挙は「風」の選挙と言われる。支持率の低下は大きな影響を与える。
しかし、まだまだ支持率は高水準だ。すべての調査で5割前後の支持率があり、不支持率も3割程度に留まっている。おそらく安倍首相や安倍昭恵夫人、稲田防衛大臣が直接的に口利きに関わっていたとは考えにくい。イメージとしては打撃を受けているが、今のところ法的にも倫理的にも彼らに問題がある状態ではない。森友学園が目指していた瑞穂の国記念小学校は認可されないわけで、おそらくこのままニュースとしては静まるのではないかと予想される。唯一、安倍内閣、自民党にリスクがあるとすれば、23日の籠池氏の証人喚問だろう。嘘か本当かはわからなくても、「トンデモ」発言が出れば、また大きな騒ぎになる。籠池氏にインタビューした菅野完氏は真偽のほどは定かではないにしても「爆弾」が残っていることを仄めかしている。これはとにかく23日の証人喚問をみないとわからない。
籠池氏の証人喚問で爆弾発言がでなければ、私は衆議院解散総選挙の可能性はかなり高いと考えている。予算成立直後の解散であれば、衆議院総選挙は4月11日公示、4月23日投開票の日程が有望だ。4月30日投開票だとゴールデンウイークに入ってしまう。さすがにこれは避けるのではないか。いずれにしても解散となっても選挙まではまだ1ヶ月ある。安倍首相は現在、ドイツ、フランス、ベルギー、イタリアの4か国を歴訪中だ。外交でのアピールは森友学園問題で受けたダメージを最小限に抑える可能性がある。また豊洲市場問題や朝鮮半島情勢も注目を浴びそうだ。豊洲市場問題では証人喚問が行われている。また韓国では日本にも大きな影響を与えるであろう新大統領を決める選挙が行われる。北朝鮮の挑発行為もまた近々にありそうだ。つまり、森友学園問題が延々と話題になる可能性は低く、内閣支持率がさらに低下することはないと予想される。
衆議院総選挙は基本は小選挙区選挙だ。自民党に替わる受け皿が今、ない状態だ。蓮舫代表率いる民進党は低支持率のままだ。大きく議席を伸ばす要素はみえない。共産党は比例では多少、議席を伸ばすかも知れないが、小選挙区で勝つのは難しい。日本維新の会は、この森友学園問題では安倍内閣同様にダメージを受ける側だ。松井大阪府知事や橋下元大阪市長の責任も追求されるかもしれない。少なくとも大幅躍進は考えられない。小池新党は都議会選挙後であれば、国政にも進出する可能性はある。しかし、4月総選挙となるとほとんど戦える状況ではないだろう。つまり、多少、内閣支持率を落としても、今の状況であれば、安倍自民は大勝利とならなくても、そこそこの勝利はする。安倍首相にとってみれば、この勝利は、森友学園問題の「禊選挙」ともいえるものになる。
私は3月末解散、4月総選挙の可能性は高いと思う。まずは23日の籠池氏の証人喚問で「爆弾」が炸裂するか、どうか



引用ここまで。


上記記事は児玉克哉というパヨク学者によるブログ記事である。彼は
「まずは23日に爆弾発言があるかどうか、だ」
と言っていた。確かにオレもそれが心配だった。ところがそんなものは何も出ず。菅野完は何も握ってはいなかったのだ。

ヤツは記者たちを目の前にして啖呵を切った。切ったけれど、実際に記者を黙らせるような『証拠』はなにひとつも持っていなかった。
そう、菅野完はただのちっちゃいおっちゃんだったのだ。本当にそれだけの男だった。
だから反原発団体でも、しばき隊でもトラブル起こしてパージされたのだ。
もしかして、ヤツは功名心を動機にして、自分の力ではどうにもできないヤマに手を突っ込んだのではないのか。ここまでバカだったとは思わなかったわい。

そういえば田中龍作というバカがいる。そしてヤツは、籠池泰典の証人喚問前に、
籠池泰典と菅野完を守れ」
などとツイートしてたっけな。

ん、なにをどう守ればいいの?どうして守らなきゃいけないの?オマエが勝手に守ればいいじゃん。上から目線で他人に指示するんじゃねぇよ、自称ジャーナリストが。

しかも籠池泰典は結局なにも盛っていなかったじゃねぇか。むしろ国民有権者は籠池泰典と菅野完が怪しいだけ、コイツらを相手にしたことが間違っていたんだとわかったはずだ。

安倍政権の支持率が下がってるって?支持率が下がっていても、それでも安倍政権は軒並み50%台を維持してるんだぜ?そろそろ現実を受け入れろって。願望で頭の中をいっぱいにしていてなんで学者先生を自称できるんだよ。

野党はまだまだこの騒動を『騒動』のままに引っ張ろうとしている。野党はこの騒動を政局に利用しようとしている。だが、それは無理だろう。第一、安倍総理は森友学園から何かを得たワケではない。安倍昭恵夫人も、結局講演料も含めてなにも受け取ってはいない。

依頼されたことについても、安倍昭恵夫人は応じてもいないのだ。





<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 安倍昭恵夫人 森友学園 籠池泰典 籠池諄子 谷査恵子

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR