韓国を巡る状況

4月7日産経ニュース


 韓国の朴槿恵前大統領の名誉をコラムで傷つけたとして在宅起訴され、無罪になった産経新聞の加藤達也・前ソウル支局長(現社会部編集委員)が6日、さいたま市浦和区で行われた浦和東ロータリークラブ(沢野伸司会長)の例会で、「ポスト朴槿恵政権と日韓関係」と題して講演した。

 加藤前支局長は冒頭、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し韓国の危機感が鈍いとして、その理由を「韓国は政治が安定していない。国民情緒によって支配されているからだ」と説明。例として、3月末に朴氏が収賄などの容疑で韓国検察に逮捕されたことを挙げ、「罪が判断されず、『朴槿恵やめろ』という国民の意識を検察が受け、国会も裁判所も続いた」と指摘した。

 朴氏が旅客船セウォル号沈没事故当日、元側近の男性と密会していた噂があるとの記事を執筆した加藤前支局長が韓国で出国禁止になっていた平成26年8月、韓国の大統領府では産経問題対策会議が開かれ、「産経を懲らしめてやる」などの発言があり、警察や国家情報院でチームを作るような指示も出ていたという。

 朴氏が拘置所に行く前に涙を流したことに触れ「法律や証拠、事実をないがしろにしている違和感、異質な空気が韓国を支配しているのを感じた」と加藤前支局長。最後に「韓国で極左政権が成立する公算も出てきて、厳しい日韓関係が今後続くかと思うが、事実をありのまま伝え、十分に警戒心を持った報道を続けていく」と決意を述べた。



引用ここまで。


基本的に加藤氏の言うとおり、韓国の大統領選および政権が日本に対してどういう政策を打ち出してくるのか、慎重に見極めないといけない。

ただ、危機感に足りないのは、韓国だけじゃない。日本人も同じだ。テレビを見ながら「こわい、こわい」と言うだけで政権与党の考えをくみ取ろうとはまったくしない。野党のキレイ事ばかり耳に仕入れてウットリしている。

韓国新政権は従軍慰安婦問題を最初から持ち出すのか、そして日韓合意を破棄するのか。もちろんそれだけにとどまらず、日韓秘密軍事情報保護協定をどうするのか・・・

中共関連では人民解放軍の親北軍が移動を開始しているという一部情報がある。朝鮮半島沖では米軍最強艦隊が停滞している。北朝鮮と韓国との関係はなにがどうなるのかわからないが、米国と人民解放軍がぶつかり合う可能性がある。

さらに日韓関係もまったく見通しが立っていない。

韓国はこんな中で本当に反日政策を打ち出すつもりなのだろうか?

朝鮮半島有事の際は、日本人はどう対応するのか、その覚悟を決めておかなければならない。邦人保護においては、韓国が日本の海上自衛隊の艦船や航空自衛隊の飛行機その他を受け入れてくれるのか。さらに言えば、拉致被害者の奪還の任務を自衛隊員にやらせるのかどうか。

これらの活動においては、当然自衛隊員ひとりひとりに危害が及ぶ可能性がある。パヨク勢力は当然のことのようにそれに反対し、政権与党の足を引っ張るだろう。

それに対抗して政権与党としてしっかりと対応できるのか。

日本の保守としては譲れない一線になるだろう。
拉致被害者を自衛隊が取り戻さずして、だれがそうしてくれるのだろう。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

tag : 日韓秘密軍事情報保護協定 日韓合意 従軍慰安婦 人民解放軍

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR