米国大統領選に思う

米国大統領選。トランプがもうすぐ勝利宣言するらしい。それにしても、マスコミの偏向報道については吐き気を覚えさせられた。

オレはトランプは嫌いなのだが、ヤツは少なくともひとつの真実を知っている。日米ともに国民はマスコミを信じていないということだ。

安藤優子は共和党の集会でその様子を見て、
「信じられないことが起きています!トランプ氏が『一番信用ならないのはコイツらマスコミだ!』と叫ぶと集会場に集まった支持者らが沸き上がって、私たちメディア席の記者たちをあざけ笑ったのです!」

このバカ女はそう言って驚くのだが、自分たちはいつも信用されて疑わないとでも言うのだろうか。

投票の行方はじっくりと見守るとして・・・オレの最大の関心事は、各メディアの報道のあり方だった。特に日米の左翼メディアの偏向ぶりは酷く、トランプが共和党候補になって以降は
「ヤツが共和党候補になったらこんなに酷いことばかり待ち受けている」
「ヤツが大統領になったら米国はお終いだ」

的な情報ばかりが飛び交っていた。

日本のマスコミもこぞって、トランプが勝ちそうだという段になって調子こいて
「トランプ氏の予想外の健闘ぶりに・・・」
などと漏らす。

それに対してヒラリーに関してはそういうマイナスイメージな情報はメール問題以外にはほとんどなし。

そもそもの大新聞の報道ぶりからしておかしかった。

ニューヨークタイムズやワシントンポストなどは社説は徹底的に
「トランプを大統領にしてはいけない」
となどと攻撃する。オレはこれを見て椿事件を思い出したのだが・・・そういう問題提起は日本国内のメディアからはまったくなされなかった。

椿事件の”当事者”であるテレビ朝日は今日に至っても
「悪口のトランプ国内修復のヒラリー」
などといってるありさま

こいつらは一体なにをやっているのか?

フジテレビのいつもヘラヘラ顔で口うるさい安藤優子も今日はたまたまゲスト出演していた木村太郎が
「トランプ有利」
を強調する度に
「え~!」「え~!」「え~!」
などと「!」をいちいちつけて木村に口答えしていた。

こういう不遜な態度はどこから出てくるのだろう。

選挙戦はトランプ優勢で進んでいる。

だけれど日米のマスコミとも自分たちの思い通りに政治を左右しようと企んでいる。



<猫いらずのうつうつ日記』の応園をよろしくお願いします((○┓ペコリィ>


※悪質なコメントについては削除します。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR