まさに老害

4月19日配信のizaの記事を引用する。


 鳩山由紀夫元首相が自身のツイッターで、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談に言及し、「日本のメディアには政府にとって面白くないから書かないのでしょうが、トランプと習近平の首脳会談でトランプはアジアインフラ投資銀行(AIIB)について前向きな発言をしたとのこと」(原文ママ)と記していたことが19日、分かった。

 その上で、「日本はアメリカの後塵(こうじん)を拝してはいけません。今こそ日本はAIIBに入るべきです」と訴えた。トランプ氏の「前向きな発言」の情報源は明らかにされていない。

 AIIBは中国が主導して2015年12月に設立された国際金融機関。日本や米国が加盟を見送っている中、鳩山氏はAIIBに助言する「国際諮問委員会」の委員に就任した。

 ツイッターには鳩山氏への皮肉や批判的なコメントが殺到。「国賊的活動はいい加減に止めて下さいね」「私は鳩山由紀夫先生に孔子平和賞をという運動を立ち上げたい」「ワシはイグノーベル賞を推薦したい」などと投稿される結果を招いた。



引用ここまで。


鳩山由起夫が、
「トランプと習近平の首脳会談でトランプはアジアインフラ投資銀行(AIIB)について前向きな発言をしたとのこと」(原文ママ)と記していたことが19日、分かった」
「日本はアメリカの後塵(こうじん)を拝してはいけません。今こそ日本はAIIBに入るべきです」
とツィートしたらしい。でも、その根拠は明確にされていない。日本がなんのためにAIIBに加入しなければいけないのか、それもよくわからない。

加入したら日本がもっとリッチになるのか?AIIBを通じて様々な国のプロジェクトに投資して、それはどれくらい回収されているのか。そういう話がなければとてもじゃないがねぇ・・・

パヨクはいつもこうだよ。根拠もなにもないクセに日本の国益に反するようなことを言い出す。コイツは現役の総理大臣であった頃からこうだから、メディアは相手にしないでいいんじゃないのか。相手にしちゃうから鳩山はつけあがる。

「尖閣諸島は中共のモノだと言われても仕方ない」
中国用心を相手にそんなコトを言ってしまう、まさに老害だ。

老人は常に孤独で、仲間を探すためにいろいろと言ってみたくなるらしい。そして、『仲間』以上に『敵』を作ってしまう。

中共はずっと以前から日本のAIIB加盟を訴えている。だから、政府がやろうとしているならとっくに加盟しているはずだ。そういう鳩山はAIIBのガバナンス、運用状況をどのように把握しているのだろう。オレはAIIBのそういうセンシティブな面は伏せられていると聞いたが?

しかも、「国際諮問委員会の委員」というのはお飾り的なモノだろ?

そもそも、AIIBの『国際諮問委員会』のメンバーになっている鳩山が、中立的な立場を維持できているのか?

かつて、総理大臣の座を退いた人物たちは現政権に口出すことはすべきではないという暗黙の了解があった。先の民主党政権の連中や(最近姿を見せないが)村山富市、そして小泉純一郎は反原発の英雄として活躍しているが、このバカどもは自分の立場をわきまえたらどうか。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

tag : 鳩山由紀夫 AIIB 国際諮問委員会 アジアインフラ投資銀行

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR