北朝鮮の脅し

29年4月27日配信のizaの記事を引用する。


 【ソウル=名村隆寛、ベルリン=宮下日出男】韓国の市民団体がソウルの日本大使館前に違法に設置した慰安婦像の横に、日本統治時代に「強制徴用された」という徴用工の像を設置する計画を進めている。

 計画しているのは「日帝強占期被害者全国遺族連合会」で「元徴用工の名誉回復と歴史の清算」が目的だという。設置される像は高さ2メートルほどで、慰安婦像よりも大きい。28日に記者会見し詳細を発表する。

 一方、ドイツ南部ウィーゼントの公園に今年3月、慰安婦像が設置された問題で、公園の所有者は27日、産経新聞に対し、慰安婦像の説明のため一緒に設置された碑文を撤去したことを明らかにした。慰安婦像は韓国人らの市民団体の働きかけを受け、欧州で初めて設置。その後、日本政府関係者から像設置が日韓間の問題になっていると知らされ、考え直したという。

 所有者は双方の摩擦を減らすため碑文を撤去したが双方の納得が得られない場合、「像は公園に置いておけなくなるだろう。私は中立でありたい」と述べた。

 これに対し、在ドイツ日本大使館は「碑文には受け入れがたい記述があり、撤去されたことを肯定的に受け止めている。ただ、像はまだ残っており、問題自体がなくなったとは考えていない」とコメントした。


引用ここまで。


日本は到底我慢できないほどの我慢を重ねている。しかも、北朝鮮と韓国が挑発しているこの期に及んで、なんでそんな頓珍漢なことを言うのか。

歴史認識を問題にするのであるなら、その根拠を提示することがまず先である。韓国はそのことをサボタージュしている。なんとなくイメージ操作して、日本に自分たちの主張を受け入れさせようとする。

相手にしてもいられない。

そして、日本と北朝鮮の問題だ。ついさっきテレビ朝日の夕方のニュース番組で、大谷昭宏はやはり北朝鮮問題において海上自衛隊が米軍の給油艦を護衛するために護衛艦いずもを出動させた。

コトの問題がわかっていない大谷昭宏は、
「こういう問題が起きたときは、まず戦争を起こさないように振る舞わないといけない」
違うだろ。憲法を改正して自衛隊を国防軍として憲法に明記、そして国の交戦権を認めることだ。

オマエらパヨクが憲法を大事にしたいというのは勝手だが、日本は日本で抑止力を高めないと北朝鮮からも中共からも攻め込まれるだろう。YouTubeで動画を見たのだが、鳥越俊太郎は
「じゃぁ教えて下さい。どの国が日本を攻めてくるって言うんですか」
「皆さんが言っているのはすべて妄想なんですよ」
中共人民解放軍は、尖閣諸島も沖縄列島も自分たちのものだと明言している。鳥越にはそれが耳に入っていないらしい。

逆に鳥越はどこの国は日本を攻めてこないと言えるのだろう。
それならかつての日ソ不可侵条約はどうなのか。
日本は米国との戦争が厳しかったのだろうが、ソ連も対独戦争に専念したかった。ところがそろそろナチスドイツが息の根も絶え絶えになったところで、戦後に美味しいところを持っていきたいからということで、日ソ戦は開戦された。

日本は常に侵略される可能性を抱えている。憲法を改正して抑止力を高めなければ日本の平和は守れない。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR