バラバラ民進党

29年5月8日配信のJCASTニュースの記事を引用する。


安倍晋三首相が2017年5月3日の憲法記念日に、憲法改正に向け、9条を含めた具体的な改正項目とスケジュールを示したことは、民進党にとっては「不意打ち」になった。民進党内部では憲法改正に向けた足並みがそろっておらず、議員の中にも、安倍氏に近い主張を展開していた議員も少なくないからだ。

蓮舫代表は安倍首相の改正案の表明直後に強い反対姿勢を表明したものの、野田佳彦幹事長は5月8日の定例会見で安倍氏の発言に「違和感」こそ表明したものの、改正内容そのものに対する批判には踏み込まず、民進党のグダグダ感が目立っている。

安倍氏は憲法記念日にあたる5月3日の読売新聞朝刊のインタビューや、同日に開かれた改憲派の集会に寄せたビデオメッセージで、(1)2020年までに憲法を改正し施行を目指す(2)現行の憲法9条1項と2項は維持し、新設する3項で自衛隊の根拠規定を設ける、ことなどを表明。野党時代の12年に自民党が作成した改正草案には「こだわるべきではない」としており、従来と比べて「ハードルの低さ」を強調した。禍根を残す

これに対し、民進党の蓮舫代表は対決姿勢を強めている。5月3日に開かれた護憲派の集会で、蓮舫氏は

「安倍総理は憲法を変えると言う。口を開くたびごとに、どこを変えるのかを変えてくる。総理の総理による総理のための憲法改悪には、絶対に反対をしないといけないと改めて訴えさせてください!」
と反対姿勢を鮮明にした。しかし、民進党内の有力議員の間では今回の安倍氏の発言に近い考えを持つ人が多い。

4月に執行部の改憲への対応を不満として代表代行を辞任した細野豪志衆院議員は5月4日のブログで、

「9条2項までを維持して自衛隊を明記するというのも、これまでの自民党と総理のアプローチからすると柔軟だ。私も、いつかは憲法に書かなければならないと考えている」
と安倍改憲案に賛成とも取れる考えを投稿した。

民主党時代の代表も務めた前原誠司衆院議員も16年9月2日に行われた代表選立候補者による会見で、

「憲法が公布された後に自衛隊が作られたが、自衛隊の位置づけがない。これについてはしっかりと党内で議論すべきだというのが私の考え方であり、平和主義はしっかり守っていきたい」
と発言し、今回の安倍首相に近い考えを表明している。

枝野幸男衆院議員に至っては「文芸春秋」13年10月号に発表した改正憲法の私案で、現行の9条の次に「9条の2」「9条の3」を追加。「9条の2」では「自衛権に基づく実力行使のための組織」を規定し、「9条の3」で国連軍の参加にも触れていた。

民進党の大物政治家がそろって安倍首相の9条改正案に近い考えと言える。

こういった中で、野田佳彦幹事長は5月8日の記者会見で、

「憲法審査会で丁寧に議論を積み上げているときに、行政府の長が『五輪を2020年までに』とか『国会議論の活性化のために』とか、立法府の審議のありように非常に強く介入する形でこういう発言をしたことについては、きわめて違和感を感じざるを得ない」
と安倍氏の発言の意図をいぶかり、

「まずは自民党内で、この議論を整理することが先決」
と党内で意見集約した上で憲法審査会で議論すべきだとした。

しかし、党内の意見がまとまらないのは民進党も同じで、野田氏は

「党で色々意見があると思うが、改正項目として絞り込んでいくかについては現段階では、我が党では(今回の9条のような意見は)なかった」
と発言。再び憲法審査会の議論に触れながら、

「急にこの9条。しかも従来の自民党の議論と違うということについては、それを今、我が党は正面からお答えをする段階ではない」
と述べるにとどめた。



引用ここまで。


安倍総理は
自衛隊の存在が憲法違反であることを改善しなければならない」
と言う。確かにまったくその通りだ。だが、
「戦力不保持、交戦権は認めない」
とした9条第二項をそのまま残したままで、三項に自衛隊の存在を明記するというのは・・・整合性はどうなのか。自衛隊を明確に軍隊として定めないでいいのか。かえって日本の将来に禍根を残すのではないのか。

蓮舫はそんな安倍総理に対し、
「安倍総理は憲法を変えると言う。口を開くたびごとに、どこを変えるのかを変えてくる。総理の総理による総理のための憲法改悪には、絶対に反対をしないといけないと改めて訴えさせてください!」
こんなつまらない自分の発言が有権者に受けているのだと思っているのだから、どうしようもない。

有権者は
「はいはい、あなたの言うことはわかりましたよ」
っていう感じで見ているんじゃないの?

民進党内には憲法改正に賛成している議員も多い。ここが民進党の民進党たる所以で、党内の憲法改正賛成論者が口を出す余地がない。

なぜか。

まずひとつめ。蓮舫が代表を務めていること。あのバカ女は、
「憲法は変えません。コレは私の信念だ」
と本気で言っているのだ。個人としてそれは勝手にすればいい。だが、このバカ女が代表を務めているこの半年間、民進党の支持率が下がり続けているのは事実だ。

ふたつめ。選挙戦で共産党と共闘していること。政権交代選挙で民進党が共産党と共闘するなどということはあり得ない。

安倍総理が2020年までに改憲すると言っているのは当たり前のことだ。いつまでも憲法改正問題を先延ばししている場合ではない。先延ばししようとする勢力は、勝手にしていればいい。
政権交代選挙で共産党と手を組む民進党。選挙に勝ったときに憲法のことはどうするのか。

民進党はコトここに至っても。憲法改正に反対ばかりしている。パヨクマスコミはそれで満足しているらしい。だが、反対のための反対ばかりしている蓮舫は、見苦しいコトこの上ない。首に筋を立ててがなり立てるから女として可愛くない。

安倍総理も言っていたことだが、民進党は民進党として提案すればいいだろう。反対のための反対ばかりしているから、国民有権者も民進党を支持できなくなる。

民進党は都議会選挙で惨敗してからコトのヤバさに気がつくのかも知れない。だが、その後は蓮舫降ろしをしなければどうにもならない




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 2020 憲法改正 自衛隊

コメントの投稿

非公開コメント

民進党は都議会選に負けても変わりません。きっと、国民はボケている、と捨て台詞を吐くことでしょう、鳥越俊太郎のように。そして社会党のように消え去るのです。まだ社民党という残骸は残っていますが(笑)。

ななしさん、こんにちは。

民進党の中にはすでに「蓮舫降ろし」の機運が渦巻いていると聞きました。選挙の度に共産党と組んだり、また民進党内にも多くの改憲論者もいます。

都議選に惨敗するでしょうが、そこで蓮舫を降ろすことが出来ないのであれば、次回の総選挙でも確実に負けます。まぁ、私は自民党支持なので、ありがたい話ですがwww
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR