吉田清治の亡霊、未だに・・・

29年5月15日配信の産経ニュースの記事を引用する。


 宇宙の始まりにあったとされる大爆発は、「ビッグバン」と呼ばれる。現代史家の秦郁彦さんによれば、慰安婦問題のビッグバンが起こったのは、宮沢喜一首相が韓国を訪問した平成4年1月だった。

 ▼朝日新聞が「朝鮮人女性を強制連行した」などと事実と異なる記事を掲載したのは、その直前である。同時に「謝罪と補償」を求めるキャンペーンを展開した。案の定首相は、ソウルでデモ隊に囲まれ、何度も謝罪を強いられる。

 ▼国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意の見直しを韓国政府に勧告した。委員会はこれまでも、慰安婦を「性奴隷」と表現するなど、左派系市民団体の主張そのままの見解を示してきた。今回の勧告は、合意の再交渉を主張してきた文在寅氏が、韓国の大統領に就任した直後に出ている。朝日のキャンペーン同様に、タイミングが良すぎると、思わないでもない。

 ▼周知の通り、「強制連行」の根拠になったのは、故吉田清治さんの著作や証言である。それがデタラメであったことは、秦さんの現地調査などで明らかになって久しい。朝日も吉田さんに関する記事については、すでに取り消している。

 ▼にもかかわらず、反日活動家は「吉田証言」の利用をやめない。国際社会で慰安婦問題は、ビッグバン後の宇宙のように膨張を続けている。その事態を誰よりも憂慮しているのが、吉田さんの長男だった。

 ▼吉田さんは、韓国内に「謝罪碑」を建立し、その前で土下座までしていた。長男が今年3月、関係者を通じて、謝罪碑の碑文を書き換え、慰霊碑としていた事実がわかった。「これ以上、耐えられない」と苦しい胸の内も語っていた。英断に敬意を表したい。


引用ここまで。


20世紀最低レベルの詐話師、吉田清治。ヤツは朝日新聞に見いだされ、数十年ものあいだ朝日の『反日工作』に利用され続けた。その息子さんがこのようにご苦労されている・・・本当に頭が下がる思いだ。親子とはいえ、別人格であるのが当然の話だろうにこのように自分の父親がやったコトに『けじめ』をつけるべく活動されているの。

吉田清治の『私の戦争犯罪』(1983年)が朝日新聞に取り上げられた。コレがきっかけで従軍慰安婦問題が政治国際問題化する。その責任については形だけの訂正、謝罪で終わらされてしまった。

朝日新聞とテレビ朝日は国際社会に対して、誠心誠意訂正と謝罪すべきだった。

だからこそ、韓国でも米国でも慰安婦問題については未だに
「当然強制連行されたんだし、『sex slave』であったのも間違いないことだ」
と信じ込んでる。そんなもんだから、つい先日にも米国で日経米国人が、慰安婦像の撤去を求めたのだが、裁判所は却下してしまった。

ちなみに、この慰安婦の存在のために現地ではいじめられているのだ。なんでこんな不条理な思いをされなければいけないのか。
ちなみに

2014年8月5日、6日になって「事実関係の誤りがあった」「裏付け取材が不十分だった」などとして、吉田の関連記事を撤回した。他のメディアはとっくの昔に訂正、謝罪していたのだが、朝日新聞は訂正も謝罪もしていなかった。

ちなみに朝日新聞が謝罪したのは同年の9月11日になってからだ。

『その後、懲りない朝日新聞は金学順という偽慰安婦を作り出した。記者は植村隆(うえむらたかし)という小銭稼ぎと反日が趣味なチンケなアッ朝日新聞の記者だった。

この金学順の話もそして吉田清治もとんでもない作り話であるとわかった。だが、プライドの高い朝日新聞だけは訂正も謝罪もしなかった。

それが、2014年になってから他の新聞から幾度も幾度も攻撃を受けた朝日が、あっさり慰安婦報道の間違いを認めた。認めたのだが、
「慰安婦報道の問題の核心は、慰安婦たちの人権の問題だ」
などといって誤魔化していたためにやはり他のメディアに再び攻撃を受けた。

『自分たちが日韓関係を決定的に悪化させた』
のだという自覚を持つべきだ。なのに、日韓関係については安倍総理が悪いといわんばかりの態度だ。

コイツら、サイテーだよ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR