岩盤規制と玉木雄一郎

26年5月26日配信のZakzakの記事を引用する。


 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐっては、従来認められなかったものが国家戦略特区で急に認められたといったトーンでの報道が多いが、国家戦略特区はどのように意思決定されるのだろうか。

 国会で舌鋒(ぜっぽう)鋭く質問していた民進党の玉木雄一郎議員は、父と弟が獣医で、2012年に日本獣医師政治連盟から100万円の政治献金を受けていたという。もちろんこれは違法ではないが、政治的には追及は難しくなるだろう。

 加計学園問題の背景をハッキリいえば、「規制緩和の是非」だ。焦点は獣医学部新設であるが、これはいわゆる「岩盤規制」であり、その突破はこれまで容易ではなかった。

 医学部や医大の新設に医師会が反対しているといった報道をこれまで目にしたことがあるかもしれないが、獣医学部もその構造は全く同じだ。経済学の立場からいえば、こうした参入障壁は有害無益である。

 文部科学省は「過剰供給にならないように」(医学部であれば後ろに厚生労働省、獣医学部であれば農水省がいて、文科省に圧力をかけている)ということが多いが、役人が将来の需給を見通すことは事実上不可能であり、見通しを立てることこそが有害だ。

 文科省の許認可に意味があるとすれば、最低品質保証程度のチェックだけであり、将来の需給調整をするような許認可方針は不必要、というよりやるべきではない。

 規制緩和を推進する立場の人は、こうした原理原則に忠実だ。不合理な参入障壁がある場合、経済的な利益の逸失は大きい。もちろん、参入に当たっての許認可を一律に否定するわけではなく、品質保証程度のチェックを必要としたうえで、制度改正をして参入を認める方向で行動する。

 これに対し、規制緩和に反対する立場の人は、一般に既得権側である。そのため、「新規参入を認めると、悪徳者がはびこり国民が不利になる」と説く。今の既得権者だけが最善という前提があるからだろう。そして、制度改正を阻止しようと行動する。

 今回の加計学園問題をみると、たしかに安倍晋三政権になってから、規制緩和の動きができていたのは事実だ。ただし、その見直しのスピードは、国際的な感覚からいえば速いとはいえず、あくまで日本的だ。

 そして、適正な手続きが取られているのであれば、加計学園の理事長と安倍首相が友人だというだけで問題視するのは無意味だ。「競合大学を排除した」との指摘もあるが、普通に考えると規制緩和推進側に排除する理由はない。規制緩和反対側がダメージコントロールとして行うことはあるかもしれないが。

 いずれにしても、その手続きは、国家戦略特別区域諮問会議で行われており、発案者は安倍首相ではない。筆者が見る限り、安倍首相の個人的な意向が入り込む余地はまずない。

 そして、一般に新規参入者は進取の気性に富んだ人が多く、既得権者より社会への貢献度合いが大きいことにも留意すべきだろう。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)



引用ここまで。


「民進党のの玉木雄一郎の、父と弟が獣医で2012年に日本獣医師政治連盟から100万円の政治献金を受けていたという。もちろんこれは違法ではないが、政治的には追及は難しくなるだろう。」
・・・マスコミはこういう事実をなんで報道しないのか。

先日の国会審議では、民進党の小川が安倍総理に加計学園学園の役員に就任していた事実はないのか、あるとしたらどれだけの報酬を受けたのか、質問していたが、安倍総理の答弁は、
「議員当選当初に監査の役についていた」
「報酬は年に14万円だった」
「報酬については当然報告している」

なにを聞いてるんだ、このカスどもが。それを問題にするのなら、なんで玉木雄一郎を放っておくのか。

前川喜平前事務次官のガールズバー通いについては、マスコミは
「それは人格攻撃だ」
と言って、まるで前川喜平を庇っているかのようだ。ガールズバーに入店する時は女性は負担する必要はないが、男性は数千円負担するらしい。もちろん、前川喜平を含む男性客はそれだけで帰るわけがない。
女の子に数千支払って、一緒のテーブルでおしゃべりをし、もう数千円支払うと女の子と一緒に外出することもできる。そして1万円から2万円支払うことで、ラブホテルもしくはビジネスホテルで『お休憩』するコトができる。

今日のテレ朝の番組では、そこまで深入りして特集していたのだが、残念なコトに
「1万円から2万円を支払えばその女を買うことができる」
という事実を隠蔽していた。

そして、脳神経学者のなんとかという女とテレ朝の川村、そしてなんちゃって政治評論家の伊藤敦夫がそろいもそろってバカのひとつ覚えのように
「人格攻撃だ~」
と言っているから、呆れた。中野は女性であるのに、なんでこういうコトに鈍感であるのか。

これは男性の生理からして有り得ない。その程度の金で女を買えるのであれば、普通は買うだろう。それを前川喜平は
「『格差』の調査のために出入りしていた」
とうそぶく。これをテレビのコメンテーターらが信じちゃっているのだから情けない。

「それとこれとは別だ」
などというヤツがいるのだから、加計学園学園問題が一段落した時には前川喜平のガールズバー問題も終わっているのかも知れない。

あとは、もう捜査に入っているとされる警察当局の調べを待つだけだ。

前川喜平は
「教育行政の在り方が歪められた」
などとキレイ事を言っていた。その代わり前川喜平は女を金で買うことにより、その女性たちの人権を踏みにじったのだ。

教育行政の事務方トップのやることじゃないだろうに。

こんなコトをして、格差にあえぐ女たちが助かるのか?



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR