前川の偽善

前川喜平文部科学事務次官が、例の『怪文書』を持っている、と主張している。とするなら現役の文科相職員の中にもそれを共有している人物がいないとおかしい。ふたつにひとつの話なのだが、マスコミが常に前川の言い分を信じるのはなんでなのだろう。

もし文科省の中で共有されているとしても、退官した前川がなんで個人でそれを所有しているのか。

部外秘であろうハズの『怪文書』を前川が持っているとするなら、それイコール違法に持ち出したということであって、その動機は安倍官邸に対する意趣返しであることに違いない。

なんでそんなヤツのことを信用できるのか。

本人は、
「あったものをなかったことにするコトはできない」
「教育行政の在り方がゆがめられた」
などとキレイ事を繰り返している。ほほぉ・・・こりゃ立派な御仁だわ。

だが、繰り返すがそんなコトが目的で今回の騒動を起こしているわけでは当然ない。ヤツは文科事務次官時代に文科省退職者を対象に再就職先の斡旋をしていたとして、更迭されている。

安倍官邸に対し相当な恨みを持っている。今回の騒動はすべてヤツがコントロールしているのではないのか。

要するに前川が総理官邸に一矢報いるべく、今回の騒動を意図的に引き起こしたものである。当然、前川は野党やマスコミ(特に朝日新聞)に対しては充分に情報を流している。

自分の行動に自信があるというのなら、なんで現役の事務次官である時にそれを発信しなかったのか。そうしなかったからこそ、コイツの言動に違和感を覚える人が多いのだ。
「あったことをなかったことにはできない」
「教育行政の在り方がゆがめられた」
ともっともらしいことを言うが、それを言うのであれば現役時代にそうしていればもっと有効的だったはずだ。

官邸側の反撃が前川の『ガールズバー通い問題』だ。

前川は、
「以前、格差の問題をあつかったテレビのドキュメンタリーを見た」
「その実態調査のため、ガールズバーに出入りするようになった」
「時には女性に小遣いを与えて一緒に店から外出することもあった」
「女性や子供の格差を知ることができた」
「自分の教育行政を考える上でよい経験ができたと思っている」

てめぇはてめぇで、女子供を買ってたクセに、教育行政もへったくれもないだろ。

マスコミは
「前川さんのそういうところと加計学園学園問題は別に考えるべき」
などと、くだらないことばかり言う。ふざけんな。

なんでガールズバー通いを免責できるんだよ。

検察ももう動いてるっていう噂になってるじゃねぇか。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR