『再調査』はどうでもいい

29年6月9日配信のNHK NEWS WEB の記事を引用する。


学校法人、加計学園の獣医学部の新設をめぐり、「官邸の最高レベルが言っている」などと記された文書について、文部科学省は改めて、文書が省内に存在するのかどうか追加の調査を行う方針を固めました。
この文書をめぐって、文部科学省は担当職員への聞き取りや、担当課の共有フォルダーを調べた結果、先月19日、「該当する文書は確認できなかった」と発表していました。

しかし、その後、当時の文部科学省の事務次官だった前川喜平氏が記者会見を行い、文部科学省で作成し、共有していたなどと主張したほか、複数の職員が「文書は省内に保管されている」と、幹部に報告していたことなどがNHKの取材で明らかになっています。

民進党や共産党などは事実関係を徹底的に調べるべきだとして、文部科学省に対し、再度調査を行うよう求めていましたが、松野文部科学大臣は、これまで、改めて調査する必要はないという考えを示していました。

こうした中、与党内からも、公明党の漆原中央幹事会会長が8日、記者会見で、「なぜ、再調査しなくていいのかは、菅官房長官の口から、国民にわかるように説明してもらうことが望ましい」と述べていました。



引用ここまで。


その文書についてはどうでもいいんじゃないの?なんで野党やマスコミはそこにこだわってるの?。というのも、加計学園問題の本質は獣医学部の設立の手続きの妥当性にあって、メモの内容はどうでもいいのだ。

前川喜平は、そのメモ一通だけで
「教育行政の在り方が歪められた」
などという寝言をほざいているらしい。文科省で天下りの斡旋というとんでもない違法を働きながら、偉そうな口を聞くな!とも言いたくなる。

安倍政権にどこまでもたてつくのなら、加計問題が一段落した後、警察は前川喜平を逮捕するかもしれんぞ。前川喜平は出会い系バーで女を買っていたからだ。その金額が数万円だろうと、数千円だろうと・・・

もし、文書が存在したとして、誰かが「総理の意向だ」「官邸のトップの話だ」と記述されていたとしても、必ずしも安倍総理がそういう『指示』をしていたのかどうかはわからない。

安倍総理は国家戦略特区の議長だ。そこで加計学園獣医学部の構想が決まっていたのなら、愛媛県、そして今治市と協力して安倍総理は当然、話を進めなければならない。
もしそれを文科省が「総理の意向」と表現したとしても、少しもおかしくはない。

国と愛媛県、今治市が協力し合いながら獣医学部を設立する岩盤規制に風穴を開けることが絶対に必要だった。

「はじめから加計ありきでしょ?」
という指摘はもっとありえない。今回は国家戦略特区の一環としてのルールにてらして考えると、加計学園しか有り得なかった。だから京都産業大学は降りた。それだけのことだ。

元経産官僚の高橋洋一氏が言うには、
「嘘で総理大臣の意向ですから」
と言えば、それこそ官僚は『忖度』してくれて、自分マターの仕事のために他の官僚たちが『気を利かせてくれる」、つまり他の仕事より優先してくれる・・・とのこと。

いろんな人が言っているのだが、前川喜平はものすごく優秀な人間であるという。もしかしたら、(参考人招致や証人喚問にも備えて)もしかしたら『隠し球』を持っているのかも知れない。朝日新聞をチェックしているとよくわかるのだが、前川喜平は非常にタイミングよく朝日に情報をリークし、朝日のインタビューに答えている。

いずれにしても、あの『総理のご意向』の文書だけで安倍政権を転覆させられるとは思ってないのではないのか。

前川喜平が今回の騒動を起こした動機は、今年初頭の文科省の天下り問題で与野党から激しい攻撃に晒されて、結局更迭された、その意趣返しでありまた、自分たちの既得権益であった学部新設が官邸主導で進められているコトも気に入らないのだろう。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR