イメージ次第

29年7月25日配信のテレ朝ニュースの記事を引用する。


 国会では、参議院予算委員会で安倍総理大臣が出席して加計学園の問題などについて集中審議が行われています。25日午前、民進党の蓮舫代表が安倍総理と直接対決しました。

 民進党・蓮舫代表:「加計学園に対する総理との疑惑。それが軽くなったと思いますか?深まったと思いますか?」
 安倍総理大臣:「昨日、私といたしましても、事実に基づいて丁寧に説明をさせて頂いたところでございますが、国民の皆様がどのように判断されるかということについては、まさに国民の皆様が判断されることであり、そのことについては真摯に受け止めたいと、このように考えております」
 加計学園問題で、安倍総理の関与があったかどうかなどが焦点になっています。また、陸上自衛隊の日報問題などについても審議され、25日午後3時ごろまで行われる予定です。



引用ここまで。


結局は政治はイメージ次第なのだ。どんなに野党がだらしなくても、マスコミがそれを指摘しなければなかったことにするのは簡単だ。

以前の森友問題は野党のツッコミも足りなかったせいか、安倍政権にとっては大した傷にはならなかった。第一、籠池泰典は安倍総理から100万円の寄付をもらった」
と主張するのだが、その根拠はまったくなかったし、もしそれが本当であっても違法な物ではまったくない。

ところが加計学園問題については前川喜平に毅然と反論している加戸守行前愛媛県知事の証言も、自民党の青山繁晴の質問もマスコミに取り上げられることはほとんどない。これではまったくアンフェアだ。

マスコミは安倍総理がなにをどう言っても、その答弁にツッコミを入れるべく待ち構えている。安倍総理が反論してもそれはほとんど意味をなさない。マスコミが作り出すイメージが、安倍政権の行方を大きく左右する。

影響力の大きさという意味では、新聞よりもテレビの方が大きい。テレビでは政治について語るのが一般人であれ、タレントであれ、そしてお笑い芸人であっても一般の人には比較的受け入れるためのハードルは低い。だからこそそれが一般化しやすい。

それにしても気になるのが安倍総理を退任させたとして、誰に総理大臣になってほしいと考えているのだろうか。強力なリーダーシップと確固たる国家観、歴史観が宰相として必要だと思うのだが・・・有権者はわかっているのだろうか。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR