報道しない自由?

29年7月27日配信のwebニュースの記事を引用する。


 24、25の両日に行われた衆参両院予算委員会の閉会中審査では、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題で「加計ありき」を主張する前川喜平前文部科学事務次官の証言を崩す発言が参考人らから相次いだ。それでも、朝日新聞などは大きく扱わなかった。もはや報道の多くは「前川証言ありき」の様相を呈している。

 前川氏は24日の衆院予算委で、平成28年9月に和泉洋人首相補佐官との面会の際に、和泉氏から「首相は自分の口から言えないから、代わって私が言う」と獣医学部新設を進めるよう指示されたと改めて主張した。前川氏はこの“指示”を「加計ありき」の根拠としているが、和泉氏は「加計学園には一切触れていない」と否定した。

 朝日新聞は25日付朝刊1面トップで「首相側近『記憶ない』連発」と報じた。和泉氏については「記憶にない」と繰り返したことを強調、前川氏については自身の記憶と記録に基づいて和泉氏との面会のやりとりを「詳しく語った」と表現し、和泉氏と前川氏の違いを際立たせた。

 25日の参院予算委では、旧文部省OBで、愛媛県今治市への獣医学部誘致を推進していた加戸守行前同県知事が「(前川氏は)テレビの取材で虚構の話をした」と述べ、「想像を事実のように話している。精神構造を疑う」と厳しく批判した。加戸氏の発言に対して前川氏は慌てたような対応を見せたが、朝日は詳報も含めて完全に無視した。

 26日付朝刊の朝日などは、安倍晋三首相が加計学園の学部新設計画を国家戦略特区の申請が認められた今年1月20日に初めて知ったことを取り上げた。首相と学園の加計孝太郎理事長が友人関係で、ゴルフや食事を重ねていると詳報し、毎日新聞は「不自然答弁さらに」と報じた。

 朝日は25日付朝刊の記事「加計疑惑 証拠なき否定」で「『加計ありき』をうかがわせる文書や証言を否定するような証拠が示されたわけではなく」と書いた。「加計ありき」を「うかがわせた」前川氏の言動こそ信(しん)憑(ぴょう)性が高いと決めてかかったような書き方だった。(今仲信博)



引用ここまで。


今までにもこのブログで何度も指摘したのだが、加戸守行前愛媛県知事は唯一前川喜平を強烈に批判した。それに対して前川喜平は有効な反論をできず、また狼狽しておどおどとした発言に終始した。

加戸守行前愛媛県知事の証言と前川喜平の証言を付き合わせて考えれば、前川喜平がどんだけ嘘つきであるかがよくわかる。しかし、左翼マスコミは『前川喜平ありき』であるから、加戸守行氏のような存在は都合が悪いのだろう。記事によると加戸守行氏の存在をほとんど無視したとのこと。

それどころか、朝日新聞は
「『加計ありき』をうかがわせる文書や証言を否定するような証拠が示されたわけではなく」
などと表現。確かに加戸守行氏は証拠を提示したわけではない。でも、前川喜平に対する『反証』としては非常に有効な証言をしていた。

まぁ、結局それだからこそ朝日は黙殺したんだろうが。

加戸守行氏は、今回の獣医学部誘致については決して「加計ありき」ではないし、教育行政は歪められてもいないし、むしろ「教育行政の歪みが正されたと言うのが正しい」と証言した。それに対して前川喜平の証言は
著しく具体性に欠ける。

きっと朝日をはじめとする左翼メディアでは、加戸守行発言をなかったモノにしたいのだろうが、残念ながらネットではその詳細が全世界に向けて発信されている。しかもいくつもいくつも、だ。

きっと問題意識の高い人は国会中継を見たか、もしくは録画して後で見たと思う。

朝日なんぞの好きなようにはさせない。

ちなみにテレビ各局は稲田大臣の辞任は信じられないくらい大きく扱っていて、まるで稲田辞任のニュースで蓮舫辞任のニュースを隠蔽するかのようだ。こんなやり方、有り得るのか?




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 稲田朋美防衛大臣 蓮舫

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR