日本は今のままでいいのか

29年7月29日配信のwebニュースの記事を引用する。


 岸田文雄防衛相(兼外相)は29日未明、北朝鮮が28日深夜に発射した弾道ミサイルについて「ICBM級の弾道ミサイルだったと考えられる」と述べた。通常より高い角度で打ちあげる「ロフテッド軌道」で発射され、3500キロを大きく超える高度に達したとの分析も明らかにした。防衛省で記者団に語った。

 また、ミサイルは北海道の積丹半島の西約200キロ、奥尻島の北西約150キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水したとみられることも明かした。



引用ここまで。


日本はこのままでいいのか。

鳥越俊太郎は、NHKの討論番組で、保守系の論客たちを相手に、
「まずね、前提として今日本に危機が迫っているとか、なんとなく中国や北朝鮮が日本に対し攻撃をしかけてくるかのようなことをいう人があるが、それは全部妄想ですよ、妄想」
などと語った。

鳥越は抑止力という物をどう考えているんだろう。

どんな国でもそれなりの軍事力を有し、なにかあったら軍を動かすという構えをすることで厳しい外交を切り抜けている。抑止力は外交の面でも非常に大事なのだ。

鳥越は憲法は改正する必要がないという立場で、『どこの国も日本を攻めては来ない』と強弁しているのだが・・・最近の北朝鮮はミサイルを日本のEEZ内に撃ち込んできている。このことを鳥越はどう考えているのだろう。

北朝鮮は昨夜未明にICBM級のミサイルを発射したが、それを受けて米国と韓国は弾道ミサイルの発射演習をしている。米国や韓国にはそれがあるから北朝鮮から先制攻撃を受けることを避けられるのだ。

それに対して日本の安倍政権は何度も『重大な抗議』を繰り返すのみ。
安藤優子はフジテレビのワイドショーで、
「安倍総理は何度も同じような言葉で北朝鮮に抗議するだけだで、状況はまったく好転しないですよね」
などと発言。まるで安倍政権に文句を言っているようだが・・・安倍政権としては『厳重な抗議』を伝えるだけしかできないのだ。そのもどかしさを抱いているのはもちろん、安倍総理自身自身なのだ。

逆に安藤優子は安倍総理に、北朝鮮に対してなにをどうすればいいと言うのだろう。

日本は憲法の前文や9条第二項により自衛隊の行動範囲が著しく限られている、北朝鮮からもしミサイルで攻撃されたとしてもなにもできないだろう。

それを見て北朝鮮は
「ミサイルの被害を受けるのはまずは日本だ」
と言っているのだ。

したがって安倍政権としては北朝鮮がミサイルを発射する度に『重大な抗議』をするしかない。安藤優子のような憲法を改正する勇気もないバカ女が口を出す問題ではない。

もしこのタイミングで安倍政権が崩壊したら、憲法改正が遠のいてしまう。それが本当に日本にとって良いことなのか。安藤優子ももう少し深く考えたらどうなのだろう。

自衛隊を国防軍として整備し、憲法によって国防軍に対し先制攻撃を認めること。さらに、北朝鮮のような国もあるのだから、核ミサイル・・・とまではどうせ行かないのだろうが、最低限北朝鮮にまでは届くミサイルを配備するべきだ。

鳥越俊太郎のようなクソバカ脳天気なパヨク勢力を相手にしているヒマはない。

また、青木理は
「現在のように米国に追従するのではなく、そろそろ話し合いを基軸に考えるべきだ」
こいつは何でもかんでも理念的に政治を利用する。話し合いの果てに何があるというのだろう。
まず北朝鮮はミサイルも核兵器も手放すことは絶対に有り得ない。

日本はまず憲法を早く改正するしかない。そして自衛隊を国防軍として改組する。ロケットを開発する、または輸入する。さらには自衛隊もしくは国防軍に先制攻撃の権利を与える・・・

早くしないと東亜諸国の餌食にされるぞ。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR