今さら話し合い?

29年7月31日の産経ニュースを引用する。


 【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮による2度目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けて、ヘイリー米国連大使は30日、「中国は最終的に重要な措置を取りたいのかどうか決断すべきだ。話し合いの時間は終わった」とする声明を発表、中国に対し、北朝鮮への大幅な制裁強化に同意するよう強く迫った。

 7月4日に行われた1度目のICBM発射を受け、国連安全保障理事会では米国が主導し、対北制裁協議が行われている。石油の取引制限など厳しい措置を目指すヘイリー氏は、「北朝鮮に対する国際的な圧力を大幅に強化しない安保理決議は何の価値もない。何もないよりも悪い。北朝鮮の独裁者に、国際社会が真剣に対応することを望んでいないというメッセージを送るからだ」と強調した。

 また、安保理の緊急会合の開催の見通しについて、ヘイリー氏は声明で「結果を生まないならば、緊急会合を開催しても意味はない」とも指摘した。

 声明に先立ち、ヘイリー氏はツイッターでも「北朝鮮に関する話し合いは終わりだ」と宣言。

 「日本と韓国は(北朝鮮への)圧力を強めなくてはならない」と投稿した。



引用ここまで。


かつて、米国は
「北朝鮮がレッドラインを超えたら、我が国は躊躇せず反撃する」
と言ってたハズだ。じゃぁ、具体的にどこがレッドラインだというのか。北朝鮮は米国本土に到達するICBMを開発したと言っているし、日本や韓国、そして米国の専門家も同じ事を言っているのだが。

要するに・・・北朝鮮も米国も自分から先に攻撃をしかけたら、怒濤の反撃を喰らうコトが怖いのだろう。北朝鮮沖に展開していた空母やその他の打撃群はもしかして、撤退したんじゃないのか?

弁護士の萩谷麻衣子は、テレビ朝日の情報番組で、
「自衛隊の日報問題などを見ると、稲田朋美前大臣は自衛隊とコミュニケーションを上手に取れていなかったようですね。」
「もしそんなときに北朝鮮が日本を攻撃してきたらと思うと、ゾッとしますね」
「次の防衛大臣はしっかりとした方を選んでいただきたいですね」
ほほぉ・・・ではオマエは誰が防衛大臣に適任だというのか。
稲田に文句ばかり言ってるだけなら民進党とまるっきり同じじゃぁねえか。

さて、米国のトランプと安倍総理とで電話首脳会談を行ったという。だが、日本には憲法9条の縛りがあるために具体的なオプションを取ることができない。

それを知ってて国内の左翼は
「米国追従は危ない」
「日本がリーダーシップを取って、中国やロシアも巻き込んで北朝鮮と対話すべきだ」
対話対話って、うるせぇやつらだ。

六カ国で何かしら『話し合い』をして、得られるものがあると思ってるのか。北朝鮮はおそらく今、自信満々でいる。それもそうだICBMとそれに搭載可能な核弾頭も有している。どんな『話し合い』をしても北朝鮮はそれを放棄しないだろう。北朝鮮はそれのおかげで米国と対等に渡り合っているのだから。

中共が北朝鮮に有効な経済制裁を課していないと米国は言っている。中共から北朝鮮への経済支援は昨年度より今年度の方がずっと大きい。
しかし、北朝鮮の態度があまりにも尊大にすぎたら、中共が北朝鮮に対して戦争を仕掛け、中共の傀儡政府を樹立するだろう・・・という話も専門家からは聞かれる。




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR