謝罪しろ!

29年8月1日配信の産経WESTの記事を引用する。


 朝日新聞は1日付朝刊で、6月19日付オピニオン面「語りつぐ戦争」の投稿「引き揚げの女性に中絶手術」の内容について、確認に不十分な点があったなどとして一部を削除、訂正し「おわびします」との記事を掲載した。

 投稿は終戦後の引き揚げ女性の中絶手術のことを旧友から聞いた話として書かれた。16歳以上の女性を集めて担当者が呼びかけたという内容で、「旧友に聞くと、『今おめでたの方はいませんか。ご主人であろうと、またソ連兵、朝鮮人に犯されての子でも、今から育てるのは苦労です。思い切って見殺しにすることです』と女性たちに呼びかけたという」のうち「ご主人であろうと」を削除。「見殺しにすることです」を「身を軽くすることです」に訂正した。

 掲載後に読者から指摘があり、投稿者に確認したところ記憶違いの部分もあったとして削除・訂正の申し入れがあったとし、掲載前の確認も十分ではなかったとしている。



引用ここまで。


なんだ、これは?

要するに、女性の証言の裏も取らずに記事にしたってだけじゃねぇか。誰がそんなコトを呼びかけるって言うんだよ。なにをどう考えても有り得ないだろ。

朝日はどんだけ日本人を極悪非道だと決めつけてるんだ。ご主人の子であれば、堕胎は絶対に許されない。むしろ、国や自治体には、
「堕胎してはいけない」
というふうに強く言わなければいけないハズだ。

それに、
「見殺しにしろ」
というのはどういうコトか。女性が悩みに悩み抜いた末にそうしたのであれば、まだわかる。だが公がそんなことを言ったら許されないに決まってる。

朝日が
「どうしてそんなコトになるのか」
的なすっとこどっこいな問題を起こすことは、よくあることだ。

テレビ朝日の夕方の『スーパーJチャンネル』での話。テレ朝の記者が、東北の被災地を取材しに行ったのに、
「大学生です。ボランティアに来ました」
と身分を偽って現地入りしたらしい。

当たり前だが・・・テレ朝には矢のように講義が殺到した。

この問題について渡辺宜嗣キャスターは、
「テレビ朝日の記者が大学生のボランティアだと身分を偽って、取材行為を行っていました」
「被災地の皆さんには迷惑おかけしました」
たったこれだけの、ごく淡泊な『謝罪』でお終い。

こいつら、謝罪する気持ちゼロだろ。とりあえず
「そのことについては謝罪してありますよ」
「アリバイはありますよ」
というコトなんだろう。

マスコミは不祥事があっても、なるべく謝罪なしで済ませようとする。そして、しばらくしてそのことについて視聴者らが忘れてしまうのを待つのだ。

他者の不祥事に対しては、その程度の謝罪では絶対に許さないくせに・・・




<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。

<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この男は完全無欠のポジショントーカー。この男に思想信条は無い。自分に期待された役割を演じることができ、自分が演じていることすら気付いていない男。それで生き残ってきた。ある種の人達にとっては使い勝手の良い駒。

Re: No title

コメントありがとね。

ところでアンタは誰にとって『使いやすい駒』なわけ?
★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR