FC2ブログ

安全保障の在処

 29年10月11日配信の琉球新報の記事を引用する。


 国頭地区消防本部によると、11日午後5時35分ごろ、「東村高江で米軍機が墜落炎上している」という通報があった。沖縄防衛局によると、墜落したのはCH53大型輸送ヘリコプターという。けが人の情報はない。
 東村などによると、墜落したのは米軍北部訓練場近くの民間地で、高江の車地区の牧草地。午後6時半現在、米軍ヘリが墜落現場の上空を旋回し、消火活動に当たっている。住民提供の写真では、炎と黒煙が上がっている様子が確認できる。
 東村高江に住む伊佐育子さん(57)は「黒煙が牧草地から上がっているとの連絡を受け、現場に駆け付けた。米兵がいっぱいいた。高江公民館からわずか2キロ先だ。政府に対し、私たちの命を何と思っているのかと怒りでいっぱい。これ以上(米軍機を)飛ばすことはしないでほしい」と話した。
 米軍機は県内でたびたび墜落事故を起こし、県民の不安や懸念が高まっている。最近では昨年12月、名護市安部で米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが墜落した。2013年、キャンプ・ハンセンでHH60救難ヘリが墜落。2004年には宜野湾市の沖縄国際大学に海兵隊のCH53D大型輸送ヘリコプターが墜落した。



 引用ここまで。


「私たちの命を何と思っているのかと怒りでいっぱい。これ以上(米軍機を)飛ばすことはしないでほしい」
・・・住民はそう発言したとのことだが、では米軍の航空機を閉め出して、どうやって日本の安全が守られるというのか。コイツらは頭上から落ちてくる米軍航空機による危険を免れられるのかもしれない。だが、

中共や北朝鮮等の驚異からどうやって日本を守れるというのか。

一番根本的な問題は、日米安全保障条約その他日本の安全保障政策の責任は沖縄県ではなく日本政府にあると言うことだ。

他国との紛争時に沖縄県は責任を取れるのか?翁長雄志は自衛隊をコントロールするコトが可能なのか。

また、翁長雄志沖縄県知事は、
「在日米軍の存在がイヤであるのなら、代替案を出せ」
と詰め寄られても、
「それは中央政府の怠惰ですね」
と、話をそらす。

今回の総選挙、自民党は確実に圧倒的な多数の議席を獲得する。それをもって安倍政権の原発政策も沖縄の米軍問題も国民の民意を得たことになる。

もうなんの言い訳も通用しないということを学習すべきだ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメント

Secret

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR