FC2ブログ

やっぱり自民党の圧勝

昨日投開票された衆院選。誰もが思っていたとおり、昨日の総選挙の結果は自民党の圧勝。ところが、左翼の連中は落選したリベラル勢力を擁護していた。。
10月23日のテレビ朝日『モーニングショー』。テレ朝の紐付きジャーナリストである玉川徹は、

「護憲政党の獲得議席を足すと、自民党の獲得移籍数を上回っているんですよね」
「反原発政党の獲得議席についても同じことが言える」


なにを言っているんだろうね、このバカは。選挙は終わったばかりだというのに、リベラル勢力のことを必死に擁護しているし。こういうのは民主主義の王道に反する。

ぐだぐだと言い訳してねぇで、負けを認めろ。野党がどういう勢力図になったのかはどうでもいい。しかし自公連立政権が3分の2の議席を獲得したと言うことだけは事実なのだ。

かつてテレ朝では、『報道ステーション』で以前の総選挙の時について、
「野党の改選勢力の獲得議席を足し合わせると、自民党の獲得議席を上回っている」
と、やっぱりくだらないことを言っていた。そして次の日、『モーニングバード』で玉川徹は古舘伊知郎とまったく同じことを言っていた。

政策もなにもかも違っている各野党の獲得議席を足し合わせたところで、その数字にいったい何の意味があるというのか。

まぁ好きにしろ。

伊藤惇夫も選挙戦当初のテレビで、
「自民党にとって世論調査で良い結果が出ると、自民党候補たちに逆にプレッシャーになる」
「このまま選挙戦を自民党有利で進められるとは思いませんねぇ。」
かわいそうに伊藤惇夫。選挙戦は終始、終始自民党ペースだったねぇ。楽しいねぇ。

思えば・・・

今回の解散総選挙。
「大義がない」
に始まって、
「日本の総理大臣には解散権があるのだが、好きなときに解散できる国は日本だけ」
と言い切っていた専門家がいた。この物言いは本質的な問題を突いているとは言えない。解散権のせいにするな。野党が普段から『反安倍』に徹するのではなくて、政策立案能力を積み重ねればいい話だ。

選挙開けの10月23日、東京株式市場は大きく買いが入り、午前の株価は200円を上回った。これによって15日間連続で株価が大きく上げたことになる。もちろんこれは安倍政権が安定政権となったことによるものだ。

パヨク勢力は悔しすぎて舌をかみ切って死なないように気をつけろよ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

No title

左翼達の負け惜しみと屁理屈が耳に心地良い。

自民党が勝ってよかった。
勝つはずだとは思っていたけど、どの程度の勝利になるか分からなかった。
まずは安心しました。

今回はネットがマスゴミを凌駕した選挙だったのかも。
マスゴミコメンテーター達はそこに触れたくないようですけどね。

Re: No title

負け惜しみしないで、結果を受け入れればいいんですよね。みっともないったりゃありゃしない┐(´д`)┌
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR