FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の『危機』

29年10月31配信のダイアモンドオンラインの記事を引用する。


第48回衆院選が10月22日投開票され、与党が定数の「3分の2」を確保して大勝した。首相の安倍晋三は国政選挙5連勝を成し遂げ、吉田茂政権以来となる「第4次内閣」が発足する。

「手を合わせて拝みたいぐらいの数字だ。希望の党に感謝したい」

 衆院選の開票が進んだ10月22日深夜、自民党の最高幹部は思わず本音を漏らした。

 首相の安倍晋三が繰り出した“禁じ手”ともいえる「奇襲解散」。だが、選挙戦序盤ではそれをはるかに凌ぐ勢いが東京都知事、小池百合子の希望の党にはあった。安倍が受けた衝撃は半端ではなかった。多くの自民党議員が下野を覚悟したはずだ。

党を巻き込んだ野党共闘の成立が背景にあった。

 小池と前原の思惑は無残に砕け散った。前原は失敗を認め代表辞任の意向を示し、小池には希望の党内から代表更迭の声が上がる。都知事としての職務遂行すら危ぶまれる事態に追い込まれた。

 確定議席で自民党は選挙公示前の議席と全く同じ284。だが、比例代表での得票率を見ると自民約33%に対して立憲民主約20%、希望約18%。これに無所属当選者の得票を加えると自民党を大きく上回る。外見上は「大勝」とはいえ、内容的には「薄氷の勝利」に近い。「選挙に負けて勝負に勝った」というのが実態に近い。選挙中にも内閣支持率が下がっていたことがそれを証明する。

 確かに安倍はこの衆院選の結果、2012年12月の衆院選で政権復帰を果たして以来、衆院3回、参院2回の選挙5連勝を成し遂げた。近く発足する内閣は「第4次政権」。戦後では「第4次」を冠した政権を担ったのは吉田茂だけ。しかし、選挙に大勝したものの次の政策目標が見えてこない。安倍の宿願ともいえる憲法改正も議席数から見れば可能性は高いように思えるが、それほど単純なことではない。「自民独り勝ち」が逆に、改憲の阻害要因になる可能性が高いからだ。

憲法改正をめぐって自公で微妙な温度差

 まずは足元の公明党の動向だ。公明党は今度の選挙で公示前議席の34から5議席も減らして29議席。7月の東京都議選で公明は小池と組んで勝利して都政与党の座を占め、一方で国政では安倍連立政権の一翼を担う。代表の山口那津男は「国政は国政、都政は都政」と語るが、有権者の目には「いいとこ取り」としか映らない。自民党の首相経験者の一人も「やがて都政では小池知事と距離を置き始める」と指摘する。
 自民党内でも、今回の衆院選で自公の選挙協力が円滑に行われなかったことを認める幹部が多い。1999年10月に自公連立が始まってから既に18年。「制度疲労」が起きても不思議はない。

 憲法改正をめぐっても微妙な温度差がある。とりわけ安倍が目指す9条改正でその差が浮き彫りになる。公明党には憲法改正について一貫した考えがある。衆院選後も山口は繰り返した。

「幅広い合意形成が大事だ。野党第1党の理解を得て合意できることが望ましい。国民の理解が伴うことも重要だ」



引用ここまで。


「手を合わせて拝みたいぐらいの数字だ。希望の党に感謝したい」
との安倍総理の言葉、まさにその通りだ。

自民党の大勝だったが、それについては希望の党の敵失によるものだ。

確かに、絶好調だった小池百合子が希望の党を立ち上げ、そこに大量の民進党を離党した議員たちが合流した。自民党にとっては間違いなく驚異であったに違いない。

ところが、小池はとんでもないミスをする。

小池、国政政党を立ち上げたのはいいが・・・都民有権者からはえらく評判が悪かった。
「都政を投げ出すのか?」
「そんなのは無責任すぎる」

「小池さんは出馬すれば無責任、出馬しなくとも無責任」
と小泉進次郎は言ったが、まさにその通りだった。

小池は当然、女性初の総理大臣という野心を持っていたのだろう。しかし、だんだんと風向きが変わる。都民や専門家からの世論に批判され、しまいには
「私は最初から出馬するなんて言っていないんですよ」
といって、自身の出馬説を打ち消した。

それでは、国会では首班指名として希望の党は誰を推すのか・・・小池は
「山口那津男さんでいいんじゃないですか」
などと頓珍漢なことを言う。

さらには『排除の論理』だ。

小池は自ら立ち上げた政党を自らのミスで失った。

立憲民主党の青山から雅幸議員、さらには同じく立憲民進党から初鹿明博衆院議員と、選挙後に文春砲が立て続きに炸裂した。
しかも、初鹿の場合は昨年12月二度目だ。

公明党の上手なところは、スキャンダルを起こした議員を躊躇せずに首切りしたことにある。選挙前であるから、さっさと辞めさせれば党にとってはダメージは少ないと読んだのだろう。

結果的に獲得議席は5議席減らしたが。

ただ、立憲民主党は今のところまったく首切りする動きはない。それどころか、あの山尾志緒理の復党を当選早々に認めてしまった。多くの記者が
「一線は越えていないんですか?」
「なんで左手の薬指の指輪を外しているんですか?」
山尾なんか、全マスコミでもっと挑発しろ。もっと叩いて、議員辞職させろ。あんなバカ女が日本のためにしご
「日本死ね」
なんてとんでもないプラカードを国会に持ち込んだのか。自分たちを育んでくれた国や故郷に対してなんでそんなコトを言えるのか。一政治家として、山尾の態度はあり得ない。しご

立憲民主党はセクハラした議員二名を党内に残すつもりらしい。その上で、ダブル不倫問題を引き起こした山尾が戻ってきた。このことを立憲民主党はどう説明するのだろう。

自民党は議席の上から見れば、圧勝だったのであろう。しかし、憲法改正という悲願を達成するには逆に難しくなった。希望の党や維新の会など憲法改正政党になるはずが、そのラインがまったくメドが立たない状況だ。

憲法改正が無理となると、安倍政権は一気に崩壊する。

ここからは安全運転で進むことが肝要だ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメント

Secret

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。