FC2ブログ

日中韓の歴史戦の行方

29年11月5日付けの産経新聞の記事を引用する。


 カナダ中部マニトバ州の州議会で、旧日本軍が中国・南京を占領した1937(昭和12)年12月13日を「南京大虐殺記念日」と定める法案の審査手続きをめぐり、早期成立を目指す野党側が同法案の優先審議を求める動議を提出したものの、与党側の反対多数で否決されたことが4日、分かった。州議会は9日に閉会するため、今会期中の法案成立は事実上なくなった。

 ただ、今月下旬には次の会期が始まるため、推進派は改めて法案成立を目指して働きかけを強めそうだ。

 法案を提出した野党の新民主党は、旧日本軍による南京占領から80年となる12月13日までの成立をもくろんでいるとみられ、他の法案に優先して記念日制定法案を審議するよう求める動議を議会に提出していた。

 マニトバ州の隣のオンタリオ州議会では10月26日、同じく南京の記念日制定を求める内容で、法的拘束力のない動議が可決された。オンタリオ州議会も当初、法案成立を目指したが、法案に比べて可決のハードルが低い動議に切り替えた。マニトバ州議会も動議に切り替える可能性があり、予断を許さない状況が続く。



引用ここまで。


よくよく考えれば不思議なコトだ。戦時中の日本人に対してネガティブな感情しか持ち得ていないのは、中韓以外にはない。日本の元首が10年ごとに対話を提出するのだが、そこに中共は
「すべてのアジア諸国に対しても謝罪すべきだ」
などというのだが、

南京大虐殺にしても、どこに30万柱の遺骨があるというのだろう。あるというのならそれがどこにあるのか説明するべきだ。ユネスコもそのことを中共側に指摘したのか?

第一、軟禁の市民30万人について日本側にどういう動機があるというのか。なんのために虐殺したというのか。その当時の文献や証言のから南京大虐殺を立証できたのか?なんで中共の言いたいままに世界記憶遺産になんぞ指定するのか。

こんなテキトーな登録認定をしているから、
「日本はユネスコから撤退すべきだ」
などという極論も生まれてくるのだ。

いいか、中共も韓国も戦時中に日本兵によって大変な被害を受けたと言うのなら、まず中共や韓国当局に言うべきだ。だが、日本政府はそんなものにはとらわれないし、科学的根拠がないのあればそれを国際記憶遺産として認めることはしない。

ユネスコから静かに立って行くに限る、

そして、木村太郎氏の言うとおり、
「中国も韓国もこれからも日本を狙い撃ちにするつもりなんでしょう」
「いつまでぐだぐだやってんだ・・・」って言う感じですよ。

慰安婦像を作りたいなら勝手に作れ、

wあかりきったことだろうそれでもって将来に禍根を残すのは韓国であるはずだ、

韓国は日本が憎いのであれば日本製は使わないことだ。そのかわり、日本も外需に頼っている韓国のものを買わないようになるだろう。

どっちの国力が毀損されるのか。考えるヒマのないほどわかりきったことだろう。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

Secret

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR