三反園の自縛

28年11月29日配信の産経ニュー宇野記事を引用する。


■三反園・鹿児島知事、川内原発対応「検討委で検証し判断」

 鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は28日、開会した定例県議会で、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)への対応について「九電から提出される特別点検の結果報告を検討委員会で検証、確認していただき、その結論を踏まえ、どのような対応が必要か総合的に判断する」と述べた。

 県議会には、川内原発の安全性を検証する「原子力問題検討委員会(仮称)」設置を盛り込んだ補正予算案を提出した。

 定期検査中の1号機は、12月8日ごろ起動を予定。予算案の採決は同16日の予定となっている。

 検討委では起動日までに議論できない。さらに、委員の名前を公表していないことに議員が反発しており、検討委の設置が実現するかは不透明だ。

 三反園氏はこの日の議会で、委員会について原子力工学や地震学、放射線防護、防災関係などの有識者で構成すると説明した。その上で「予算を認めていただいたら速やかに設置したい。原発に頼らない社会づくりに向けた歩みを少しずつ、少しずつ進めたい」と述べた。



続いて12月8日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する.


 九州電力は8日夜、定期検査のため停止中だった川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、運転を再開した。来年1月上旬に営業運転に移る予定だ。対応が注目された鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事は、この日も運転再開に絡む発言を避け、起動を事実上容認した.

 午後9時半、核分裂反応を抑える制御棒を抜く作業が始まり、原子炉が起動した。川内1号機は10月6日から原子炉等規制法にもとづく定期検査に入っていた。東日本大震災後の新規制基準のもとで、定期検査に入った原発が運転を再開するのは初めて。川内原発前ではこの日、運転再開に反対する市民らが「川内原発動かすな」などのプラカードを掲げて抗議した。

 一方、九電に対し川内原発の即時停止を2度にわたって要請したものの、その後、「私に稼働させるさせないの権限はない」と繰り返し、運転再開を事実上容認する姿勢を示した三反園知事。この日は報道陣の取材に応じたものの、運転再開には直接触れず「稼働してもしなくても原発は残る」と話した。今後は、県独自の第三者機関の設置を急ぎ、川内原発の安全性を検証してもらうとした。知事の要請を受け九電が実施している「特別点検」は今月11日に終わる見通し。現時点で「熊本地震の影響はない」(九電幹部)。早ければ年内に知事に結果を報告する。

 川内原発では2号機が16日から定期検査に入る予定だ。



引用ここまで。


検討委の名前は明かさない・・・それはすなわち検討委のメンバーを三反園訓お気に入りの反原派の”専門家”らで占有するつもりなのだろう。

それについて三反園訓は記者の質問に答えて
「時間は流れていってるんです。今回は今回であくまで公正公平な判断でメンバーを選びました」
と反論。

なら、検討委のメンバーの名前を明かすことに躊躇する必要はなかろうて。そんな言い訳が有権者や脱原発の運動家の連中に通用するとでも思ってるのだろうか.

都道府県知事に原発を再稼働させない権限などあるワケがないのよ。エネルギー安全保障は国の専権事項だからだ。三反園や鳥越らがどんなパフォーマンスをしても、原発は再稼働する。三反園は自分で自分の首を絞める結果に陥る。7月の知事選で自分を応援してくれた活動家らからも支持を失うだろう。

原発は間違いなく再稼働するのだ。

三反園は川内原発を停止させるという公約を掲げて当選したはいいが、そんなことができるわけもなく結局再稼働を容認してしまった。

原発を止める前に三反園のリコールを採決する方が早いんじゃないのか?

このあたり,三反園と沖縄県知事の翁長雄志は共通しているような気がする。両者とも辺野古基地問題や原発の再稼働をなんとかしたいと思っているんだがそんな権限などはない。

あり得ないのだ。



<↓よろしければクリックお願いします((○┓ペコリ>


※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、ネコちゃんワンちゃん動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 三反園訓 川内原発

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR