沖縄県側の敗訴確定へ

28年12月12日配信の朝日新聞DIGITALの記事を引用する。


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、国が埋め立ての承認を取り消した沖縄県の翁長雄志知事を訴えた訴訟の上告審で、最高裁第二小法廷(鬼丸かおる裁判長)は12日、高裁判決の結論を変更する際に必要な弁論を開かず、判決の期日を20日に指定した。知事の敗訴とした福岡高裁那覇支部の結論が確定する見通しだ。

 9月の同支部判決は、辺野古への移設に必要な沿岸部の埋め立て申請について、国側の主張を全面的に認めたうえ、「翁長知事が埋め立ての承認取り消しを撤回しないのは違法だ」と結論づけた。「普天間飛行場の被害を除去するには、辺野古に新施設を建設するしかない」とも言及した。知事側が上告していた。

 辺野古への移設をめぐっては、仲井真弘多・前知事が2013年12月に埋め立て申請を承認。だが「辺野古反対」を掲げて当選した翁長知事が昨年10月に承認を取り消した。国と県は相互に3件の訴訟を起こしたが、今年3月に和解が成立。国は和解条項に基づき、承認取り消しの撤回を求める是正指示を出したが、翁長知事が応じなかったため、改めて今回の訴訟を起こしていた。



引用ここまで。


極めて妥当な判決だ。

仲井眞弘多前知事時代に辺野古基地の埋め立てを決断した。仲井眞弘多氏も当然沖縄に根を張って政治をやっていた以上、マスコミやその他活動家らは
「民意は辺野古反対だ」
と言うのだが、安倍総理は安倍総理で国民全体の支持を得ているのだ。安倍総理は就任して以来国政選挙があるたびに普天間の基地機能を辺野古に移設すると公約に掲げて闘い、そして連戦連勝しているのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR