FC2ブログ

バカ男とバカ女

30年3月22日配信のBIGLOBEニュースの記事を引用する。


 夫を奪われた妻の逆襲が始まった。

 3月22日発売の「週刊文春」で、山尾志桜里衆議院議員と倉持麟太郎弁護士の不貞疑惑が原因で離婚することになった倉持氏の元妻が手記を発表。それによると元妻は、現在実家に戻り気持ちの整理をしようとしたが、今も心にポッカリと大きな穴が開いているという。また、“夫婦関係は冷え切っていた”と報じられたが、事実ではなく互いに愛し合っていたと信じていたそうだ。

 また、昨年8月に左脳大脳動脈狭窄症と診断された元妻に、倉持氏は実家に戻ることをしきりに薦めたので、2歳の息子を連れて行った。9月に一度自宅に戻ると、不自然なベッドの乱れや、キッチンには夫が食べるはずのないスナック菓子があった。それを夫に告げると、山尾議員と毎晩のように会っていたことを淡々と説明したという。

 その後、倉持夫婦は直接話し合いをすることもなく、離婚が成立。長男の親権は倉持氏が持つことに。元妻は「山尾さんが、悪びれることなく国会で待機児童や憲法改正の話をすることに、強い憤りを覚えます」とあり、慰謝料請求の裁判を起こす準備を進めているという。

 家庭問題に詳しいジャーナリストは「有名人の不貞発覚で裁判沙汰になるのは珍しい」という。

「不貞相手が有名人の場合、その伴侶が一般人であっても、マスコミの報道から逃れることはできません。なので、裏切られた立場でもプライベートがさらされることを嫌い、身を潜めて暮らす人がほとんどです。ですが、倉持氏の元妻は、勇気をもって法的な逆襲に出た。今後は、この事例に倣うケースが増えるかもしれません」

 不貞をはたらいている有名人にとっては、耳の痛い記事に違いない。



引用ここまで。


立憲民主党はくだらない人間を入党させたもんだ。まぁ、立憲民主党の存在自体がくだらないのだが・・・山尾志桜里民進党の幹事長に内々指名されていた。そのすぐ直後に不倫発覚。

山尾は自民党の不倫議員を目の当たりにして、あーだこーだと批判していた。テメェがこの様じゃぁどうしようもない。そして、この山尾は倉持を再び政策スタッフに迎えている。

山尾は不倫についてはけじめをつけていない。それどころか、
「国会議員にもプライバシーはある」
などとと開き直っている。

女性週刊誌の企画で山尾は不倫相手の倉持麟太郎弁護士と対談したうえで、
「これからは公私の一線を引いて、活動していく」
「こんなくだらない問題に関わっている暇はない」
という趣旨の発言をしている。

なんだろう、この違和感。
なんだろう、この異常さ。

政治家はバリバリの公人だ。そんなバリバリの公人が『プライベートなコトなので』などといって、説明責任を果たさなくていいと思っているのか。

山尾の支持者や立憲民主党の支持者はどう思っているのか。

こういうバカ男とバカ女が、日本の国益を損ない政治不信を招くのだ。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

tag : 立憲民主 山尾志桜里 倉持麟太郎 立憲民主党 民進党 不倫

コメント

Secret

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR