パフォーマンスばかりだ

12月13日のTBS『Nスタ』。小池について興味深い議論が展開されていた。

(たったの)200億円の政党復活予算枠を廃止すると、唐突にかつ一方的に、独裁的かつ独善的に決めてしまった小池。その姿は旧民主党時代の小沢一郎とまったく同じだ。

なんのためにそんなことをしたのか。お美味しいからだ。
今まで都議会が握ってきた政党復活予算をちゃっかり自分の権益にすり替えてしまった。

その200億円の枠はそのまま小池に引き継がれて・・・それで何が起こったか。

小池への権力集中化、独裁化だ。

「陳情することがあるなら直接私に言いなさい!」
とでも言うかのような態度。レンホーと同じように常に上から目線で、女性としての可愛げがまったくない。さらにその交渉を”見える化”してしまったため、
1.交渉の場を勝手にオープンにされたので業界団体が本音を言えなくなった。
2.業界団体のトップらとの交渉が、たった15~20分程度に制限されてしまった。業界団体関係者は2~3時間かけてしゃべるような内容なのに、だ。

200億円の枠の撤廃にはなんの合理性も無いんだって。そのデメリットがもろに表出してしまっている。
「他の道府県ではこんな慣習はあり得ない」
・・・ってそんな的外れな話をしてるんじゃねぇよ。コイツはいつも的を外してる。

この問題?の本質は税金が適正に使われているのかどうか、なのだ。

もう一つ言うとしたら、東京都の予算規模約13兆円に対して200億円程度の復活予算がいったい何だって言うのか?前述したとおり小池は
「他の自治体ではこんな慣例は見られません」
などという。よそのところで見られないからだからなんだというのか。税金の使い道であるなら、問題にはならないはずだ。

小池のことだからパフォーマンスをしておいて今後の都議選で小池新党旋風を巻き起こせるなんちゃって思っているんじゃないのか?これでは橋下氏言うとおり小池に権限が集中しているだけ。なにせ、どれだけ予算を削除するのか言っていないのだから。

現代日本の”アンシャン・レジーム”の主役はまさに小池百合子なのだ。

さて・・・

小池は豊洲問題について延期するまでは良かったが、マスコミがいろいろと騒いで地下に空間があるとか、そこに入った水が汚染されているだとか、ありがた迷惑な話をほじくり出してきた。というか、小池が自らパンドラの箱を開けてしまった、とでもいう方が正確なのか。そして一応、移転までのスケジュールを示したのはいい。いいけど事ここに至ってもなお、決断はなされていない。
「延期だけでなく、中止ももちろんあり得る」

おいおいおい、今の責任者は石原慎太郎ではなく、オマエだぞ小池!さっさと決めろって。困っているのは業者さんだろうに。

東京宇五輪開催候補地についてもそれこそ「大山鳴動して鼠一匹」だ。小池はさすがに気色ばんで、
「それはずいぶん失礼な話ではないですか?」
「頭の黒いネズミがいっぱい出てきたじゃないですか」
痛いところを突かれたからか、向きになって答えていた。

結構な話だが、ではその”頭の黒いネズミ”に勝てる見込みはあるのか?。そこが問題として取り上げられているっていうのがまだ理解できていないのか小池。

ところで、都知事就任後に小池はどんだけの実績を積んだと言えるのだろうか。パフォーマンスばかりじゃん。今もなお小池を熱烈に小池を支持するようなコメンテーターらは(特に女性)が多い。世論におもねっているのかそれとも今もなお本気で小池のことを「ジャンヌダルク」もしくは「正義のヒロイン」と信じ切っているかのようだ。

違う。小池はただの政治屋だ。次回都議選では小池新党立ち上げるつもりだろう。それまでは小池劇場の延長で自民党との対立姿勢を見せるはずだ。

こんなヤツにだまされるなんて、情けない。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR