FC2ブログ

米朝首脳会談をツールにして遊ぶバカ

29年9月11日付の産経WESTの記事を引用する。


 日本上空を通過するミサイルの発射など、挑発を続ける北朝鮮。アジア近代史など専門の李相哲・龍谷大学教授が読み解く北朝鮮の本質「3つの要素」とは。



■日本が忘れやすい点…「国際情勢は、どれだけ自国の国益を考えて行動するかが全て」

 3番目の彼ら(北朝鮮)の特徴は、これも社会主義国の共通点ですが、目的達成のためには手段を選ばない。一言で言うとルールを守らない、約束を守らないのです。

 北朝鮮が歩んできた道、米国と交わした約束、韓国と交わした約束、それらの内容とその後を照らしてみると、約束はほとんど守られていないんですね。例えば1994年10月にジュネーブで米朝枠組み合意が交わされました。その内容は北朝鮮が核兵器開発を放棄し、代わりに米国が軽水炉を作ってあげるというもの。軽水炉が完成するまでは毎年50万トンの重油を提供するという約束でした。

 しかし後になって北朝鮮はウラニウム型の核兵器をずっと開発しているということがわかったんですね。ここで合意は破棄されましたが、その後も2005年9月19日、これは919合意と言いますが、(米日中露と北朝鮮、韓国の)6カ国で話し合い、北朝鮮が核兵器を放棄する、その代わり米国は「敵対行為」を止める。

 例えば米韓軍事演習の中止です。また将来的な平和協定などの含みを残していたんです。ところが、皆さんご存じの通り北朝鮮は翌年に第1回の核実験を行いました。

 北朝鮮は、敵が怖いとき、自分の力が尽きたとき、へとへとになったときには約束を交わします。そして時間をかせぎ、状況が好転するとまた挑発し、約束を破るのです。

 私は中国で育ったので、中国という社会主義国のやり方と北朝鮮のやり方を照らし合わせるといろんなことがわかるのです。毛沢東はかつて「持久戦を論じる」という論文を書いていまして、私は大学時代に読みました。その戦術と全く同じです。敵が怖いときは逃げる、敵が弱いところを捕らえて攻撃する、困ったときは話し合う、というものです。

 ですから、彼ら北朝鮮が話し合いに出てくるときは、もう困って困り果てて出るしかないという状況にある、と見た方がよい。

 国際関係論や国際政治では、この国は良い国とか、この国は悪い国という考え方はない。国際情勢のなかで、自国の国益をどれだけ考えて行動するかが全てです。でも北朝鮮の問題というのは、国民の利益を優先するのではなく、政権を維持するためにどうすべきかということを最優先している点にあります。

 北朝鮮、この国の成り立ちは1945年9月、日本が終戦で撤退したあとソビエト連邦(当時、現ロシア)が北朝鮮に進軍したときに始まります。北朝鮮に続々と戻ってきた政治勢力の中には、延安で毛沢東たちと一緒に革命に参加した人たち、韓国国内で日本に反抗して活動していた民族主義者、ソ連から戻った社会主義派がいた。

 金日成(キム・イルソン、後の北朝鮮国家主席)は1940年くらいからソ連のハバロフスクの近郊にあるビャツッコエという遊撃隊訓練キャンプで大尉の階級にいたソ連兵です。当時33歳の若い金日成の周りに人材を集めなければならないので、個人崇拝を始めた。

 近年になってソ連の資料館から発掘された資料から、ソ連の進駐軍将軍たちが金日成をどうやって偉い英雄に仕立てたかという工作の過程がありありと描かれています。

 それは金日成がかわいいからではなくて、ソ連が北朝鮮という国(の国民)を思い通りに動かすためです。ソ連が操る金日成の言う通りに北朝鮮国民を動かすためには、金日成を偉大な将軍に仕立てなければならない。

 そこから、北朝鮮は、一人の英雄がいて、「この人の周囲に団結すれば全てうまくいくよ」というストーリーを作っていく。その次に後継者になる金正日(キム・ジョンイル)は1942年生まれですから抗日も何もしていないため、英雄譚(たん)がない。朝鮮戦争にすら参加していない。そこで何をしたかというと、神話を作るんですね。

 例えば金正日が生まれたのは(本当は1941年)ソ連なんですが、北朝鮮は白頭山という、金日成が日本軍と戦った戦火の中で生まれた子供だと、しかも彼が生まれた場所に近い山の高さが216メートル、彼の誕生日の2月16日とぴったり一致する。山の麓にあった金正日が出生した丸太小屋と山の距離は42メートル、つまり生まれ年と一致したらしい。

 現在の金正恩(キム・ジョンウン)は、そういう神話がなかなか作りにくいようだ。彼の母親が在日朝鮮人だということは誰もが知っている。

 多くいる妻の中の一人で、彼女は踊り子だった。朝鮮のしきたりや文化からすれば、踊り子は昔、少し下にみられる風潮があったので、このことからも明らかにできない。そこで彼らが言い出したのは、金正恩は血筋がいいんだと、「白頭山血筋」を受け継いだのだとしました。こうして後継者にはなったが、金正恩にとっては「自分は偉い」とみせる必要がある。

 大胆で戦略家だというストーリーを作るため、大胆にも朝鮮戦争後初めて韓国の領土、延坪島(ヨンピョンド)に砲撃を加えた。北朝鮮の魚雷攻撃で46人の韓国人兵士が亡くなった哨戒艦・天安の事件(2010年3月)も金正恩の指示といわれている。これは北朝鮮国内では彼の英雄譚として残ってます。

 1回目の長距離弾道ミサイル発射を行ったときも、北朝鮮の宣伝では、偉大な将軍様がアメリカの陰謀を砕いたと書き立てた。かように彼は実績作りに一生懸命です。

(李教授の発言は、8月23日、大阪市内で行われたウェーブ産経主催の講演会の時点)



引用ここまで。


うーん・・・自らの体制維持を認めさせるコトと引き換えに、北朝鮮は核開発やミサイル開発を諦める・・・そんな約束事を何度繰り返して来たことか、覚えている人がどれだけいるのか。

日本国内の野党やマスコミは口さがなく、
「日本は排除された。何もしていないから当然だ」
「日本は国際社会から孤立している」
「圧力一辺倒ではだけではダメ。もっと外交努力をすべきだ」

具体的に、なにをどうすれば北朝鮮と『友好的な話し合い』ができるというのか。コレだから、左巻きの連中の言うことは信用ならない。安倍総理を批判すればそれでお仕事終わり・・・もっと真面目に仕事しろよ!

そして、米朝会談が現実するとなれば、東アジア情勢の安全保障問題がまるでマジックのごとく一気に融和していくと、左巻きの連中はそう信じているらしい。

上の記事にあるとおり、北朝鮮は何度も約束破を破ってきた。あるときは、
「故金正日は、核開発は絶対に諦めるな」
との遺言を残していると聞いた。

テレビ朝日のひも付きジャーナリストである玉川徹は、卓球の世界選手権で北朝鮮および韓国の『合同チーム』について、
「いいんじゃない?平和のためなんだから」
とほざいていたのだが・・・

1991年(平成3年)の千葉幕張メッセで卓球の世界選手権大会が開催された。その際は韓国と北朝鮮が『コリア』を結成。最強の中国を決勝で破り、見事に金メダルを獲得した。

さて、その後北朝鮮と国際社会はどうなったか。

そうはならなかった。北朝鮮は核開発およびミサイル兵器を開発し、国際社会を挑発し続けた。国内の左翼勢力は覚えていないのか?それとも、わかっているクセに意図的に隠蔽しているのか?
「日本は孤立した」
などとどの面下げて言うのか。

日本は拉致問題を抱えている。その解決無しに、圧力の解除や国交正常化、さらには平和条約の締結など、あり得ない。




<↓よろしく応援願いますm(_ _)m>
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

※誹謗中傷のコメント、もしくは暴力的なコメントについては管理人判断で削除します。

自らの疾患(人工透析、うつ病)、お出かけ、年に一度の旅行、猫ズわんこズの動画その他はこちら。
『猫いらずのうつうつ日記』




スポンサーサイト

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメント

Secret

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR