やりすぎな小池

都議会公明党が同自民党との連携を一方的に解消した。公明党が議員報酬2割カット案について賛成に回ったことについて都議会自民党が、
「都議会公明党は連携している都議会自民党に通告もなしにマスコミにリークした」
と反発。

ポピュリズムに満ちた同法案は都議会に提案され、都議会自民党が孤立するような形で成立。

都議会公明党はなぜか逆ギレ。これまた一方的に都議会における自民党との連携を解消した。2割カット法案に賛成することも連携解消についても都議会自民党にはまったく相談無いままに都議会公明党は小池にすり寄った。

ただし・・・

都議会公明党は次回都議選を念頭に置いた行動だろうが、必ずしも都議会公明党がハッピーになれるかについては疑問が残る。

都議会公明党は小池の息のかかった小池塾の立てた候補、そして民進党、自民党の候補、共産党の候補とまともに戦えるのか。民進党や共産党党とは組めるわけがない。結果、自民党やあるいは小池の息がかかった候補に
「押し出されることもある得る」
と田崎史郎時事通信解説委員は呟く。

マスコミの連中は
「小池都知事の大改革のためなら・・・」
と、みなが小池にすり寄る。都知事選の時に
「都知事に議会を解散する権利はない」
などと言って散々に攻撃したレンホー(バカ女)ですら、その時の経緯を忘れて、小池都知事を応援するなどと表明している。繰り返すが小池や都議会公明党が民進党や共産党に歩み寄れる余地はない。

フジテレビ『グッディ!』に出演した田崎史郎氏が、
「それにしても小池さんはやり過ぎですよ」
「選挙の恨みは1000年ものですからねぇ」

そう言えば、小池は都知事選以来「小池劇場」の主役として振る舞ってきた。都議会各会派のさまざまな既得権を奪い取り、自分の権力基盤でもって支配下に置いた。

今やアンシャン・レジームの主役は小池本人だ。都知事という強大な権利をもてあそんでいるかのように見える。

それを批判すべきマスコミが一様に小池支持者だから呆れる。安倍総理に対しては
「マスコミには権力者の暴走をチェックする責務がある」
などといってボロクソに攻撃するのだが、そういうレトリックで言うのであれば、小池に対してはマスコミは批判をする責務を放棄していると言っていいんだな?



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

★人気ブログランキング★
プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR