南京大虐殺のウソ

28年12月16日配信の産経ニュースの記事を引用する。


<「南京大虐殺記念館」名誉館長が来日 講演で「世界記憶遺産登録を勧めたのはフィリピンの閣僚」と主張>

 「南京大虐殺記念館」名誉館長の朱成山氏が来日し、15日夜、東京都千代田区の在日本韓国YMCA国際ホールで講演した。犠牲者数や存否をめぐって議論がある「南京事件」について、朱氏は「30万人という被害者の数は歴史的事実。国際法廷で出た結論だ」と述べ、「30万人以上になるのは確実だ」と主張した。国連教育科学文化機関(ユネスコ)記憶遺産に中国の「南京大虐殺文書」が登録された問題では、「われわれのアイデアではない。勧めてくれたのはフィリピンの閣僚だ」と経緯を明かした。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

 講演は、12月南京証言集会実行委員会の招きで、2日に来日。西日本から順次、十数カ所を講演した。

 朱氏は2011年まで20年近く、中国・南京にある「南京大虐殺記念館」の館長だった。産経新聞が同記念館に展示していた3点の写真の信用性が乏しいと指摘し、写真3点を取りやめたと報じた際も「写真は1枚も変更していない。産経新聞は意図的に事実を歪曲した」と「厳重な抗議」を表明した人物だ。

 朱氏は「中国が建国される(1949年)より前に国際法廷で認定された数字だ」とし、南京の戦犯法廷で、川や川周辺の虐殺が28件19万人、それ以外に858件15万人が認定されていることから34万人になると持論を展開。ただし、これらの統計に「重複はあると思う」とも述べた。

 「南京事件」については、1937年、当時の中華民国の首都・南京を占領した日本軍が約6週間から2カ月間にわたって多数の敗残兵や住民らを殺害したとされているが、いまだに犠牲者数や存否をめぐって議論がある。中国側が「30万人以上」と主張する犠牲者数については日本国内では支持する有識者はほとんどいないものの、中国側の取り組みで国際的には「30万人説」が一人歩きしている側面がある。
(以下略)



引用ここまで。


中共は南京大虐殺の客観的な証拠があるというのなら、それを見せりゃぁいいだろうに。たとえば、その30万ものご遺骨はどこに埋まってるんだよ。

また、南京大虐殺に用いられている写真にも信頼性に欠けている・・・というのは産経新聞だけの指摘ではない。多くのジャーナリストや歴史学者の指摘するところだ。

また、南京大虐殺を最初にねつ造したのは当時の朝日新聞記者本田勝一の手になる『中国の旅』という著書だ。その本田勝一すら2年前の週刊新潮の記事でこう白状している。
「『中国の日本軍』の写真説明はすべて中国側の調査・証言に基づくものです」
「『中国の日本軍』の写真が、『アサヒグラフ』に別のキャプションで掲載されているとの指摘は、俺の記憶では初めてです。確かに「誤用」のようです。」
と他人事のようにコメントしている。適切な場で(たとえば朝日新聞紙上にて)訂正、謝罪するという気はさらさら無いかのようだだ。

コレでわかるとおり、本田は裏付け調査なるものを一切怠ったのだ。ここまで来れば「ねつ造」と言われることは免れない。

本田勝一の『中国の旅』という著書以降、中共よりも日本の左翼勢力が中心になってこれを拡散させ、既成事実化していった。オレが小学生の頃にはすでにこの南京大虐殺事件は教科書にも記述があったくらいだった。

朝日新聞は南京大虐殺に始まって、靖国参拝問題、さらには従軍慰安婦問題をリードしてきた。だからこそバカパヨクどもが朝日新聞を「クオリティペーパー」だとふざけたことを言っているのだろう。

かつて、パヨク勢力はこれらの問題を以て、
「日本は中共、韓国に対し謝罪すべきだ」
「歴史を直視しろ」
などと言っていたが・・・

むしろ歴史を直視すべきはパヨク勢力の方だ。



<↓よろしければクリック((○┓ペコリ>

社会・政治問題ランキングへ

※悪質なコメントについては削除します。


<↓自らの病気やお出かけ、にゃんこ動画、音楽等についてはこちら
(レインボーマンをクリック)。愚痴や下ネタ多いので苦手な方はスルー(*´▽`)ノノ>
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR