FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋篠宮よ、調子に乗るな

 30年11月30日配信の日経の記事を引用する。


 秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し、天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、政府は公費を支出するべきではないとの考えを示した。この考えを宮内庁長官らに伝えたが「聞く耳を持たなかった」といい、「非常に残念なことだった」と述べた。

  記者会見は誕生日当日の30日に報道されることを前提に、22日に行われた。政府が決定した方針に、皇族が公の場で疑義を呈することは異例。秋篠宮さまは来年5月の代替わり後、皇位継承順位第1位で皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となる。

 大嘗祭は、新天皇が新穀を神々に供えて世の安寧や五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る儀式。1990(平成2)年に行われた前回の大嘗祭では、国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」約22億5千万円が使われ、「政教分離に反する」という批判は当時から根強くあった。政府は今回も、儀式に宗教的性格があると認めつつ、「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めた。前回を踏襲して同規模の儀式を想定しているが、人件費や資材の高騰で費用が増す可能性もある。

 これに対し、秋篠宮さまは天皇家の「私費」にあたる「内廷会計」で賄うべきだと述べた。遺産や国から支出されている内廷費などだが、使途は天皇家の裁量で、通常の宮中祭祀(さいし)にも使われている。

 秋篠宮さまは「身の丈にあった儀式」にすることが本来の姿、とも述べた。前回の代替わりでも同様の意見を述べていたといい、今回も宮内庁の山本信一郎長官らに「かなり言った」というが、考えてもらえなかったという。

 山本長官は直後の会見で「聞く耳を持たなかったと言われるとつらいが、そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」と話した。一方、天皇陛下からは即位関係の諸儀式などは皇太子さまとよく相談して進めるよう伝えられているといい、「ご理解を頂いて進めている」としている。



 引用ここまで。


 秋篠宮は「大嘗祭(だいじょうさい)」について、『宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか』」などと発言したらしい。そして、「天皇家の『私費』にあたる『内廷会計』で賄うべきだ」ととんでもない発言をした。

 何を言っているのだろう。天皇家の人々に個人的な報酬が入ってくるわけがない。したがって、『内廷会計』だって天皇家の人々がその活動の対価として受け取るものではない。どちらの名目で出費しようとしても、結局は国民が納めた税金が投入されることに違いは無い。

 むしろ秋篠宮のこのような発言こそが、政治的な目的を帯びているのではないのか。

 たとえば、天皇皇后両陛下が「そんなことに金をかける必要は無い」と判断して、あえて軽自動車に乗っているとしたら、天皇家の尊厳はどうなってしまうのか。

 大嘗祭だって同じコトだ。天皇は国民統合の象徴である。その陛下が大嘗祭という一世一代の行事について、金をケチったとしたら、天皇一家の尊厳は台無しだ。

 政府は「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めたらしいが、妥当な判断だろう。

 第一、天皇一家が宗教的色彩を帯びる大嘗祭についてなんで見直さないといけないのか。天皇家は2600年以上の歴史がある。それを台無しにするようなコトをするわけにはいかない。そもそも、今上天皇も自身が宗教的な立場にあると言うことを強く意識しているはずだ。だから、ひとつひとつの神事についてなんの文句も言わずに、我々国民のために勤めてくださっているのだ。

 秋篠宮よ、あえて言わしてもらうが天皇陛下や新天皇の尊厳を損なうような言動はやめたらどうか。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメント

Secret

プロフィール

小鉄@さすらいのおちんつも♡

Author:小鉄@さすらいのおちんつも♡
このブログは私が政治や社会問題、マスコミの問題その他について個人的に「おかしい!」と感じたことについて毒舌を吐きまくってスッキリするためのものです。苦手な方はスルーして下さい。
クレームは受け付けません。
反論についてはコメント欄にてお願いします。気が向いたら再反論させていただきます。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。